Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

葬儀のマナー 立ち振る舞いの記事一覧

【葬儀のマナー】弔辞をお願いされたときはどうすれば?

【葬儀のマナー】弔辞をお願いされたときはどうすれば?
弔辞とは、葬儀の時に読み上げる文章で、内容は故人を偲んで別れを惜しむ言葉です。 弔辞は主に故人に向けて送るメッセージという形をとっていますが、大切な人との別れで傷心の遺族を慰める言葉でもありますので、遺族からのお願いがあれば下手に謙遜せずに謹んで引き受けるのがマナーです。もちろん、やむ…

【友人・知人の訃報を受けたとき】確認することや立ち居振る舞いマナーは?

【友人・知人の訃報を受けたとき】確認することや立ち居振る舞いマナーは?
友人・知人の訃報を受けたときは、誰でもショックを受けます。故人が親友と呼ぶべき親しい人だった場合はもちろん、そうでない場合でも、自分の良く知っていた人と突然会えなくなるのだから、その寂しさはひとしおです。 とはいえ、親しかった人の突然の訃報に対してどう振る舞うべきか、通夜や葬儀に出席す…

【身内や親族、近親者の訃報を受けた場合】確認することや立ち居振る舞いのマナーは?

【身内や親族、近親者の訃報を受けた場合】確認することや立ち居振る舞いのマナーは?
生きている限り、いつか人間には死が訪れます。身内や近親者の突然の訃報を受けたときには、最期のお別れを正しいマナーでお伝えしましょう。 遺族から訃報を受けた時には、まず丁寧にお悔やみの言葉を述べて下さい。「この度は誠にご愁傷様でした」「心からお悔やみ申し上げます」「心よりご冥福をお祈…

どうしても葬儀に参列できない!【弔問、参列できない場合に行うべき行動は?】

どうしても葬儀に参列できない!【弔問、参列できない場合に行うべき行動は?】
突然の葬儀にどうしても参列できないと分かった場合にはまず、葬儀に参列できない旨を知らせることが先決となります。 しかし先方も葬儀の準備などで慌ただしくしていることが多く、電話にすぐに出られる状態ではないことを考慮して電話をするべきです。何度も電話をしてみたり、長電話などになることのない…

故人への思いも詰まった、印象深いお笑い芸人の弔辞

故人への思いも詰まった、印象深いお笑い芸人の弔辞
お笑い芸人である本人やその身内やが亡くなった時、弔辞で笑いを取ろうとするようなセリフや言い回しがニュースになることがあります。このような弔辞を不謹慎だとする風潮も多く聞かれるものです。 実際あったのが、爆笑問題の太田光さんが実母の葬儀で述べた弔辞。最初の一言目からいきなり笑いを取ろ…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.