Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?

急な葬儀の時でも慌てないための事前の準備

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?
一般的に結婚や出産といったお祝いの行事は事前に知らされていることが多いですが、葬儀などの不幸は突然やってきます。

日常で親交のある身内などのケースを除いて、ほとんどの場合は亡くなってから連絡を受けるケースが一般的といえます。
そのため事前に知っているお祝いの行事と違い、事前の準備をしておらず突然の訃報に慌てるといった人も少なくありません。

こういった突然の訃報でも慌てることのないように、事前に余裕を持って準備をしておくことが大切です。
葬儀に参列する際は男性も女性も服装から小物まで正しいマナーがあり、間違えた服装や小物で恥をかいてしまうことのないようにするためにも、正しい知識を身につける必要があります。
男性の場合であれば、ワイシャツなどの服装から靴やベルトなどです。
女性の場合は男性よりも準備する点が多く、バッグやネックレスなど細かい部分にも気を配る必要があります。

葬儀のために、男性が準備しておきたい小物や服装

葬儀の際、男性はシャツやベルトといったものに気をつける必要があります。

喪服の下に着るワイシャツは、普段日常で着用している物とは別に葬儀用に用意をしておくことが望ましいです。
葬儀に使い古したヨレヨレのワイシャツで参列することは故人にも遺族にも失礼にあたります。
事前に葬儀用として購入しておきしっかりとアイロンを掛けて保管しておくことが大切です。

ズボンを履いた時に使用するベルトも忘れてはいけません。目立たない場所ということもあり忘れがちになってしまうベルトにも、葬儀に相応しくない物があります。
日常で使っている派手なベルトは良いとはいえず、バックル部分が光っているものや型押しなどのデザインのベルトも避けます。

ベルトを選ぶ際は喪服に合わせた黒色のシンプルなものを用意しておきます。
その他に目立たない靴にも気を配る必要があります。
同じ黒でもシンプルなデザインが相応しいです。

葬儀のために、女性が準備しておきたい小物や服装

女性はバッグや髪留めといった細かい部分にも注意が必要です。

葬儀中はお焼香などで動き回ることが多いので、あまり大きめのバッグにすると邪魔になることもあります。
そのため持ち運びがしやすく、お焼香の際に椅子の上に置きやすい小さめのものを用意しておくと安心です。
選ぶ際のポイントとして、革ではなく布製品のバッグを選びます。
これは革製品は殺生を連想させるため、葬儀の場には相応しくないとされているからです。
デザインもシンプルで目立たないものがよいでしょう。

その他にも女性の場合、髪留めやネックレスなどの装飾品にも葬儀に相応しいものがあります。
髪の長い女性はできるだけ髪をまとめることが相応しいとされていて、その際に使うヘアピンなどの髪留めも黒のシンプルな物が好ましいです。
その他にもネックレスは一般的には真珠のネックレスが良いとされているので、もし持っていない場合は事前に用意をしておくことが大切といえます。

男女共に共通して用意しておくべき葬式のための小物

男性、女性それぞれ事前に用意をしておくものが違いますが、共通する小物類もあります。

葬儀に参列した時に、ご霊前などの不祝儀といわれるものを用意しますが、この時に書く表書きは薄黒のペンで書くのがマナーです。
一般的に結婚や出産といったおめでたいお祝いの時は濃黒で書き、葬儀などの不幸の時は薄く書くとされています。
ペンであればコンビニですぐに用意できると考えている人も少なくありません。
しかし、薄黒のペンは濃黒に比べて品薄のケースが多く、コンビニで手に入らないといったこともあります。
そのため筆ペンも事前に用意しておくと安心です。

履き物のストッキングや靴下も用意し忘れてしまいがちな小物の一つといえます。
女性は薄手の黒のストッキングで、男性はデザインの入っていない黒の靴下が基本です。
これらもコンビニで気軽に買えるからと用意を怠る人もいますが、買いに行ったら品切れだったといったことにならないように事前に用意しておく方が無難です。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【葬儀の服装マナー】お通夜やお葬式でのネクタイの色はどうすれば?

【葬儀の服装マナー】お通夜やお葬式でのネクタイの色はどうすれば?
お通夜や葬儀は突然やってくるもの。そのようなときに大切なのが、お通夜や葬儀の場に合った服装で参列するということです。
しかし、いざお通夜・葬儀となったと…

意外に知らない!?葬儀の「髪型」マナー

意外に知らない!?葬儀の「髪型」マナー
お葬式に参列する際は、急な場合もあり気が回らないこともありますが「髪型」についてもマナーがあります。
葬儀や葬式で髪の毛を束ねる時などに使用するヘアピンやヘ…

【お別れの会の服装マナー】葬儀・告別式ではない、お別れの会には何を着ていくべきか?

【お別れの会の服装マナー】葬儀・告別式ではない、お別れの会には何を着ていくべきか?
葬儀の後に開かれることの多い「お別れの会」とは、故人と親しかった人やお世話になった人をお招きして偲ぶ会のことを言います。

昨今は葬儀・告別式などは、…

喪服の色は黒?白?

喪服の色は黒?白?
ご葬儀や法要などに参列するときに着る服装は、今日黒色洋装が主流といわれます。普段でも黒い洋服を着ていると「喪服を着ているみたい」といわれるくらい、喪服=黒とい…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.