Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

葬儀の豆知識の記事一覧

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~
一般的に、日本の葬儀には喪主という人が存在します。喪主とは、いわば葬儀の主催者兼遺族の代表です。どこのお寺で、どの葬儀社に頼むか、親戚への連絡、葬儀の後の処理など葬儀に関わるすべての打ち合わせ事項の中心となる人物です。基本的には故人の配偶者や子どもが務める場合が多いですが、特に家族でな…

日本での国葬の内容は?誰が対象になる?

日本での国葬の内容は?誰が対象になる?
戦前と戦後とで国葬の法的意味が異なりますが、戦前では、右大臣の岩倉具視、陸軍大将の有栖川宮熾仁親王、公爵で内閣総理大臣の伊藤博文などが例であり、戦後では、内閣総理大臣の吉田茂が唯一の例です。異色の国葬としては、日韓併合下で行われた元大韓帝国皇帝の高宗と純宗の例があり、東京ではなく朝鮮の地で執り…

【葬儀の棺の最新事情】入棺体験も人気!

【葬儀の棺の最新事情】入棺体験も人気!
高齢社会を迎えている日本、人生の最期をどのように締め括るのか、生きているうちから考えていこうと終活が盛んとなっています。終活のひとつとして人気があるのが入棺体験です。入棺体験とは、死後おさめられる棺に入りスタッフに覗き窓を閉めてもらう、身動きがとれないまま3分間過ごすというものです。高齢…

反対運動も多い葬儀場建設【葬儀場はどこに建設してもいいの?】

反対運動も多い葬儀場建設【葬儀場はどこに建設してもいいの?】
近年、家族葬をはじめ葬儀形式が多様化、小規模化する中、それに対応した式場建設が相次いでいます。葬儀場が増えるに従い、市街地や住宅地に式場が設けられるケースも増えてきました。 近所に葬儀場が建つことに対して、嫌悪感を抱く住民もいます。同じ感情を持つ住民が多数いた場合、大規模な反対運動へとつなが…

葬儀の日程はどのように決めればよい?なぜ友引は避けるのか?

葬儀の日程はどのように決めればよい?なぜ友引は避けるのか?
友引という言葉を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。そもそも友引は古代中国の戦の占いに使用された考え方です。時刻の吉凶を定めたものが、日の吉兆へと変わったものです。6日ごとに先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口(六曜)の順序で循環していきます。 現代では友引は「友を引く」ということか…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.