Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

葬儀の流れ・手続きの記事一覧

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~
一般的に、日本の葬儀には喪主という人が存在します。喪主とは、いわば葬儀の主催者兼遺族の代表です。どこのお寺で、どの葬儀社に頼むか、親戚への連絡、葬儀の後の処理など葬儀に関わるすべての打ち合わせ事項の中心となる人物です。基本的には故人の配偶者や子どもが務める場合が多いですが、特に家族でな…

【火葬のマナー】棺に入れて一緒に火葬していいものといけないものの区別は?

【火葬のマナー】棺に入れて一緒に火葬していいものといけないものの区別は?
火葬の際に、故人が寂しくないようにと、思い出の品や故人が好きだった食べ物などを棺に入れようと思う方々がいらっしゃるかもしれませんが、実は棺に入れてもいいものと入れてはいけないものがあります。 副葬品として禁止されているものは、主にガラス・金属・陶器など不燃物です。これらは、火葬後に燃え…

葬儀の日程はどのように決めればよい?なぜ友引は避けるのか?

葬儀の日程はどのように決めればよい?なぜ友引は避けるのか?
友引という言葉を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。そもそも友引は古代中国の戦の占いに使用された考え方です。時刻の吉凶を定めたものが、日の吉兆へと変わったものです。6日ごとに先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口(六曜)の順序で循環していきます。 現代では友引は「友を引く」ということか…

意外に知らない!?【もしもの時、遺体の安置はどうすれば?】

意外に知らない!?【もしもの時、遺体の安置はどうすれば?】
人が亡くなるとまず末期の水を行い鼻や口に綿花を詰め、体をアルコールなどで拭きます。その後着替えや死化粧といった一通りの処置を終えたら、亡くなった病室から霊安室へと移動されます。病院ではそのまま遺体の安置はできないため、速やかに搬送しなければなりません。 搬送先は自宅というのが一般的ですが、様々…

一般的な葬儀の流れ【5】火葬・精進落とし

一般的な葬儀の流れ【5】火葬・精進落とし
告別式が終了すると、火葬場へと故人が運ばれます。告別式を行った場所(斎場)から火葬場へ送り出すことを出棺と呼びます。 棺を閉める前に、いくつかの儀式があります。まずは「花入れの儀」です。参列者が棺のなかに「別れ花」を入れます。このとき、花を入れる順番は故人との関係が近い人から入れていくのが通例…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.