Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

思い出のビデオテープどうしていますか?早めにデジタル化を!

VHSは経年劣化で再生できなくなる

思い出のビデオテープどうしていますか?早めにデジタル化を!
HDDやDVDというメディア媒体が普及する以前まで、一般家庭ではVHSと呼ばれるビデオテープが用いられていました。家族の大切な瞬間を、映像と音で記録し後で見返せるということは、当時は本当に画期的なことで、多くの人がこぞってビデオカメラを回したものです。
ところが、テープ媒体は「再生回数に応じて劣化する」「再生せずに保管しておいても劣化する」という大きな弱点を抱えています。特に注意したいのは、亡くなった方を映していたVHSです。あの時はああだったよね、と語りながらいざ見返そうと思っても再生不可になっていることは今や珍しくありません。
そんな問題を防ぐためにはできるだけ早く、HDDやDVDといった媒体で、デジタルデータとして保存することが不可欠です。
方法としては、まずビデオデッキとパソコンを専用のケーブル(USB接続ビデオキャプチャ―など)で接続します。次にビデオデッキでVHSを再生して映像をパソコン側に出力、その映像を録画ソフトを利用することで、劣化を防ぎつつパソコン側にデータを保存することが可能なのです。

何を準備すればいいの?費用はどれくらい?

ビデオデッキとパソコンを繋いで保存するという方法は、ビデオデッキとパソコンがあれば、費用があまりかからないというメリットがあります。
まず、ビデオデッキとパソコンを繋ぎ、保存させるためには専用のケーブルが必要です。様々な種類がありますが、持っても手軽なものは「USB接続ビデオキャプチャ―」と銘打たれたものでしょう。VHSなどのアナログデータをパソコン(DVDなど)に取り込むために作られた製品ですので、設定や操作が最も容易なためです。費用の面でも数千円程度で購入可能なため、高価で手が出しにくいということはあまりありません。
その他、DVDなどが無い場合は購入する必要があります。量販店であれば50枚組のものを1,000円程度で購入可能ですので、VHSの本数などを加味して購入しましょう。後はVHSを再生するためのビデオデッキやビデオデッキからの出力ケーブル(テレビへ接続して使うものだったため、通常はデッキとセットです)などが故障・紛失している場合は適宜、購入します。中古などでも問題はありません。

枚数が多すぎる…そんな時はダビングサービスを!

しかしいかに簡単な方法とはいえ、この方法だとVHSを再生している時間帯、ずっとパソコン側で録画を行わなければなりません。つまり2時間のVHSが10本あれば、20時間かかるこということです。一日一本ずつ対応していったとすると十日かかりますし、それ以上のテープを保有いていた場合は数カ月単位の大仕事になってしまうでしょう。また、何らかの問題で失敗してしまったら作業し直しとなりますので、それ以上の時間を費やさねばなりません。
「とてもじゃないけれどそんなに時間をかけられない!」という方は、専門業者による「ダビングサービス」を検討すると良いでしょう。VHSテープを専門業者に預け、DVDやHDDなど任意の媒体にダビングをしてくれるというものです。多少の費用はかかってしまいますが、作業を行う手間暇を大幅に削減してくれるため、本数が多い方にはおすすめです。
費用は依頼する本数や映像の長さによって様々ですので、自分の持っているVHSの量や内容に応じて検討すると良いでしょう。また、ダビングし終わったテープの廃棄サービスなどもあるため、整理整頓のために併せて依頼することも可能です。

いざダビングしようと思ったら、カビが!

VHSビデオテープには簡単にカビが発生してしまいます。結露やホコリが付着したまま、長い間放置してしまったことが原因です。
カビが発生したテープは最悪の場合、一切の映像が見られなくなってしまうことがあります。このため、そうなる前にダビング作業を行うことをおすすめしているわけですが、当然ながら「やろうと思って取り出したらカビが!」という方も数多くいらっしゃることでしょう。
程度に応じて対処方法は分かれますが、テープの外面に付着した程度であれば軽く拭くだけで再生可能であることもあります。専用の乾式・湿式のクリーナーなども販売しているので、そういったものを利用するとより安心です。
しかし、目に見えない部分に問題がある可能性は少なからずあります。状況を正しく把握できずに再生してしまうと、取り返しのつかない結果を招いてしまうこともあり得ます。そのような時はカビ取り作業サービス業者がいますし、ダビングサービス業者でも対応可能なところがあるので、そういった専門家の力を借りることがおすすめです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【老後の投資の選択肢】投資物件・収益物件の探し方は?

【老後の投資の選択肢】投資物件・収益物件の探し方は?
老後の資金の運用は色々と手段がありますが、最近は老後の資金を投資物件や収益物件などに利用するシニア世代が増えてきています。その理由として、一つは不動産投資の仕…

【退職・定年後に備えて】健康保険は任意継続と国民健康保険のどちらがお得?

【退職・定年後に備えて】健康保険は任意継続と国民健康保険のどちらがお得?
退職後・定年後の健康保険の選択肢には、大きく分けると3つの方法があります。 まず一つ目は、会社の健康保険をそのまま継続する任意継続という方法です。この場合健康保…

定年後の車選びのポイントは?老後のカーライフはどのように過ごす?

定年後の車選びのポイントは?老後のカーライフはどのように過ごす?
定年後の車選びは、年金暮らしによる収入の低下や身体能力の低下など考慮することが多くなりがちです。平均寿命が延びているにもかかわらず年金の支給額はどんどん減って…

知っておきたい!公的年金以外の社会保障

知っておきたい!公的年金以外の社会保障
公的年金制度は、退職後の生活を支えるための大切な社会保障制度の一つですが、公務員、会社員、自営業、船舶関係者などの職業によって、支給される金額が異なってきます…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.