葬儀のマナー 服装・髪型の記事一覧

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー
故人の親族として葬儀に参列するときは、正式な喪服を通夜・葬儀を通して身に付けることになります。早い話がブラックフォーマルです。 男性は、略礼装のブラックスーツを身に付けることがほとんどです。上下揃いのブラックスーツでシャツは無地の白でネクタイはもちろん無地の黒、靴下も黒無地で、靴は…

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?
一般的に結婚や出産といったお祝いの行事は事前に知らされていることが多いですが、葬儀などの不幸は突然やってきます。 日常で親交のある身内などのケースを除いて、ほとんどの場合は亡くなってから連絡を受けるケースが一般的といえます。そのため事前に知っているお祝いの行事と違い、事前の準備をしてお…

【葬儀の服装マナー】冬の葬儀に参列する際の、服装マナー

【葬儀の服装マナー】冬の葬儀に参列する際の、服装マナー
基本的な喪服は春夏秋の3シーズン着られるタイプですが、真冬の雪が降るような時期では生地が薄く困った経験ありませんか? 気温が10℃を下回る寒い時期は喪服の下に保温性の高い下着や薄手の黒いタートルネックセーターを着用します。また下に着用できる服がない場合は喪服にこだわらずに冬用のブラックスーツやブラック…

【お別れの会の服装マナー】葬儀・告別式ではない、お別れの会には何を着ていくべきか?

【お別れの会の服装マナー】葬儀・告別式ではない、お別れの会には何を着ていくべきか?
葬儀の後に開かれることの多い「お別れの会」とは、故人と親しかった人やお世話になった人をお招きして偲ぶ会のことを言います。 昨今は葬儀・告別式などは、身内だけで密やかに行うことも多くなりました。故人の意向や遺族が静かに式を行いたい、仰々しくしたくない、という希望を持つ人が多い傾向にある…

【葬儀の服装マナー】お通夜やお葬式でのネクタイの色はどうすれば?

【葬儀の服装マナー】お通夜やお葬式でのネクタイの色はどうすれば?
お通夜や葬儀は突然やってくるもの。そのようなときに大切なのが、お通夜や葬儀の場に合った服装で参列するということです。 しかし、いざお通夜・葬儀となったとき、どのような服装をしていけば良いのかわからない、ということもあります。特にネクタイの色は目立つので、注意すべき点です。そのような方のために…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.