Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

【年末年始の葬儀はどうすれば?】葬式の日程や内容の注意点

2016.11.14

カテゴリ: 葬儀・葬式葬儀の流れ・手続き

葬儀社は年末年始でも連絡できる?

【年末年始の葬儀はどうすれば?】葬式の日程や内容の注意点
人が亡くなる事は誰にも予想できませんし、時期を選ぶ事は不可能です。
もちろん年末年始でも「その時」がくる可能性はあります。

年末年始でも葬儀社は営業している事が多く、営業まで行かなくても誰かしら連絡係がいますので、まずは葬儀社に連絡する事が大事です。

注意すべき点は葬儀社と連絡がついても火葬場は12月30日~1月3日まで休業している場所が多いので、葬儀は1月4日以降に行う事が通例となります。
葬儀までの時間は葬儀社に遺体の保存処理をしてもらったり、遺体安置所で保管してもらうなど色々な手配が必要になりますので年末年始でも連絡は必須です。
火葬場の空き状況を確認しなければ葬儀日程も組めませんので、葬儀社から火葬場へ連絡してもらうように手配します。

菩提寺の住職や宗教家との連絡次第では1月4日よりも先になる可能性もありますので、親戚などへの連絡で忙しいかもしれませんが遺族は無理をしないように体を労わる事が大切です。

葬儀内容は年末年始だと特別になるの?

葬儀内容は年末年始でも通常の時期と同じです。
年末年始で「おめでたい」時期だから何か特別な事をしないといけないのでは?と考える遺族の方がいますが、基本的に内容が違う事はありません。

通夜・告別式の一連の流れを執り行いますが、「おめでたい空気」を害さないように家族だけで密葬をして4日以降に本葬をするケースもあります。
年末年始で参列者が少ないからと密葬で済ませた後、4日以降に弔問客が多く訪れる可能性があり遺族が休めずに困る事を想定して、本葬をするのかしないのかも良く考える事が大事です。

年末年始だからと言って割り増しの特別料金が必要になるのでは?と心配する遺族がいますが、葬儀を土日に行うケースが多く基本的に日柄で葬儀料に割増料金が掛かる事はありません。
ただし通夜振る舞いで出される料理は年末年始で材料も割高になりがちで割り増しになる可能性がありますので確認は必要です。

年末年始にあるトラブルを想定しておく

年末年始は金融機関が閉まっており、ATMも休止するケースがあります。

葬儀費用は葬儀当日から1週間以内に現金で支払ったり、クレジットカードで支払える業者もいますので葬儀費用に関して慌てる必要はありません。
しかし住職や宗教家への読経料・お車代など葬儀当日に現金で渡さなければいけない費用があるので、前もって準備しておきます。

年末年始は悪天候が予想されますので、交通網をチェックしたり参列者が寒くないようにひざ掛けを準備するなどの心配りが必要かもしれません。
年末年始は通常と違うトラブルが隠れているかもしれませんので、葬儀社と良く相談してアドバイスを受ける事が大事です。

年末年始でも役所で死亡届は提出できますし火葬許可証も受け取れますので、手続きとして問題になる事はありません。
葬儀は急いでしないといけないと思っている遺族がいますが、年末年始で時間に余裕があれば「別れの時間」までゆっくりと過ごすメリットもあります。

住職や宗教家への連絡は大事

年末年始はお寺の住職や宗教家にとっても忙しい時期です。

読経や宗教的な儀式をお願いするなら、早めに連絡を取る必要があります。
葬儀の日程は住職や宗教家のスケジュールに左右されますので、葬儀社に連絡する前に「亡くなった旨」の報告だけでもしておいた方が無難です。

分家でまだ菩提寺がない場合は葬儀社に相談して同じ宗派の住職にお願いする事も視野に入れます。
墓があっても霊園などで馴染みの住職がいない場合も同様で、読経をお願いするなら葬儀社と打ち合わせしておくべきです。

住職や宗教家への連絡が終わっても、親戚や友人知人に連絡する事が重要になります。
年末年始で「おめでたい空気」を害したくないと思うかもしれませんが、連絡しても直ぐに来れないと分かっていても連絡・報告は大事です。
住職や親戚関係は同じように大事な人間関係ですので、決して失礼のないように接しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

一般的な葬儀の流れ【5】火葬・精進落とし

一般的な葬儀の流れ【5】火葬・精進落とし
告別式が終了すると、火葬場へと故人が運ばれます。告別式を行った場所(斎場)から火葬場へ送り出すことを出棺と呼びます。
棺を閉める前に、いくつかの儀式があり…

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~

葬儀に必要な世話役の仕事~進行係・受付係・会計係~
一般的に、日本の葬儀には喪主という人が存在します。
喪主とは、いわば葬儀の主催者兼遺族の代表です。
どこのお寺で、どの葬儀社に頼むか、親戚への連絡、葬儀の…

【火葬のマナー】棺に入れて一緒に火葬していいものといけないものの区別は?

【火葬のマナー】棺に入れて一緒に火葬していいものといけないものの区別は?
火葬の際に、故人が寂しくないようにと、思い出の品や故人が好きだった食べ物などを棺に入れようと思う方々がいらっしゃるかもしれませんが、実は棺に入れてもいいものと…

意外に知らない!?【もしもの時、遺体の安置はどうすれば?】

意外に知らない!?【もしもの時、遺体の安置はどうすれば?】
人が亡くなるとまず末期の水を行い鼻や口に綿花を詰め、体をアルコールなどで拭きます。その後着替えや死化粧といった一通りの処置を終えたら、亡くなった病室から霊安室…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.