葬儀の種類 直葬・火葬式の記事一覧

都心部では火葬も順番待ち!?火葬までに10日以上待つことも

都心部では火葬も順番待ち!?火葬までに10日以上待つことも
近年「葬儀難民」と呼ばれる問題が浮上しています。家族が亡くなってからすぐに葬儀を行えないケースが増加しているのです。関東エリアでは葬儀の予約を取るまでに3日以上かかる場合や、都心部に至っては10日以上待たされる場合もあるのが現状です。火葬場の混雑が大きな原因で、近年では友引も営業日となって…

【PR】【お花屋さんだからできる葬儀】日比谷花壇のお葬式の特長とは?

【PR】【お花屋さんだからできる葬儀】日比谷花壇のお葬式の特長とは?
人生最期の儀式だからこそ自分の想いが伝わるお葬式で見送って欲しいと考える方は少なくないでしょう。 でも葬儀社のパンフレット等を取り寄せてみても、何だか似たり寄ったりで自分らしさを見つけたいと感じたら日比谷花壇を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。 日比谷花壇は花屋の印象が強く…

火葬場での火葬の流れ/火葬場でのマナー

火葬場での火葬の流れ/火葬場でのマナー
お通夜や告別式の流れは何となく知っていても、火葬場での流れをご存知の方はあまり多くありません。近年では火葬式と呼ばれる、炉前室や告別室のでお別れや花入れを執り行う人が増えています。 一般的な仏教では、ご遺体が炉に入る前にお焼香をします。お寺の方がお経を唱える間喪主や親族からお焼香を開始し、お焼…

小さな葬儀「直葬」のメリットとデメリット

小さな葬儀「直葬」のメリットとデメリット
直葬とは通夜や告別式と言った葬儀を行わず、亡くなった方を火葬する儀礼です。直葬であれば葬儀にかかる時間を短縮できるだけでなく、その規模を最小化させる事ができます。世間的に名のある方の通夜を行う場合多くの人達が集まりますから大規模な式場を借りる必要がありますが、直葬は通夜を行いませんのでそう言った必…

【新しい葬儀】増加している「直葬」とは

【新しい葬儀】増加している「直葬」とは
直葬とは通夜や葬式などの宗教的な儀礼を行わず、安置所(病院や自宅など)から火葬場へ直行するお別れの方法です。 家族葬と直葬を誤解される方もいますが、家族葬は身内だけでお別れする方法ですが宗教的な儀式を省くとは限りませんし、自宅葬では安置する場所が自宅と言うだけで祭壇等は設置し会葬者を迎えます。

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.