Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

【仏壇のマナー】仏壇を置く場所と向きは?宗派による違いは?

2016.10.11

カテゴリ: お墓・供養仏壇

仏壇を置く向きの決まりは?南向き?東向き?

【仏壇のマナー】仏壇を置く場所と向きは?宗派による違いは?
新築や引っ越し、また親から引き継いだり新しく仏壇を購入したりした際、仏壇を置く場所や向きなど迷います。
特に最近はアパートやマンションなど、仏壇を置くスペースが確保されていない家も増えたのでなおさらです。

仏壇はご先祖様ももちろんですが、仏様が一緒に祭られている場所。その場所に置くこと、その方角に向けること一つ一つに歴史と理由があります。
それを知れば置く場所も決まってくるものですし、より深い信仰心とご供養の心が生まれるものです。

まず、宗派の関係ないところでは仏壇を南向きにする南面北座説と、東向きにする東面西座説が良いとされます。
この南面北座説は中国からの由来で、位の高い人は北に座って南を向くものだという説。
東面西座説はインドからの由来で、日の出のある東を主人が向くこと、そして極楽浄土が西にあるとされることから西に向かって手を合わせるのが自然であるという説。
このそれぞれの理由により二つの向きが良いといわれています。

宗派によって違う仏壇を置く方角

南面北座説も東面西座説もそれぞれ発祥した国が違うだけで、仏を崇めるという理由は変わりありません。
では、日本では様々な宗派がありますが、宗派ごとにはどのような置き方が良いとされているのでしょうか。

まず曹洞宗と臨済宗では、仏壇は南向きが良いとされています。
理由としては、釈迦が説法する際には南向きに座っていたという話があるためです。そして、浄土真宗、浄土宗、天台宗では東向きを良いとしています。
これはこの宗派が阿弥陀如来を本尊として祭っていて、この阿弥陀如来は西方浄土にいると考えられているためです。
真言宗は方角が決まっているものではなく本山中心説と言われ、真言宗の総本山に向かって手を合わせる方角へ仏壇を置くことになっています。
また、日蓮宗も方角は決まっていないので、方角は細かく気にすることはありません。

このように方角が決まっている宗派は、仏壇をご先祖様はもちろんですが、仏様や本尊を祭る場所としての意味合いで置いているのだということがよく分かります。

仏壇を置いてはいけない場所

それぞれの宗派によって決まっている方角が理解できて、置く場所を決定する前に気を付けなければならないことが二つあります。

一つは、自宅に神棚がある場合です。
この神棚をおまつりしている場合、仏壇と向い合せにしてはいけません。
理由としては、仏壇、神棚どちらか片方に手を合わせた場合、拝む自分たちのお尻をもう片方に向けてしまうためです。
これは神様も仏様どちらも貴ぶべきであって失礼があってはいけないという理由になります。

二つ目は床の間と向い合せにしてはいけないということで、これは床の間が上座の扱いになっているからです。
上座には位の高い人が座るものなので、反対側は下座。下座側に仏壇を置くことは失礼であるという考え方が理由になります。

以上の二つの理由もまた、仏様やご先祖様は貴ぶべきものであって、家の中においては一番良い方角に置くべきだという考え方が基礎となっているものです。

その他仏壇を置く際に注意する点

仏壇を置く場所は、直射日光の当たらない場所にします。
これは位牌など、何代にもわたって受け継がれていくものがむやみに陽に焼けるようなことがあってはいけないことと、せっかくお供えした食べ物や供花がすぐに傷んでしまうことになるからです。

また、そのお供え物などに熨斗と名前がついているなどした場合、手を合わせる自分たちが読めるようにお供えするようにしましょう。
仏様やご先祖様に頂きものを差し出してお供えするという考え方であれば、文字は仏様に向けるものかもしれませんが、これはどのような頂きものであっても、仏様から自分たちに差し出されたものであるという考え方です。

このように理由や歴史を知れば、仏壇をおまつりするということは仏様、ご先祖様を家族の長として迎え入れることなのだということが分かります。
代々受け継ぐべきものは、仏壇もですがこのような心持ちでもあるのでしょう。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

光学ガラスで創られた手元供養品~光がもたらす神秘の世界~

光学ガラスで創られた手元供養品~光がもたらす神秘の世界~
今回、ご紹介するブランド「FROM NOWHERE」の製品には、光学ガラスが使われています。 光学ガラスというとカメラレンズや眼鏡などが広く知られていますが、その他にも皆…

事前にチェック!仏壇を買う時の検討ポイント

事前にチェック!仏壇を買う時の検討ポイント
仏壇が家にない場合、買うタイミングはいつにするか悩むことがあります。仏壇をいつ買ったらよいという決まりは特にありません。自分の中で思い立った時でよいのです。し…

購入する前に検討を!仏壇の修復について

購入する前に検討を!仏壇の修復について
親や祖父母、ご先祖をまつる仏壇にはたくさんの種類があります。例えば、見た目の違いに基づくならば、それぞれ「金仏壇」「唐木仏壇」「家具調仏壇」という三種類に分け…

知っていますか?「仏壇の処分」ってどうすればいいの?

知っていますか?「仏壇の処分」ってどうすればいいの?
仏壇の処分を考える理由は様々です。少子高齢化が進み、自分の後を継いでくれる子供がいない。引っ越しや老人ホームに入居するため、持っていくことが出来ない。新しいも…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.