Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

家族葬の費用、その内訳は?

家族葬の費用の中身

家族葬の費用、その内訳は?
家族葬の費用の中身自体はいわゆる「普通のお葬式」とあまり変わりません。大きく3つに分けることが可能で、「葬式行事そのものに関する費用」、「弔問者への接待、返礼品の費用」、「宗教者への費用」に大別されます。
「葬式行事そのものに関する費用」は寝台車や、お棺、葬儀を行う場所、葬儀を執り行うスタッフへの費用など、文字通り葬式を行うために必要である物・人・場所に関わる費用です。「弔問者への接待、返礼品の費用」は家族葬とはいえ、故人が生前に特に親しくしていた、お世話になっていた方を呼びたい、となった時に必要になってきます。通夜や告別式に出される料理、返礼品を準備するための費用です。完全に身内だけで行うとしても、葬儀の間の食事や飲み物など、ある程度は計上される費用になっています。「宗教者への費用」は本人が信仰していた宗教にもよりますが、お坊さんや神父にお支払いする費用です。信仰していた宗教や、依頼するお寺などによって必要な費用が変動します。
家族葬であっても、必要な費用の内訳は普通の葬儀と変わりません

家族葬の基本的な料金は?

家族葬は、一般的な葬儀と比べて安いというイメージがあります。実際に家族葬の葬儀を広告している葬儀会社では、一般的な葬儀に比べてより安い料金プランを出しているものが多く、中には驚くほど安い価格を提示しているところもあります。
しかし、実際に葬儀が終わった時に「本当に費用を安く抑えられたか」ということを考える必要があります。先程も述べましたが、葬儀に必要な費用は3つあり、内訳はどちらも同じです。20名程度の人数が参列する家族葬で、通夜・告別式を施行するなど、その内容が一般的な葬儀と変わらない内容であれば、費用は90万円くらいとなります。
それに加えて一部の葬儀会社では、提示した料金の他の経費を別に請求するケースもあるため、結果的に最初の見積りより大幅に費用がかかってしまうというケースもあります。このようなトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、複数の葬儀社に見積もりを依頼したり、詳細な見積もりを出してくれる葬儀社を選ぶことが必要となってきます。

家族葬の費用でコストダウンできるものは?

それでは、実際に家族葬でコストダウンできる内容を考えてみます。費用面における家族葬のメリットは「何をやるか・やらないか」、「やるのであれば、どれくらいの費用をかけるか」ということを明確にすることで得られます。
最も最初に考えられることは参列人数を最小化するによる、葬儀の場所代・返礼品等の費用の削減です。自宅のみで行う場合は、場所に関する費用はかかりません。しかし、予想外に弔問客が来る、供花などが送られてくるといった、返礼品などに関する追加の料金が発生するケースがあります。
家族葬を行い、コストダウンを図るうえで一番大事なことは、葬儀会社とよく話し合い、施行する内容と費用をしっかり確認しておくことです。可能であれば、複数の会社から見積もりをとっておくことが望ましいです。良い葬儀会社であれば、「このような想定外の出来事がある」ということを教えてくれます。コストダウンについて、最も重要なポイントは「何を削減するか」ではなく、予め話し合い、備えておくことなのです。

家族葬の香典の相場は?

家族葬の場合も、上記で述べたように葬儀の中身自体は普通の葬儀と変わらない場合が多いので、家族葬の場合も通常の葬儀に用意する香典の相場と変わらないと考えておいて問題ありません。。
関連記事: 「香典はいくら?」香典の相場とは!?
ただ、家族葬は、家族葬は「身内だけで静かに最後のお見送りをしたい」ということが主旨であるので、それを尊重することが望まれます。式への参列を明確に望まれていない場合は、香典は辞退したほうがよいでしょう。ご遺族が想定していない返礼品が発生することにもなるからです。
ただ、よく分からない場合は香典を用意して行くのがよいでしょう。その場でお断りがあれば持ち帰るという流れになっても、全く問題はありません。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

実施する前に考えておきたい!【家族葬の注意点・ポイント】

実施する前に考えておきたい!【家族葬の注意点・ポイント】
家族葬とは、直系の親族である配偶者、子供、孫、ごく親しい近親者など、5名から10名程度でとり行われる葬儀の形です。少人数で行う葬儀なので予算や手間などが省ける印象…

「家族葬」と「密葬」の違いとは?

「家族葬」と「密葬」の違いとは?
家族や親しい知人の死は大変悲しいことですが、故人への愛情と感謝を表して彼岸へ送り出すのは残された者の義務だと言えます。 お葬式とはそのためのセレモニーだと位置…

家族葬をした後に、近所へのお知らせ・通知はどうすれば?

家族葬をした後に、近所へのお知らせ・通知はどうすれば?
最近では、故人の意思を尊重して葬儀は近親者のみで小さく行う「家族葬」もめずらしくありません。生前親しかった家族や親友に見守られて心のこもった旅立ちを望む方も増…

花祭壇用意せずとも、お花や緑いっぱいのお葬式ができる!?

花祭壇用意せずとも、お花や緑いっぱいのお葬式ができる!?
近年は家族葬や直葬という形式のお別れが一般化し、人数も10名以下のお葬式も珍しくありません。 こうした小さなお葬式のが増えていく中で「費用をかけた立派な花祭壇…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.