Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

その他の記事一覧

葬儀の心強い味方「葬祭ディレクター」とは?

葬儀の心強い味方「葬祭ディレクター」とは?
葬儀屋として働く際に資格が必須であるという事はありませんが、厚生労働省が認定する資格は存在します。 この資格制度の事を葬祭ディレクターと言い、この資格を持っている事で葬祭業界に必要となる知識と技能レベルが一定以上ある事が認められるのです。 この資格は、葬祭業界に働く人々が知識と技能をより一…

葬儀・葬式の後飾りとは?宗教別にも違いが!?

葬儀・葬式の後飾りとは?宗教別にも違いが!?
後飾りは人が亡くなって火葬を行った後に骨を安置する壇のことで、二段から三段ほどで成り立っています。壇は白木で造られており、上から白い布がかけられています。遺骨は後でお墓に納骨をしますので、ずっと安置しておくわけではありません。四十九日などで納骨を終えた後には撤去をしてしまいますので、後飾りは一時的…

葬儀の枕飾りとは?なぜ必要なの?

葬儀の枕飾りとは?なぜ必要なの?
亡くなった方を自宅に安置した際に、遺体の枕元や傍らに置く台、ある種の祭壇の事を枕飾りと言います。 枕飾りとは、その人が亡くなってからお通夜が始まるまでのあいだに、弔問に来てくれた弔問客のための礼拝の施設というとらえ方が一般的です。しかしこれはあくまで、亡くなった方を見送る側の考え方の一つにすぎ…

意外に知らない!?死亡したら【死亡者名義の銀行口座】はどうなるの?

意外に知らない!?死亡したら【死亡者名義の銀行口座】はどうなるの?
通常、銀行口座の名義人が死亡すれば、その死亡者名義の銀行口座は、すべて銀行側の処置で入金、出金、解約が誰にもできなくなるように凍結されます。 それは、名義人の死亡により預金者の財産ではなく、遺産として相続人全員の財産になるため保全する目的の処置とされます。つまり、相続人が複数人いる場合、その…

【葬儀社】の種類と、それぞれのメリット/デメリット

【葬儀社】の種類と、それぞれのメリット/デメリット
超高齢化社会を迎えつつある現代は、葬儀の世界でも新規参入の企業が増えつつあります。なかには、葬儀とは全くの異業種から参入してくる企業もあります。 葬儀社を始めるにあたっては、特別な国の許可等は必要ありません。そのため、新規の葬儀社の数は年々急増しており、一方で撤退を余儀なくされる葬儀社も数多…

読み込み中

葬儀・葬式に戻る
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.