Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

葬儀後(遺品整理など)の記事一覧

お墓がある場合の、納骨の手順とは?

お墓がある場合の、納骨の手順とは?
納骨には期日や特定の日取りなどの決まりはありませんが、お墓を持っているなら仏教の納骨法要は四十九日法要の日に行われるのが一般的です。また仏教のように神道やキリスト教では納骨を行う日取りの基本的な取り決めは存在しませんが、仏教と同様に多くが区切りの時期に行われています。神道の納骨では五十日祭(没後五…

葬儀後に確認を!【高額療養費の請求】

葬儀後に確認を!【高額療養費の請求】
高額療養費制度とはひと月に掛かる外来や入院などを含めた医療費が高額になる場合に該当します。年齢や所得などの区分がありますが、医療費の自己負担額が一定の金額を超える部分の医療費を払い戻して貰える制度です。通常、健康保険証を病院へ提示した場合、自己負担額は3割負担となりますが、高額の医療費になるケースも…

知っておきたい!法事のお供え物のマナー

知っておきたい!法事のお供え物のマナー
法事の際にお供え物の代わりに現金を包む場合、表書きには「御仏前」「御供物料」「御花料」「御堤灯料」と書きます。この中でも一般的に用いられているのは、「御仏前」もしくは「御供物料」です。宗派によって異なる場合もありますが、どの宗派でも共通して用いる事が出来るのは「御供物料」ですので、迷った場合には「…

【葬儀後の注意点】「準確定申告」とは?

【葬儀後の注意点】「準確定申告」とは?
確定申告は、通常その年の1月1日から12月31日までの所得の状況を、次の年の2月16日から3月15日までの間に申告を行う事を言います。しかしその年の半ばで亡くなった人がいた場合、その故人の確定申告はどうなるのでしょうか。 そのような状況にあたる確定申告の事を、準確定申告と言います。準確定申告では1月1日から…

訃報を【葬儀の後に知った場合に】するべきことは

訃報を【葬儀の後に知った場合に】するべきことは
何らかの事情で葬儀後に訃報を知った場合、一般的な対応としてはお悔みをしにご自宅へ弔問する方法があります。まずは電話を差し上げて、葬儀に参列できなかったことをお詫びしつつ、弔問へお伺いしてもいいかを尋ねてください。 葬儀が終わってもご遺族は様々な対応に追われている上、また肉体的にも精神的…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.