Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

身近な問題になっている!「残薬問題」とその対策

薬が残ってしまう理由を考えよう!

身近な問題になっている!「残薬問題」とその対策
病気や怪我は誰にでも起こることで、そして医者にかかればだいたいにおいて処方箋を渡されて薬を飲むことになります。
しかしながら最近になってここに厄介な問題が生まれています。本来は決められた時間に服用しなければいけない薬をつい飲み忘れてしまう、いわゆる残薬問題です。それが高齢者をはじめとして、普段から薬を飲みなれない人に多く見られるものになっています。
これが薬嫌いでわざと残しているのなら、それはそれで問題ですが、実際のところは日常生活の忙しさの中で飲み忘れる、複数の薬を服用している場合は飲み間違えをしてしまうことにあります。特に普段は健康体で薬を服用する習慣がない場合はそういった傾向が高くなっていて、この問題をクリアしないと病気や怪我の治りが悪くなってしまう、抗生物質などの場合は感染を防ぐ目的もあって危険な状態になる場合も考えられます。
それゆえ、その対策を考えることが大切なのです。

「お薬カレンダー」を利用してみる

それでは残薬問題の対策として有効な手段はどういったものがあるのか、まずは自分自身が気を付けること、習慣にできるといいでしょう。ただこれは一朝一夕で可能になるものではなく、一時的な病気や怪我の場合は見て分かるようにするのがいいかもしれません。
方法のひとつとして「お薬カレンダー」を利用するのがおすすめです。
お薬カレンダーというのは聞きなれない方も多いかもしれませんが、患者さんが正しく薬を飲めるように考え出されたグッズで、さまざまな種類があります。使いやすいものとして、壁掛けカレンダータイプで日付にポケットがついていて薬が入れられるようになっているので、ここに入れておけば飲み忘れや、複数の薬を服用している場合は飲み違いを避けることができます。
簡易的なものは無料でダウンロードすることができますので、自分でポケットをつけるなどして使いやすく工夫してみるのもいいですね。

飲み残しが多い場合の対策

お薬カレンダーを利用することによって、目で見て薬を服用しなければいけないと分かるので、飲み残しのトラブルは減るはずです。ただそれでもチェックして薬が残ってしまっている場合は他の方法を考える必要が出てきます。
もっとも大切なのは本人が自覚することですが、家族がいるならちょっと注意して声をかける、用意するといったことで防げる場合もあります。ただこれは子供や高齢者に対して行うことであり、成人しているのなら自分自身で行うべきですが、普段が健康な人ほど無頓着であるのも確かです。
大人で有効な手段として、スマートフォンを日常的に利用しているのならアプリを使うのもいいでしょう。例えば食後にニュースをチェックする習慣があるなら、その時にアプリをチェックすれば飲み残しを防ぐことができます。
自分なりの方法を考えることが大切で、自分に合った方法を見つけて実行すれば、防ぐことができます。

リスクと医療費を考えること

薬の飲み忘れのもっとも大きな問題は本人の自覚であり、その理由として薬を甘く見ていることにあります。普段が健康体の人ほどそういった傾向が強いのですが、薬を飲み忘れることにより完治が送れる、場合によっては症状が悪化することも考えられるのです。
そして完治が遅れたり症状が悪化すれば当たり前ですが体に対する負担が大きくなり、さらに病院に通う時間も増えていく、必然的に医療費がかかってくることにつながります。
普段の生活で節約を頑張っているのなら、薬の飲み忘れによる医療費の増大ほど無駄になることもありませんので、忘れないように服用したいものです。お薬カレンダーやアプリを利用するなど、飲み忘れの対策を行うことが大切になります。さらに重要なポイントになってくるのは、無駄な出費となること、これを覚えておけば自覚が生まれて飲み忘れも減るはずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

いま注目度が高まっている認知症に備える信託

いま注目度が高まっている認知症に備える信託
近年では子供が遠方で生活をすることも増え、高齢者のみの世帯が当たり前になりつつあります。
健康な時には、余暇を楽しむための趣味を見つけたり、自分に合ったペー…

高齢者ドライバーの【運転免許更新】の「認知症」検査

高齢者ドライバーの【運転免許更新】の「認知症」検査
近年では車による死亡事故の件数が減少する傾向にありますが、ドライバーが75歳以上の高齢者の場合での死亡事故件数は増加傾向にあります。
例えば、地方での高齢…

備えておきたい!「認知症介護」の注意点

備えておきたい!「認知症介護」の注意点
認知症のかたの介護や接し方を学ぶことは、平均寿命も高く高齢化社会の日本ではとても大切なことです。認知症を発症すると、何度も同じ事を言ったり聞かれたり、すぐに忘…

「認知症予防にもなる!」介護実例

「認知症予防にもなる!」介護実例
高齢になると心配であるのが、認知症の発生です。認知症は、後天的な脳の疾患により正常な判断ができなくなり、日常生活に支障をきたす症状です。歳を重ねてくると、脳の…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.