相続 税金関連の記事一覧

意外に見落としがち!?相続前3年以内の贈与の注意点

意外に見落としがち!?相続前3年以内の贈与の注意点
「2025年問題」という言葉が最近は頻繁に聞かれるようになりました。これは団塊の世代(1947年から1949年生まれ)がすべて75歳以上になり、人口の20%が75歳以上という超高齢化社会に突入する問題です。この頃には日本社会が世界でも例を見ない人口構成となります。 第一次ベビーブームで生まれた団塊の世代の子…

知っておきたい!教育資金の一括贈与とは?

知っておきたい!教育資金の一括贈与とは?
平成25年4月1日から始まった教育資金の一括贈与という制度、これは孫などの直系尊属へ学校の授業料などの名目で贈与された教育資金が非課税になるというものです。 通常の暦年贈与であれば、金額に応じて贈与税を支払う必要が生じます。教育資金の一括贈与で認められている枠いっぱいの金額を暦年贈与した場合、実に3…

相続税が現金一括納付できないときはどうすれば?

相続税が現金一括納付できないときはどうすれば?
庶民には縁の薄いものだった相続税ですが、税制の改正のおかげでぐっと身近な存在になってしまった、という人も多いでしょう。しかし相続したものが現金以外のもので、しかもさまざまな事情で処分して簡単に現金できない場合、相続税をどうやって支払ったらよいのでしょうか? 例えば自分が生まれ育ち父母が亡くな…

知っていますか?【定年退職後の確定申告は必要?】

知っていますか?【定年退職後の確定申告は必要?】
会社員の場合、在職中は会社が所得税の計算、納税などの手続きをすべて行ってくれるために、基本的に確定申告は必要ありません。しかし、退職した年は所得税がまだ精算されていないため、確定申告が必要となります。 その後は、収入がない場合は確定申告は不要となります。 年金を受給している方も、以下の二つ…

要注意!!「へそくり」は相続税の対象になるの?

要注意!!「へそくり」は相続税の対象になるの?
へそくりは相続税の対象になるか否かどうか、結論から述べるとその答えは相続税の対象となります。 夫に早くに先立たれてしまれた専業主婦の方を例にとるとわかりやすいです。法律上、夫婦のお金はそれぞれの財産となるので、結婚それ自体によって夫婦の財産が共有されるわけではないです。夫が稼いだお金は、夫の…

読み込み中

相続・遺言に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.