Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

その他の記事一覧

墓友とは?墓友のメリットと注意点は?

墓友とは?墓友のメリットと注意点は?
墓友とは、親しい友人や知人と共同でお金を出し合って一つのお墓を購入して、そこに一緒に入る関係のことです。 自分で一緒に入る人を見つける人もいますが、サークルなどで相手を見つけるケースもあります。これは、生きている間に永代供養の契約を交わしておいて、親交を深めておくのが目的です。共に…

【お墓のリフォーム】お墓・墓石の花立はいつ交換すべき?

【お墓のリフォーム】お墓・墓石の花立はいつ交換すべき?
お墓まいりの際、必ずと言っていいほど手向けるお花。なぜ花をお供えするのかご存知でしょうか。 花を手向けることの始まりになったと言われる逸話に、お釈迦様にまつわる言い伝えがあります。お釈迦様が仏様になる前世、修行中に燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様にお会いすることができたそうです。

【お墓のリフォーム】墓石の耐震工事・耐震加工

【お墓のリフォーム】墓石の耐震工事・耐震加工
お墓は滅多に手を入れるものではありませんが、それだけにリフォームをするときには長くその姿を保ち続けられるような状態にしておきたいものです。特に、近年では国内で大規模な地震が頻発しており、ほぼ全域において震度5以上の地震が起こりうると判断されている現状ですので、耐震工事の必要性が高まっています。

預骨とは?お墓がすぐに見つからない時には検討を。

預骨とは?お墓がすぐに見つからない時には検討を。
預骨とは、葬式が終わった後に、散骨や納骨を待っているお骨を一時的に預けて保管しておくことを指します。法的に認められたお墓などに入れるのとは異なり、法的に認められているものではありません。お骨の一時預かり所と言えるでしょう。 納得のいくお墓を造るためにもう少し時間が欲しい場合や、故人の意…

「寺院墓地に入るときに檀家になるよう勧められた!?」檀家の義務や費用は?

「寺院墓地に入るときに檀家になるよう勧められた!?」檀家の義務や費用は?
檀家とは、特定の寺院の檀信徒として所属している家のことを指します。 「檀家」という言葉の起源はサンスクリット語の「ダーナ」とされています。一方、日本における檀家制度の淵源は江戸時代にあり、当時は所属する住民を把握する戸籍のように利用されていましたが、現在では寺院運営をサポートする代わりに一定…

読み込み中

お墓・供養に戻る
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.