Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

【喪主になっても慌てない】葬儀のタイムスケジュールは?

2016.11.8

カテゴリ: 葬儀・葬式葬儀の流れ・手続き

葬儀と告別式のスケジュール

【喪主になっても慌てない】葬儀のタイムスケジュールは?
現在では葬儀と告別式を同時に行うことが多く、基本的に通夜の翌日、主に午前中に行われています。
火葬場が午前10時~15時になっているところが多く、さらに精進落としもありますので、午前中に始めて夕方前に解散するというタイムスケジュールですが、斎場や火葬場の予約状況次第で多少前後します。

一般的なスケジュールとしては、開式の1時間くらい前から遺族や親族が先に斎場に入場し、その後参列者、僧侶の順で入場します。
読経と引導で20分程度、その後遺族や会葬者の焼香が20分程度の合計40分くらいで閉式となります。
続けて出棺ののち、全員で火葬場へ移動して、30分近くかけて火葬を行います。
骨上げを終えたら斎場に戻り、初七日法要や精進落としを行ってから解散という流れです。

初七日法要は本来は一週間後に行いますが、遠方の親族も多いため、便宜的に葬儀と同時に行うようになっています。

通夜の流れとタイムスケジュール

通夜はもともとは一晩かけて故人との別れを惜しんでいましたが、現在では数時間程度で済ませるようになっています。
葬儀や告別式に参列できない人が通夜に参列することもあります。
一般的には18時に開式、19時ころに閉式となっていますが、遺族の予定や斎場の予約などによって前後することもあります。

遺族や親族は1時間くらい前から出席しており、参列者、僧侶の順で入場します。
開式ののち、10分程度僧侶の読経があり、遺族、会葬者の順に30~40分近く焼香をします。
その後僧侶が退場し、通夜の閉式となります。閉式後は遺族や手伝いをしてくれた人に通夜ぶるまいを行い、大体1時間程度で解散となります。

葬儀と比べるとシンプルな内容の式ですが、近年では日中葬儀に参列するのが難しいという人も多く、通夜の方が参列者が多いこともあります。
駐車場の確保ができないこともありますので、早めに参列しましょう。

告別式の流れとタイムスケジュール

元々は、葬儀は遺族が故人と別れるときの儀式であり、告別式は友人や知人が別れを告げる儀式となってます。
今では両者を同時に行うことがほとんどですが、別々に行うときには、葬儀を終えてから後日告別式という流れになります。
告別式も葬儀と同じく、10~11時ころに開式し、所要時間は1時間程度です。
読経に15~20分、焼香で20分程度かかり、僧侶の退場、閉式という流れになっており、場合によっては30分ほど故人にお花を手向けることもあります。
その後遺族から挨拶があり、出棺、火葬に1時間程度かけたのち、骨上げを行います。

場合によっては、葬儀の後ではなく、告別式の後で初七日法要を行うこともあります。
同様に、精進落としをその後に続けるケースもあります。
解散は大体15~16時ころとなっています。 このように、告別式の流れは葬儀とほとんど同じです。必要があるときは個別に執り行いましょう。

お寺と葬儀社には早めの連絡を

通夜や葬儀、告別式は、手際よく進行しなければ火葬場の予約に間に合わなかったり、解散時間が遅くなってしまいがちです。
しかし、遺族にとっては大切な人との別れから間がないこともあり、これらを効率よく進めるのは困難です。

そのため、故人と死別した時には、まず読経を依頼するお寺や葬儀社に早めに連絡を入れておきましょう。
斎場の手配や式の準備などは、葬儀社が予定を組んで遺族は言われたことだけをすればいいようになっています。
お寺の方でも大体のスケジュールは把握してますので、予約を入れておけば問題なく進行できます。

急な死別を除いては、お別れが近づいていると思ったら、早めに葬儀社を探しておくことも大切です。
死別前に調べておくことを不謹慎ととらえる人もいますが、誠実に対応してくれる葬儀社を利用することで、遺族も心置きなく故人を見送ることができます。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【火葬のマナー】棺に入れて一緒に火葬していいものといけないものの区別は?

【火葬のマナー】棺に入れて一緒に火葬していいものといけないものの区別は?
火葬の際に、故人が寂しくないようにと、思い出の品や故人が好きだった食べ物などを棺に入れようと思う方々がいらっしゃるかもしれませんが、実は棺に入れてもいいものと…

知っておきたい!【葬儀・葬式の基本的な流れ】

知っておきたい!【葬儀・葬式の基本的な流れ】
家族が亡くなったら、大切な方の訃報を聞いたら、突然のことで気が動転してしまいます。誰もが経験するお葬式や葬儀ですがどのような流れで執り行われるのか、経験しない…

一般的な葬儀の流れ【5】火葬・精進落とし

一般的な葬儀の流れ【5】火葬・精進落とし
告別式が終了すると、火葬場へと故人が運ばれます。告別式を行った場所(斎場)から火葬場へ送り出すことを出棺と呼びます。
棺を閉める前に、いくつかの儀式があり…

一般的な葬儀の流れ【1】危篤から安置まで

一般的な葬儀の流れ【1】危篤から安置まで
危篤とは担当する医師から命が危険な状態を伝えられる事を指し、ニュース等で使われる「重体」はケガや病気の進行が重い時を指し意味が違うので注意が必要です。
担…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.