エンディングノートの記事一覧

使わないともったいない!「エンディングノート」活用法

使わないともったいない!「エンディングノート」活用法
死というものは昔は考えることも縁起が悪いと忌避されていたものですが、最近は高齢化が進んできて、ある程度の年齢になれば隣りあわせといったこともあり、自然と考えてしまう機会が多くなっています。また家族がいれば自分の死後のことを任せることができますが、一人暮らしも増えていて、その場合はなるべく迷惑をかけ…

有名人も使っている!?「エンディングノート」の活用事例

有名人も使っている!?「エンディングノート」の活用事例
エンディングノートという言葉を一度は聞いた事がある方も多いと思います。 その名の通り、人生のラストを迎えるにあたり、整理しておきたい事や伝えたい事などを自由に書き記すことによって、自分の人生を振り返るキッカケになります。また残された家族がそれを見て、本人しか知らない知人の連絡先や本人の希望す…

いま注目の「エンディングノート」で相続対策

いま注目の「エンディングノート」で相続対策
エンディングノートの役割とは遺された家族が困らないように覚書が出来る事が挙げられます。 通帳や保険の証書などがどこにあるのか・日常の備忘録として「こんな事があった」「誰に何を幾ら貸した・借りた」・知り合いの連絡先などを明記出来ます。又遺した家族への愛情表現も出来るので、生きている時には照れ臭く…

【終活はじめの一歩】エンディングノートの活用法

【終活はじめの一歩】エンディングノートの活用法
最近話題の終活をご存じでしょうか。終活とは自分の人生の終わりを自分でよりよいものにするために生前より準備しておくことです。 長生きされる方が多くなった時代、終わりも自分らしくと考える方がとても増えたようです。 この終活をする上で欠かせないのがエンディングノートです。エンディングノートとは、…

「遺言」と「エンディングノート」のメリット・デメリット

「遺言」と「エンディングノート」のメリット・デメリット
遺言とは自分に万が一のことがあったときに誰に財産を相続させるかなどの死後の意思表示を記したもので、法的根拠があり死後に効力を発揮します。また書式が決まっており、方式に従っていないと法的に無効となる場合があります。但し書式に沿った書き方をしてあれば遺言の形式に必要のない項目も法的に効力を発揮しないだ…

読み込み中

その他終活に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.