葬儀後(遺品整理など)の記事一覧

寒中見舞いはいつ出すのが正解!?【寒中見舞いを出す時期や例文】

寒中見舞いはいつ出すのが正解!?【寒中見舞いを出す時期や例文】
自分が喪中である場合には、毎年年賀状をいただいている人に先に喪中ハガキを出して知らせておく必要があります。しかし、先に年賀状をポストに投函してしまった人や喪中であることを知らなかった人になれば、昨年と同じように年賀状が届いてしまうこともあります。いただいた年賀状の返事として自分も年賀状を書…

デジタル遺品とは?どう整理すればよい?

デジタル遺品とは?どう整理すればよい?
故人が亡くなった後、遺産や遺品の対応に追われた経験を持つ方は、決して珍しくありません。不慮の事故や病気によって、突如として亡くなってしまうこともあれば、高齢故に作業が進まず、何も手つかずの状態で亡くなってしまう方もいるからです。 そんな長年に渡って多くの人を悩ませてきた遺品や遺産問題に…

知っていますか? 忌中と喪中の違いとは?

知っていますか? 忌中と喪中の違いとは?
日本では肉親や親戚など近親者が亡くなると、一定の期間、喪に服すこととなります。この期間は、身を慎むことになりますが、大きく二つの期間に分類されます。 一つ目は、忌中(きちゅう)です。忌中とは、外出を控え、殺生をしてはいけない期間となります。これは古くからの、日本の死に関する考え…

喪中はがきはいつ出せば?【喪中はがきの基本マナー】

喪中はがきはいつ出せば?【喪中はがきの基本マナー】
喪中はがきとは、1年以内に身近な人間が亡くなった時に出すものです。毎年年賀状を送って下さる方を中心に、喪に服しているので年賀状は出せませんとお知らせするために使われます。自分にとって大切な人を失ってしまい、哀しみのためにお祝いする気持ちになれません、という気持ちやお詫びの気持ちを伝えるためという意味…

いざというとき慌てないために【大切な人が亡くなった後の必要な届出や手続き】

いざというとき慌てないために【大切な人が亡くなった後の必要な届出や手続き】
死は必ず訪れるもの。しかし、いざその場面に遭遇すると頭が真っ白になってしまいますよね。それがご家族だったらなおさら辛いものです。 しかし悲しみに打ちひしがれている場合ではありません。ご家族が亡くなった場合には、様々なことをしなければいけません。それは遺言状の確認であったり、関係各所への連絡だっ…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.