Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

【墓じまいのマナー】墓じまいの服装はどうすればよい?

墓じまいは、基本的には平服でOK

【墓じまいのマナー】墓じまいの服装はどうすればよい?
お墓を解体・撤去することを墓じまいといいますが、今までご先祖様がお休みになっていたお墓の撤去ですから、どのような服装で参加すればよいのか迷いますよ。
しかし、墓じまいの服装には、決まりごとがないのが一般的です。
ただし、墓じまいの時、だれが参加するのかによって服装を決めるのが一番良い方法でしょう。

多くの場合、墓じまいには、お坊さんも呼ばず、身内のみで行われます。
このような場合には、喪服ではなく、平服で参加することが一般的です。
特に、古いお墓の墓じまいの場合には、山奥や足場の悪い場所に建てられていることも少なくありません。
このような場合は、喪服は避け、できるだけ歩きやすく、また汚れても構わないような服を着るほうが無難です。
天候によっては、雨靴や雨合羽を着用して参加しても、問題はありません。

ただし、服装に決まりはないとはいってもお墓の供養ですから、派手な装飾の服や派手な色の服などは避けるようにします。

お坊さんを呼ぶのなら、喪服着用

お坊さんをよんで墓じまいをするときは、「閉眼供養」が行われるため、参加者は喪服を着ます。
これは、お墓を新しく建てたときに「開眼供養」によってお墓に魂を入れていただいたものを、供養によって抜き取ってもらうための法要が行われるからです。

お坊さんも、この時は法要として呼ばれているため、正装で立ち合います。
ですから、法要を執り行う施主側のマナーとして、喪服を着る必要があるのです。
喪服というと和服も含まれますが、お墓での行われる法要ですので、動きやすい洋式の喪服がおすすめです。
また、子どもの場合は、白地のシャツに、黒か紺のズボンかズボン、黒地か白地の靴下を準備すれば問題ありません。 墓じまいのあと、食事の場を設けることもあります。その場合には、食事会場の予約の際に喪服で来店することを伝えておくと、食事会場によっては、個室や離れの部屋を準備してくれるでしょう。

親族一同が集まるのなら、相談して決める

墓じまいの際に親族一同が集まるなら、事前にどのような服装にするのか相談して決めておくと、のちのトラブルを避けられます。
服装の連絡がないと、参加する親族は何を着て参加するべきか戸惑ってしまい、失礼のないように喪服を選んでしまいがちです。

たとえ、お坊さんを呼ばず、家族・親族だけで墓じまいを行うとしても、親族の方々はお墓で行われる供養と考えますから、指定がない限り平服で参加するということはありません。
あらかじめ服装を決めておかなければ、施主側は平服で親族は喪服で参加するというようなことが起こりうるのです。
施主側の家族が平服(喪服)で参加するのならば、親族の方々にも、「当日は、平服(喪服)にてご参加ください」と連絡しておけば、問題はありません。 お忙しいところをわざわざ来ていただくわけですから、できるだけ親族の方々には負担のないよう配慮するのも、墓じまいの施主としての大切なポイントになります。

喪服がないときは、貸衣装サービスが便利

若い方の中には、喪服を持っていない方も少なくはないでしょう。
また、喪服は持っていたとしても、最近体形が変わってしまって、以前購入した喪服はサイズが合わなくて着られないという方もいます。

もちろん、喪服はお葬式や法事などで使いますから、一式準備しておくと安心ではあります。
でも、サイズ違いの喪服を着ていくのも恥ずかしいものです。

そういう時に便利なのが、貸衣装店です。
男性の場合はシャツ・背広・スラックスのほか、靴も準備されています。
女性の場合は、ワンピース型が一般的で、靴や小物のバックも貸し出してくれます。
ただし、貸衣装の場合、肌に直接触れるものは貸し出せません。
ですから、下着や靴下・ストッキングは準備する必要があります。

お住いの場所の近くに貸衣装店がない場合は、インターネットで貸衣装を取り扱っているサービスもあります。
取り急ぎ準備したいときや体形の変わりやすい若い方の場合は、貸衣装を利用するとお得です。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

意外に知らない!?「墓じまい」の手続き・流れ

意外に知らない!?「墓じまい」の手続き・流れ
墓じまいとはお墓を処分したり、撤去したりすることを言います。近年「高齢になってお墓を守っていくのが難しい」や「お墓を守る人がいない」などの理由から墓じまいをす…

お墓が満杯になったときはどうすればよい?

お墓が満杯になったときはどうすればよい?
お墓があると、先祖代々いつまでもそこにお骨を納めておけると考える人は少なくありませんが、お墓のスペースには当然限度があります。何世代もお骨を納め続けていると、…

知っておきたい!【墓じまい】の背景と流れ

知っておきたい!【墓じまい】の背景と流れ
今、無縁墓が問題になりつつあります。無縁墓とは、引き継ぐ人がいなくなって放置されてしまった墓のことです。墓を管理する寺院や地方自治体は官報に掲載するなどして引…

【改葬の注意点】お墓の引っ越しのトラブル事例

【改葬の注意点】お墓の引っ越しのトラブル事例
お墓の引っ越しでは、移転する前のお寺の住職とのトラブルが最も多い事例となります。 本来移転するかどうかの決定権は墓地の使用者にありますが、前触れもなく突然「お…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.