葬儀のマナー その他の記事一覧

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?
一般的に結婚や出産といったお祝いの行事は事前に知らされていることが多いですが、葬儀などの不幸は突然やってきます。 日常で親交のある身内などのケースを除いて、ほとんどの場合は亡くなってから連絡を受けるケースが一般的といえます。そのため事前に知っているお祝いの行事と違い、事前の準備をしてお…

【葬儀のマナー】近親者の葬儀があるときに、会社への連絡・勤務先への報告はどうすれば?

【葬儀のマナー】近親者の葬儀があるときに、会社への連絡・勤務先への報告はどうすれば?
近親者が亡くなった場合、葬式の喪主を務めたり葬儀を行う準備、通夜や葬儀の出席のため忌引き休暇を取ることができます。これは会社の福利厚生による休暇です。そのため近親者でもその親族が何親等までを指すのか、また休暇の日数も会社によって違いがあります。 一般的には配偶者が一番長く設定されて…

葬儀に乳児は連れていくべき?連れていかないべき?

葬儀に乳児は連れていくべき?連れていかないべき?
お葬式に赤ちゃんは連れていかない方が良いのでしょうか。連れていけば泣いて迷惑をかけてしまう、かといって欠席するのは失礼ではないかと迷ってしまいます。お葬式に赤ちゃんを連れて行かないか否かは、その式の種類と立場によります。仕事関係など、公的なつきあいの関係で出席しなければならない葬式には…

喪中見舞いのマナーと書き方は?

喪中見舞いのマナーと書き方は?
喪中見舞いとは、喪中はがきの返信の際に用いるもののことをいい、送る時期により、寒中見舞いともいいます。 寒中見舞いは、1月5日から2月4日の間に送るものをさします。喪中はがきは11月の終わりから12月のはじめに届くことが多いため、寒中見舞いの期間までは1カ月ほどあります。喪中見舞いは時期に関係なく送ることが…

葬儀でお花を贈るときのマナーと注意点

葬儀でお花を贈るときのマナーと注意点
葬儀で飾るお花には、代表的なものとして、枕花(まくらばな)、供花(きょうか)、花輪(はなわ)、供花スタンド(きょうかすたんど)などがあります。 枕花とは亡くなった人の枕元に飾っておくお花のことで、供花とは故人の供養のために祭壇に飾るお花のことです。花輪とは地域によって違いますが葬儀場の周辺に飾…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.