Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

【葬儀の服装マナー】冬の葬儀に参列する際の、服装マナー

喪服で参列するには寒過ぎる!

【葬儀の服装マナー】冬の葬儀に参列する際の、服装マナー
基本的な喪服は春夏秋の3シーズン着られるタイプですが、真冬の雪が降るような時期では生地が薄く困った経験ありませんか? 気温が10℃を下回る寒い時期は喪服の下に保温性の高い下着や薄手の黒いタートルネックセーターを着用します。また下に着用できる服がない場合は喪服にこだわらずに冬用のブラックスーツやブラックワンピース等地味な服装で大丈夫です。 ストッキングも礼装用の薄い黒ではなく黒タイツで足元の寒さを防ぎます。真冬の場合は道路が凍り付いていたり積雪があって悪天候が予想されますので靴が最大の悩みかもしれません。長靴やブーツではマナー違反だと言われていますが、靴や足元がビショビショのまま斎場に入るよりも黒い地味なショートブーツで入場した方が無難です。赤色や派手な色合いの靴はNGですが、黒い地味なデザインの靴であれば天候に合わせて履いてもマナーに反する事はありません。但し歩いた時に「カツンカツン」とカカトから高い音がでる靴は静かな斎場に響きますので避けた方が良いです。

葬儀場にクロークがない場合、コートはどうしたら良い?

コートを着用した際にクロークがなくて預けられない時は手荷物として斎場に持ち込んでも問題ありません。
大半の葬儀場ではクロークを設置していますが、中にはクロークを設置せずに「上着はそのまま持ち込んでOK」とする斎場もあります。
案内を確認したらコート類を着たままではなく手に持って入る事が大事です。

またクロークがなくても焼香や献花する場所の周囲に一時手荷物置き場が準備されているケースが殆どで、お参りする時に利用します。

上着やコートを脱ぐタイミングは「受付の前」とマナー指南書に書かれていますが、屋外での葬儀や受付が葬儀場と離れた場所にある場合は受付で脱がなくても大丈夫です。
コートや手袋を脱ぐタイミングを誤ると手がかじかんで数珠を落としたり、寒さで具合が悪くなったり風邪を引く可能性があります。
屋外に出る可能性がある時は上着類は手に持っておくか、様子を見ながら調節できるように準備しておきましょう。

火葬場に行く時はコート類を持って行ってはダメ?

火葬場に行く時は暖かい斎場から出るのでコート類を持参しなくてはいけないと思う反面、上着を持っていくと荷物になってしまうかな?と悩みます。

基本的に葬儀場に戻る事が分かっていれば手荷物は置いていって構いません。
上着やコート類は直ぐにバスやハイヤーに乗れる状況であれば不要です。
火葬場の多くは屋内での移動が大半で、屋外での行動は殆どありません。
バスやハイヤーへの乗り降り位しか屋外に出る事はありませんので、無理に持参しなくても大丈夫です。
行程が分からなかったり、どうしようか悩んだ時は葬儀社のスタッフに確認してみます。

意外と見落としがちなポイントに傘があり、悪天候で傘を持参する時は黒や紺等地味な色合いの傘を選ぶ事が大事です。
どうしても派手な色の傘しか持っていない時は透明のビニール傘を持参します。
斎場や火葬場は大勢の人が出入りし間違って人の物を持っていく可能性があるので高級品ではなく安物で十分です。

真冬の葬儀の服装は何に気を付けるべき?

殺生をイメージするので革や毛皮素材のコートや上着類は避けます。
またダウンジャケットはカジュアル過ぎますし、中にダウンを使っているので殺生を連想させマナーとしては良くありません。
キラキラする金ボタンを避けて襟がある黒やグレーの裏地も地味なコート類を選択します。

どうしても冷えや寒さが気になる時は黒のストールや膝掛けを1枚準備しておくと調節しやすく持ち歩くにも便利です。

葬儀の服装は季節や時期によって迷う事はありますが「お悔みの気持ち」を表す事を大切にします。
マナー指南書通りにし過ぎて遺族や他の参列者に余計な心配を掛けたり不快な気持ちにさせては意味がありません。
寒さ対策を万全に整えてから葬儀に参列し、心からお悔やみ申し上げる事が最重要課題です。
マナーとは相手への心遣いを体現したものですから、型にはめずに心からお参りします。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

急な葬儀・お葬式のときに、気をつける【服装マナー】

急な葬儀・お葬式のときに、気をつける【服装マナー】
突然の訃報は、衝撃を受け、深い悲しみに暮れてしまうものですが、いざ葬儀に参列するとなれば、服装などのマナーにしっかりと気を配る必要があります。辛い時ではありま…

夏場の葬儀の服装マナー

夏場の葬儀の服装マナー
葬儀といえば、男性も女性も黒い上着がつきものです。暑さのあまり、上着を脱いでしまうのは、お勧めできません。もちろん会場までの往復の際に、上着を脱ぐ、あるいはど…

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー
故人の親族として葬儀に参列するときは、正式な喪服を通夜・葬儀を通して身に付けることになります。早い話がブラックフォーマルです。 男性は、略礼装のブラックスーツ…

知っていますか?葬儀・お葬式の「靴のマナー」

知っていますか?葬儀・お葬式の「靴のマナー」
葬儀・葬式では男性は黒色のスーツ、女性は黒色のワンピースやアンサンブルなどの喪服を着ていきます。しかし、足元まできちんと気を配っていますか?いくら服装がきちん…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.