相続 法律関連の記事一覧

弁護士の悪用も大問題に!?成年後見制度の内容や手続きは?

弁護士の悪用も大問題に!?成年後見制度の内容や手続きは?
2016年に成年後見人制度を揺るがす大事件が起きました。80代女性3人の成年後見人であった弁護士が1億円以上もの預貯金を着服した事件です。罪状は「業務上横領罪」で懲役6年(求刑7年)の実刑判決が言い渡されましたが、社会の反響は大きく信頼を裏切る形になったことは言うまでもありません。 弁護士が信頼…

相続財産が減額される?特別受益とは?

相続財産が減額される?特別受益とは?
遺産相続にあたり、誰にどれだけ分けられるのかは民法によって定められています。ただ、相続する人の中ですでに被相続人より生前なんらかの特別な受益のある人がいる場合、それを抜いた残りの遺産を相続人たちで分けてしまうと特別な受益がすでにある人は得をしてしまいますよね。特別受益とはそういった不公平さを是正し…

【相続の疑問】遺言書の中身には絶対に従わなくてはならないか?

【相続の疑問】遺言書の中身には絶対に従わなくてはならないか?
故人が亡くなった後で効力を発揮する遺言書。実は、遺言書の作成方式や書き方、項目は自由に取り決めができるというわけではなく、厳粛に民法によって定められています。 そしてその方式に従って、適切に作成された遺言書の場合、相続人たちは原則としてその内容に従う必要があります。例えば、法的には相続人として…

【相続の疑問】長女の夫に相続をさせたいけど、どうすれば?

【相続の疑問】長女の夫に相続をさせたいけど、どうすれば?
長女の親が亡くなった時、長女の夫には相続する権利は発生しません。 亡くなった人を被相続人とすると、被相続人の配偶者は常に相続する権利が発生します。そのため、遺産の分配を行う際には被相続人の配偶者を基準にして考えていきます。 まず、被相続人の子供は相続の権利が発生する対象になります。しかし、…

万が一に備えて!?離婚時の年金分割の注意点は?

万が一に備えて!?離婚時の年金分割の注意点は?
離婚をした際、夫がサラリーマンなら厚生年金に加入しているため、厚生年金が支給されます。一方妻は、特に夫の扶養者、すなわち「第3号被保険者」であった場合、国民年金の老齢基礎年金しか受け取ることが出来ない場合が多く、万が一「離婚」という事態に立ち至ってしまった場合には、元夫の間で受け取ることのできる年金…

読み込み中

相続・遺言に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.