遺影等葬儀関連品の記事一覧

事前に用意する人が増えている遺影写真【遺影写真の用意の仕方や費用は?】

事前に用意する人が増えている遺影写真【遺影写真の用意の仕方や費用は?】
遺影写真は葬式会場で祭壇に飾られ、家で仏壇のそばに置かれるものです。親戚などの関係者や弔問客に見て頂くためのものなので、写りのよいものや生前故人が気に入っていた写真などから遺族が作成するのが一般的でした。 しかし最近では自分らしく死を迎える終活をする人が増えてきています。そのブーム…

葬儀で必ず検討事項にあがる「湯灌」とは?費用はどれくらい?

葬儀で必ず検討事項にあがる「湯灌」とは?費用はどれくらい?
湯灌とは故人の体を洗い清める儀式の事をいいます。従来は故人の身内のものがたらいにお湯を張り、故人の体を拭き清める事を指していました。戦前まではどの家庭でも普通に行われていましたが、近年は住宅環境などの変化に伴い葬儀スタッフや専門の業者が行う事が増えてきました。また病院で亡くなる人が多くなった事で、…

火葬場での火葬の流れ/火葬場でのマナー

火葬場での火葬の流れ/火葬場でのマナー
お通夜や告別式の流れは何となく知っていても、火葬場での流れをご存知の方はあまり多くありません。近年では火葬式と呼ばれる、炉前室や告別室のでお別れや花入れを執り行う人が増えています。 一般的な仏教では、ご遺体が炉に入る前にお焼香をします。お寺の方がお経を唱える間喪主や親族からお焼香を開始し、お焼…

意外に知らない!?数珠のマナーとは?

意外に知らない!?数珠のマナーとは?
数珠は一般的に煩悩と同じ数の108の珠をつないだもので、人間のあらゆる煩悩を引き受けてくれるといわれています。もともとは念仏の回数を覚えておくための道具として使われていたことから念珠と呼ばれることもある仏具です。 インドのバラモン教から後に仏教やイスラム教、キリスト教のロザリオに変化したとまで諸…

【葬儀の棺/棺桶】について最近のトレンド事情

【葬儀の棺/棺桶】について最近のトレンド事情
棺とは、遺体を納めて葬るための箱の事です。棺の素材は日本では古くから木製の木棺が主流です。ただし弥生時代や古墳時代には、石棺も存在したようです。 棺の形態は、古代では割竹型、舟型、長持型などがありますが、昔話や時代劇などで連想する棺桶(座棺)というスタイルは鎌倉時代からとされています。棺桶は…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.