Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

注目された「介護タクシー」の現状は?

介護タクシーとはどのようなものか?

注目された「介護タクシー」の現状は?
現在、経済の発達や法律の改正に伴い、タクシーのサービスも少しずつ進化しています。アルコールを摂取して自ら車を運転できない場面で代行して目的地に移動してくれる「運転代行」は当たり前になっています。
近年は、「介護タクシー」という存在が認知され始めています。介護タクシーとは訪問介護を利用するもの、寝台や車椅子のまま移動ができるタクシーのことを示します。高齢化社会や認知症といった患者やお年寄りが不安なく移動できるのを目的としています。
乗り降りの補助、歩行の介助などドライバーが目的地までしっかりサポートを行うので身障者や体の具合の悪い人に利用可能です。一般のタクシーとは違い専門の介護技術を持った人が運転する車なので普段のタクシー料金の他に介護報酬として1割の介護自己負担が必要です。

「福祉タクシー」との違いは?

「介護タクシー」と「福祉タクシー」の違いが分からないという方は少なくないでしょう。確かに双方とも似たような目的で使われることが多い存在です。それではこの2種類のタクシーの違いとはなんでしょうか。 福祉タクシーと呼ばれるタクシーも存在ます?介護タクシーとの違いはどこにあるのでしょうか?
一般に福祉タクシーは介護タクシーのように介護保険が効きません。また、介護タクシーの乗務員あるいは運転手はホームヘルパー2級以上の資格を持っています。福祉タクシーの場合、車両が福祉車両というだけで中の乗務員は資格を持たないこともあり、体の不自由がある利用者は家族や自宅の誰かしらの手助けがないと車の乗り降りが難しい状態です。
専門の乗務員がいる介護タクシーは利用者が自宅から目的地までたどり着くまでのサポートをしっかり行ってくれるメリットがあります。ベッドや車椅子から車への移動の手助け、場合のよっては自宅でする着替えや外出の支度の手伝いも行うので人々の介護負担を軽減させるでしょう。目的地が病院であれば、院内まで乗務員が付き添うことも可能です。

介護タクシーの利用方法は?

介護タクシーの活用方法は人それぞれでしょう。定期検診のために病院へ行きたい、消耗品や日用品の買い物のため、銀行関係の振込が必要など様々な利用目的があります。
介護タクシーの利用については、一般のタクシーとは違うことを理解する必要があります。基本手的に介護タクシーを利用する際は予約する必要があります。駅前や路上で手を挙げて車両を確保することはないので注意が必要です。また利用者は、介護保険を利用する場合と自己負担で利用する2種類の方法があります。
自己負担の場合は先述のように利用会社に連絡をして相談することで移動可能になりますが、介護保険を利用するときはいくつかの注意が必要です。まず、介護保険を利用可能にするため市町村への申請が必要になります。また、この利用者は一定の要介護認定以上の人が対象になり全員が保険を使って介護タクシーを利用できるわけではありません。会社によっては説明会を開いているところもあるので参加して損はないでしょう。

介護に関わる可能性がある場合に留意しておきたいこと

現在、日本は高齢化社会が進んでいるのが現実です。介護が必要な人は多くなりそれによって人々の介護負担が大きくなり、それが原因でテレビや新聞で事件として取り上げるのを目にすることは少なくありません。そんな中で、介護タクシーの需要はこれから先増加することが予想されます。
しかし、現在でもタクシーを利用する際トラブルは存在します。前述では利用料金に介護保険を適用できると記載しましたが必ずしも料金が安くなるわけではありません。サービスの不満や、高額な料金を請求されたという苦情が出てきてます。すべての会社が、自分の思い通りのサポートを行うわけではありません。
安心してサービスを受けられるように事前にある程度の知識を持つことが大切です。現在ではメールや電話で相談を受け付ける会社があり、利用者の疑問や悩みを解消してくれます。適切な知識を持って利用することで、介護疲れの軽減が出来るでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

知っておきたい!介護のショートステイの内容と利用条件

知っておきたい!介護のショートステイの内容と利用条件
介護の「ショートステイ」とはズバリ短期入所です。
短期入所とは数日から1週間程度の期間だけ介護施設に入所(宿泊)する事を指します。

介護施設に入所する…

「認知症対応型共同生活介護」とは?そのメリットとデメリットは?

「認知症対応型共同生活介護」とは?そのメリットとデメリットは?
認知症対応型共同生活介護とは、地域密着型サービス事業の一つであり、介助を必要とする認知症の人が共同生活をする場所となります。1ユニットが9人までと決められていて…

事前に知っておきたい!「介護施設」の種類と特徴

事前に知っておきたい!「介護施設」の種類と特徴

高齢者は、自立して生活する事が次第に難しくなります。そこで身の回りの世話を受けられるサービスの利用を考える必要があります。しかし、それらのサービスは近年、非…

【ケアハウスとは?】ケアハウスのメリットとデメリット

【ケアハウスとは?】ケアハウスのメリットとデメリット

ケアハウスは、軽費老人ホームの中でもC型に分類される施設を意味します。高齢者の介護サービスの拡充が進められる中で、この高齢者介護の施設に人気があります。この…

pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.