Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

「妊娠中に葬儀には参加すべき?」妊婦が葬儀に参列する際の注意点は?

妊娠中に葬儀に参加しても問題ありません

「妊娠中に葬儀には参加すべき?」妊婦が葬儀に参列する際の注意点は?
妊娠中でも、親しい人や親族が亡くなってしまい、葬儀に参列する機会がくる事はあります。

故人を偲ぶ気持ちがあっても、体調の問題は大きく周囲に心配をかけてしまう事を気兼ねして、参列してもいいのかどうか悩むものです。

体調に問題がない場合には、妊婦が葬儀に参列する事は問題ありません。

しかし、つわりやお腹の張りなどで体調がすぐれなかったり、出産予定日が近くていつ産まれてもおかしくない時には、周囲に心配を掛けてしまう事を配慮して、関係者に相談しながら参列を控える事を決めた方が良い場合もあります。
葬儀への参列を控えた場合には、弔電をうったり、香典を送ったりする方法があります。
最も丁寧なのは、体調が落ち着くのを待って改めてお供え物やお花などを持って弔問して、弔意を表す方法です。

また、地域によっては、妊婦が葬儀に参列した場合の良くない迷信が存在していて、妊婦の参列を気にする地域もあります。
そういった場合に備えて、事前にその地域の風習等に詳しい方に確認を取ったり、インターネットで調べておく事も必要です。

妊婦が葬儀に参列する場合、葬儀当日の注意点とは

葬儀は、心身ともに大変疲れるものです。
さらに妊娠中は体の負担が一層大きくなりがちです。
式の途中でも体調に異変を感じた場合には関係者の方に一言断った上で、別室などで体を休めるのも大事です。

また、身内の葬儀に参列する時などで、台所仕事を手伝わなければいけない場合には、お腹の赤ちゃんや自分の体調を第一に考慮して、できる範囲でのお手伝いに留めるか、遠慮せず他の身内の方に頼む事も必要です。

妊娠初期の葬儀参列の際に、気になるのはつわりです。つわり中に参列できた場合でも、線香の強い香りで気持ち悪くなってしまう方もいます。

匂いに敏感な事を自覚している場合には、十分注意が必要となります。
また、葬儀後の食事については、妊娠中である事を理由にお断りしても構いません。
無理に食べるとつわりが強くなってしまい、周囲に余計な心配をかける事もあります。

なお、遠方での葬儀の場合には、かかりつけの産婦人科医に参列しても良いか相談した上で、参列する場合には、ゆとりを持ったスケジュールを組む事が必要となります。
母子手帳と保険証の携帯も忘れないようにしてください。

葬儀参列時の服装は、どうすればいいか?

葬儀参列時には、妊娠中でもブラックフォーマルがベストです。

マタニティ用のブラックフォーマルも種類が豊富に出回っており、妊娠中から産後、お宮参りまで使えるような細くみえるようなデザインの物もあります。
ただし、妊娠中の場合には、サテンなど光沢のある生地を避ければ、ブラックフォーマルでなくても黒や紺のシックな服装でも大丈夫です。

また葬儀会場での冷え対策は重要となります。
気になる方は、スカートではなく、黒パンツと黒ブラウス・黒ジャケットなどを着用した上で、カーディガンやストールなどの準備をしておきます。

足元については、転倒などの危険を避ける為にも、できるだけかかとの低い靴を選びます。
また、冷え対策としては、できればストッキングよりもタイツが望ましいです。
ラメや模様の入っていないシンプルなゆったりとしたサイズの黒タイツを選びます。

妊娠中は、周囲に理解してもらい、体に負担の掛からない服装を心掛ける事が必要となります。

妊娠中の葬儀参列は、体調第一に判断する事が大事

妊娠中の葬儀参列については、基本的に自由です。

参列時の服装などに注意しながら、自分が本当に参列できるかの判断が重要です。
その際に一番大切なのは、お腹の赤ちゃんと自分自身の為に無理をしないよう、自分の体調を第一に考えて判断する事です。
もちろん、かかりつけの産婦人科医に相談して、参列できるかどうかや参列する時の注意点をきちんと確認する事も必要となります。

葬儀スケジュールや状況は、宗派、地域などで異なりますが、どのような場合でも自分の体調を第一とした上で、周囲に迷惑が掛からないよう、自分がどういう行動を取れば周囲に気を遣わせずに済むかを考慮する事が大事な事となります。

参列できなくても弔意を表す事ができる方法がある事を念頭においての判断が必要です。

「自分の体調が第一」という事を絶対に忘れず、その上で参列するかどうか判断するようにしましょう。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イスラム教のお葬式へ参列する際に知っておきたいポイント

イスラム教のお葬式へ参列する際に知っておきたいポイント
日本では仏教式の葬式が多いので、多くの場合、火葬で葬られます。
しかし、イスラム教の場合は土葬を行なっています。
これは、「死」というのは永久の別れではな…

【葬儀・葬式の挨拶】喪主・遺族編

【葬儀・葬式の挨拶】喪主・遺族編
故人が亡くなった後は、悲しみに暮れる暇もなく葬儀の準備に取り掛からねばなりません。特に喪主になられる方は、故人の配偶者や長男長女であることが多く、人生のうちに…

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー
故人の親族として葬儀に参列するときは、正式な喪服を通夜・葬儀を通して身に付けることになります。
早い話がブラックフォーマルです。

男性は、略礼装のブ…

どうしても葬儀に参列できない!【弔問、参列できない場合に行うべき行動は?】

どうしても葬儀に参列できない!【弔問、参列できない場合に行うべき行動は?】
突然の葬儀にどうしても参列できないと分かった場合にはまず、葬儀に参列できない旨を知らせることが先決となります。

しかし先方も葬儀の準備などで慌ただしく…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.