葬儀のマナー 立ち振る舞いの記事一覧

【葬儀の供花のマナー】供花の札名の書き方

【葬儀の供花のマナー】供花の札名の書き方
供花に添える札名は、参列者などに見られます。その際にマナー違反なものになっていた場合、自分や会社の恥になってしまいます。そうならないためにもしっかりとマナーを守ることが大切です。 会社の社員の皆で、または部署でおくる場合は、「○○株式会社○○営業部一同」というように最後に「一同」とつけ…

【葬儀のマナー】妊婦の葬儀参列は?

【葬儀のマナー】妊婦の葬儀参列は?
妊婦は葬儀に参列しない方が良いといわれることがありますが、マナーの観点から見ると、このような決まりはありません。ただし、妊娠中はつわりで体調を崩したり、出産間近でいつ生まれるかわからないなどのリスクが伴いますので、普段ほど厳格に参列しなければならないという事でもありません。まずは、妊婦さん…

喪主は誰がなるべき?喪主の決め方と喪主の役割は?

喪主は誰がなるべき?喪主の決め方と喪主の役割は?
葬儀を執り行うときには、代表としてその葬儀に関する判断や進行を行う喪主を決めなければなりません。葬儀のとりまとめだけでなく、弔問客や僧侶への配慮なども要求されますので、早めに喪主を決めておかなければスムーズに物事が進まなくなります。 喪主になる人は、故人の遺志を最優先します。遺言で…

意外に多い!?葬儀の喪主の挨拶が必要な場面。それぞれの場面での喪主の挨拶例文

意外に多い!?葬儀の喪主の挨拶が必要な場面。それぞれの場面での喪主の挨拶例文
一般的に葬儀というと、お通夜、葬式、告別式を連想するのではないでしょうか。しかし、喪主として行う場合には、大切な人が亡くなった時から段取りが始まります。そこで、大まかに葬儀の流れを再確認しておきます。 自宅などに搬送された遺体は、お通夜を迎えるまで花飾りを施した祭壇と共に安置されます。…

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー
故人の親族として葬儀に参列するときは、正式な喪服を通夜・葬儀を通して身に付けることになります。早い話がブラックフォーマルです。 男性は、略礼装のブラックスーツを身に付けることがほとんどです。上下揃いのブラックスーツでシャツは無地の白でネクタイはもちろん無地の黒、靴下も黒無地で、靴は…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.