その他の記事一覧

反対運動も多い葬儀場建設【葬儀場はどこに建設してもいいの?】

反対運動も多い葬儀場建設【葬儀場はどこに建設してもいいの?】
近年、家族葬をはじめ葬儀形式が多様化、小規模化する中、それに対応した式場建設が相次いでいます。葬儀場が増えるに従い、市街地や住宅地に式場が設けられるケースも増えてきました。 近所に葬儀場が建つことに対して、嫌悪感を抱く住民もいます。同じ感情を持つ住民が多数いた場合、大規模な反対運動へとつなが…

知っておきたい「法事の案内状」

知っておきたい「法事の案内状」
法事は地域でも細かい風習などもありますが、一般的には1周忌、3回忌、など奇数の節目に当たる時期に行います。49日の法要などもありますが、葬儀の際に合わせて行う地域も増えており、個別に行うことは少なくなっています。その為、最初の法事は1周忌に行う場合が多いようです。 ところで、法事の日程が決まったら案…

社会貢献にもなる【献体とは?】献体すると葬儀費用がかからない?

社会貢献にもなる【献体とは?】献体すると葬儀費用がかからない?
医師や歯科医師になるためには人体の構造を知る必要があり、そのために授業の中に解剖学実習が含まれています。 解剖学実習のためには実際の遺体が必要になります。最近では学部に限らず、将来医療職に就く人にはより高度な専門知識を身につけるために解剖が必要だという意見も増えています。 自分が亡くなった…

お盆の前に知っておきたい!施餓鬼とは?

お盆の前に知っておきたい!施餓鬼とは?
『施餓鬼(せがき)』という仏教行事については、名前を聞き及んだことがあるという人は多い反面、行われる時期やその内容について知っている人は意外に多くありません。 施餓鬼は一般的にお盆の時期に行われますが、お盆は亡くなった先祖や親族をお迎えして供養するのに対して、施餓鬼の意味合いは全く異なっていま…

意外に知らない!?位牌の選び方

意外に知らない!?位牌の選び方
位牌とは亡くなった人の戒名や俗名、没した日付などが記されている板状のものを指します。亡くなった人の魂が宿る場所と考え、一般的には死後、魂が行きつく先が決定する日とされている四十九日(七七日)までの間に制作します。 日本では中国から鎌倉時代に伝わり、江戸時代で一般庶民に広がったため位牌の文化が定…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.