葬儀の流れ・手続きの記事一覧

【年末年始の葬儀はどうすれば?】葬式の日程や内容の注意点

【年末年始の葬儀はどうすれば?】葬式の日程や内容の注意点
人が亡くなる事は誰にも予想できませんし、時期を選ぶ事は不可能です。もちろん年末年始でも「その時」がくる可能性はあります。 年末年始でも葬儀社は営業している事が多く、営業まで行かなくても誰かしら連絡係がいますので、まずは葬儀社に連絡する事が大事です。 注意すべき点は葬儀社と連絡が…

【喪主になっても慌てない】葬儀のタイムスケジュールは?

【喪主になっても慌てない】葬儀のタイムスケジュールは?
現在では葬儀と告別式を同時に行うことが多く、基本的に通夜の翌日、主に午前中に行われています。火葬場が午前10時~15時になっているところが多く、さらに精進落としもありますので、午前中に始めて夕方前に解散するというタイムスケジュールですが、斎場や火葬場の予約状況次第で多少前後します。 一般的…

喪主は誰がなるべき?喪主の決め方と喪主の役割は?

喪主は誰がなるべき?喪主の決め方と喪主の役割は?
葬儀を執り行うときには、代表としてその葬儀に関する判断や進行を行う喪主を決めなければなりません。葬儀のとりまとめだけでなく、弔問客や僧侶への配慮なども要求されますので、早めに喪主を決めておかなければスムーズに物事が進まなくなります。 喪主になる人は、故人の遺志を最優先します。遺言で…

意外に多い!?葬儀の喪主の挨拶が必要な場面。それぞれの場面での喪主の挨拶例文

意外に多い!?葬儀の喪主の挨拶が必要な場面。それぞれの場面での喪主の挨拶例文
一般的に葬儀というと、お通夜、葬式、告別式を連想するのではないでしょうか。しかし、喪主として行う場合には、大切な人が亡くなった時から段取りが始まります。そこで、大まかに葬儀の流れを再確認しておきます。 自宅などに搬送された遺体は、お通夜を迎えるまで花飾りを施した祭壇と共に安置されます。…

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~
一般的に、日本の葬儀には喪主という人が存在します。喪主とは、いわば葬儀の主催者兼遺族の代表です。どこのお寺で、どの葬儀社に頼むか、親戚への連絡、葬儀の後の処理など葬儀に関わるすべての打ち合わせ事項の中心となる人物です。基本的には故人の配偶者や子どもが務める場合が多いですが、特に家族でな…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.