相続 トラブル関連の記事一覧

【配偶者が亡くなった場合に】配偶者の親族のつきあいをなくしたいときはどうすれば?

【配偶者が亡くなった場合に】配偶者の親族のつきあいをなくしたいときはどうすれば?
配偶者が亡くなった時、その親をはじめとした親族の扶養義務は発生するのでしょうか。そもそも、生活のために経済的な援助を必要としている人を扶養する義務を負うのは、原則として直系血族および兄弟姉妹と言われています。そして、親族とは配偶者および3親等内の姻族または6親等内の血族を指しています。例えば、配偶者…

万が一に備えて!?離婚時の年金分割の注意点は?

万が一に備えて!?離婚時の年金分割の注意点は?
離婚をした際、夫がサラリーマンなら厚生年金に加入しているため、厚生年金が支給されます。一方妻は、特に夫の扶養者、すなわち「第3号被保険者」であった場合、国民年金の老齢基礎年金しか受け取ることが出来ない場合が多く、万が一「離婚」という事態に立ち至ってしまった場合には、元夫の間で受け取ることのできる年金…

こんな時は注意!「相続問題」が起きやすいケース

こんな時は注意!「相続問題」が起きやすいケース
本来、相続は被相続人の自由な意志が尊重される事となっていて、被相続人の遺言の意志を元に相続方法などが決められるようになっています。しかしその遺言の内容が一人の相続人に特定されている場合、その内容を打破する方法もあるのです。 複数の相続人がいる場合、遺産分割について相続問題が起きやすくなっていま…

知っておきたい!「相続トラブル」回避法

知っておきたい!「相続トラブル」回避法
ある程度の年齢に達した時又は定年を迎えたり、孫が生まれたりなど人生の分岐点に差し掛かった時に子供に遺す財産について考え始めます。しかし死後子供達がせっかく遺した財産でトラブルになったりしては本末転倒です。 そこで、相続トラブルの回避方法を考察する前に、どのようなトラブルがあるのか事例を挙げて問…

他人事ではない!?【相続トラブル実例】

他人事ではない!?【相続トラブル実例】
裕福な家庭に限らず、一般家庭でもよくあるのが相続トラブルです。それまでは疎遠だった親戚が訪ねて来たり、兄弟が挙動不審になったりと、様々なトラブルが相次いでいます。 両親や祖父母を亡くしたばかりでトラブルが続けば、誰でも心身共に疲れてしまいます。小さなトラブルから大きなトラブルに見舞われないよう…

読み込み中

相続・遺言に戻る
pagetop

Copyright © 2016 日比谷花壇 All Rights Reserved.