Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

寒中見舞いはいつ出すのが正解!?【寒中見舞いを出す時期や例文】

喪中に年賀状をいただいてしまった場合

寒中見舞いはいつ出すのが正解!?【寒中見舞いを出す時期や例文】
自分が喪中である場合には、毎年年賀状をいただいている人に先に喪中ハガキを出して知らせておく必要があります。
しかし、先に年賀状をポストに投函してしまった人や喪中であることを知らなかった人になれば、昨年と同じように年賀状が届いてしまうこともあります。
いただいた年賀状の返事として自分も年賀状を書くことはできないので、寒中見舞いとして手紙を出すことになります。

寒中見舞いは、年賀状が届いたらすぐに準備をして出すようにします。
「寒中お見舞い申し上げます」という文で始め、寒さが厳しくなってきたけれども皆さんはお変わりがありませんか、という相手やその家族に対しての言葉を入れます。
その後には、本題でもある年賀状を出せなかった理由を入れます。

故人の名前と自分との続柄を入れて、年始のご挨拶を控えさせていただいたという旨を伝えます。
最後には、今年も宜しくお願いしますの言葉でしめるようにします。

相手が喪中なのを知らずに年賀状を出してしまった場合

喪中であることを知らずに、相手に年賀状を出してしまったということもあるものです。
そんな時には、自分が出した年賀状の返事として相手からは喪中ハガキが届くことになるでしょう。

いただいた喪中ハガキの返事として、電話で失礼なことをしたという連絡を入れるのもいいですが、毎年年賀状だけのやり取りで相手の電話番号も知らないという人であれば連絡を取ることができません。
しかし、寒中見舞いという形で出すことができます。

「寒中お見舞い申し上げます」という文の後には、ご逝去のことをわきまえずに年賀状を出してしまったことを深くお詫び申し上げますというような反省の言葉を入れます。
そして、遅くなったけれども故人のご冥福をお祈りしているという言葉を続けます。

寒中見舞いは、寒さが厳しくなってきた季節の便りとしても利用されているので、最後には寒くなってきたけれども風邪などを引かずにお元気でお過ごしくださいという言葉でしめるようにします。

喪中の方に年頭のあいさつとして

喪中の人から年末に喪中ハガキをいただいたという場合、年賀状を出すことはできません。
しかし、年賀状しかやり取りをしていないような人になれば、二年も連絡を取らないことになってしまいます。
そんな時には、寒中見舞いを出してみるといいでしょう。

寒中見舞いの時期は、松の内が過ぎてから立春までというのが一般的です。
ポストにハガキを投函してから相手の家のポストに届くまでには数日かかることも考慮しながら、寒中見舞いが到着するのが1月8日から2月4日までになるように調整して出すようにします。

もしも立春が過ぎてしまったとしても、2月末までであれば余寒見舞いという形で出すこともできます。
余寒見舞いでは、「余寒お見舞い申し上げます」という文章で始め、あとは寒中見舞いと同じ文章で構いません。
また、寒い地方あてに出すのであれば3月上旬までは寒中見舞いとして出されることもあります。

自分も相手も喪中ではないけれども利用されることがある寒中見舞い

寒中見舞いは、自分が喪中であったり相手が喪中であることを知らずに年賀状のやり取りをしてしまったという場合に多く利用されていますが、喪中の問題がなくても利用されることがあります。

年末年始は、長期的な旅行に出かける人も多いものです。
家族そろって遠方にあるおじいちゃんやおばあちゃんの家で正月を過ごしたり、海外旅行を楽しむという人もいるでしょう。
そんな時には、帰ってきてから年賀状のチェックをすることになり、出していないという人から来ていることもあります。
事情があって1月7日の松の内を過ぎてしまう場合には、年賀状ではなく寒中見舞いとして年始の挨拶を出すことになります。

寒中見舞いで入れる絵柄は、年賀状に使用するような正月らしいものではなく、雪うさぎや雪だるま、梅やフクジュソウなどその季節に合ったものを入れるといいでしょう。
年賀状をいただいたのに返事が遅くなってしまったという陳謝の言葉も忘れずに入れておきます。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お墓がある場合の、納骨の手順とは?

お墓がある場合の、納骨の手順とは?
納骨には期日や特定の日取りなどの決まりはありませんが、お墓を持っているなら仏教の納骨法要は四十九日法要の日に行われるのが一般的です。また仏教のように神道やキリ…

喪中はがきはいつ出せば?【喪中はがきの基本マナー】

喪中はがきはいつ出せば?【喪中はがきの基本マナー】
喪中はがきとは、1年以内に身近な人間が亡くなった時に出すものです。毎年年賀状を送って下さる方を中心に、喪に服しているので年賀状は出せませんとお知らせするために使…

いざというとき慌てないために【大切な人が亡くなった後の必要な届出や手続き】

いざというとき慌てないために【大切な人が亡くなった後の必要な届出や手続き】
死は必ず訪れるもの。しかし、いざその場面に遭遇すると頭が真っ白になってしまいますよね。それがご家族だったらなおさら辛いものです。
しかし悲しみに打ちひしが…

葬儀後に確認を!【高額療養費の請求】

葬儀後に確認を!【高額療養費の請求】
高額療養費制度とはひと月に掛かる外来や入院などを含めた医療費が高額になる場合に該当します。年齢や所得などの区分がありますが、医療費の自己負担額が一定の金額を超…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.