葬儀の豆知識の記事一覧

都心部では火葬も順番待ち!?火葬までに10日以上待つことも

都心部では火葬も順番待ち!?火葬までに10日以上待つことも
近年「葬儀難民」と呼ばれる問題が浮上しています。家族が亡くなってからすぐに葬儀を行えないケースが増加しているのです。関東エリアでは葬儀の予約を取るまでに3日以上かかる場合や、都心部に至っては10日以上待たされる場合もあるのが現状です。火葬場の混雑が大きな原因で、近年では友引も営業日となって…

【葬儀に必要な車】寝台車と霊柩車の違いとは?

【葬儀に必要な車】寝台車と霊柩車の違いとは?
寝台車というのは霊柩車に比べるとあまり耳慣れない人も多いですが、主に病院等から遺体を運ぶときなどに用いられる車です。遺体を納めるので特定用途改造をされており、8ナンバーがついています。遺体を納められるように出し入れ可能なストレッチャーを搭載しているほか、遺族も一緒に乗ることができるようにシー…

東アジアの風習「死後結婚」【冥婚とは?】

東アジアの風習「死後結婚」【冥婚とは?】
耳に馴染まない言葉「冥婚」。別称を鬼婚、また死後結婚ともいい古くから見られる習俗のひとつです。 そもそも、古代宗教の神話に見られる冥婚譚は世界中に広く分布しており、有名なところではエジプト神話、ギリシア神話などが挙げられます。エジプトの太陽神オシリスの結婚譚や、ギリシアの冥府神ハデ…

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~
一般的に、日本の葬儀には喪主という人が存在します。喪主とは、いわば葬儀の主催者兼遺族の代表です。どこのお寺で、どの葬儀社に頼むか、親戚への連絡、葬儀の後の処理など葬儀に関わるすべての打ち合わせ事項の中心となる人物です。基本的には故人の配偶者や子どもが務める場合が多いですが、特に家族でな…

日本での国葬の内容は?誰が対象になる?

日本での国葬の内容は?誰が対象になる?
戦前と戦後とで国葬の法的意味が異なりますが、戦前では、右大臣の岩倉具視、陸軍大将の有栖川宮熾仁親王、公爵で内閣総理大臣の伊藤博文などが例であり、戦後では、内閣総理大臣の吉田茂が唯一の例です。異色の国葬としては、日韓併合下で行われた元大韓帝国皇帝の高宗と純宗の例があり、東京ではなく朝鮮の地で執り…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.