Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

【葬儀・法事の用語】「お斎」とは?「お清め」とは?

お斎とは?

【葬儀・法事の用語】「お斎」とは?「お清め」とは?
「お斎(とき)」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、実際にどのようなものなのかを知らない方も少なくありません。

お斎とは、仏教式の法事や法要が終わった後の食事の席のことをいいます。
法事や法要で僧侶の読経終了後に、参列をしてくれた方々や僧侶に対して感謝の気持ちを込めて食事を振舞うことが行われます。
もちろん集まった人たちが食事をしながら故人を偲ぶ意味合いも含まれています。
お斎を行わない場合は、引き出物やお菓子などと一緒にお料理を折り詰めにして持ち帰ってもらうのが一般的です。

お斎の日程は、初七日(僧侶を招いて還骨法要と一緒に行う)・四十九日(僧侶を招いて納骨・法要と一緒に行う)・初盆(僧侶を招いて法要と一緒に行う)・一周忌(僧侶を招いて法要と一緒に行う)などが目安になっています。
三回忌以降は、大半が遺族や親族のみで行われます。
法事に参加する方が多い場合は、葬儀会社や寺社と充分に打ち合わせをしながら行う方がスムーズに進みます。

お清めとは?

お清めとは、通夜の弔問客に酒食のもてなしをすること、つまり、通夜ぶるまいを意味することがあります。
この席に用意するものはお酒、ビール、ジュースなどの飲物と煮物、天ぷら、巻寿司などからオードブルなど多岐にわたっています。

ただ、一般的にお清めというと、「お清めの塩」を意味することが多いです。
葬儀終了後に、香典返しや会葬礼状と一緒に塩を配られた経験がある方は多いと思います。
これを「お清めの塩」といい、葬儀場から自宅に帰った際に体に降りかけて身を清めるために使用します。

昔日本では死は穢れたものであると考えられていました。そこで自分の身を守るために手を洗ったり、塩を振り掛ける・食事やお酒を飲むことが効果があることとして行われていました。
1960年以降この風習を受けて葬儀社が、会葬の礼状にお清めの塩を同封するようになったのです。

そもそもお清めの塩は神道の考え方で、昔の日本では神道信者が多かったためその習慣が現代に名残として残ったとされています。
仏教では、死は穢れたものではなく浄土の世界で仏に生まれ変わることを意味し、お清めの塩を用いる習慣はありません。
ただ昔は今と違って衛生環境も整っておらず、殺菌や腐敗を遅らせる効果がある塩は重要な意味を持つものだったようです。

法事の流れとお斎のタイミングは?

法要を行う当日は、準備がすべて整った状態で僧侶をお招きするのがマナーです。
一般の参加者は、法要の開始時刻のおおよそ30分から15分くらい前には到着していることが望ましいです。
開始までの時間を利用して、供物料をお渡ししたり遺族へあいさつを済ませることができるからです。

僧侶が座る場所はお仏前に用意し、施主は僧侶の真後ろに座ります。
そして故人との関係が深い遺族から前の方の席に座っていきます。

まず施主が参加者に対して列席していただいたことへの感謝の気持ちを簡潔に述べ、法要が開始となります。
次に、僧侶のほうに顔を向け読経をお願いします。
読経中は、施主を最初に前の席に座っている参加者から順に焼香を行います。
焼香が修了すると僧侶の法話になり、法話が終わってからお斎になる流れです。
僧侶がお斎に参加をされない場合は「お布施」「お車代」「お膳料」をお渡しし、参加をされる場合は「お布施」「お車代」をお渡しします。

「お斎」の際の献杯のマナーとは?

お斎の際には、代表者のあいさつの後に献杯を行います。
故人に杯を捧げて敬意を表すもので、こうしなければいけないという決まりはないですが、挨拶を行うので適当にというものでもありません。
あらかじめあいさつを依頼される場合もありますが、突然お願いされた時も遺族や参加者に対して失礼がないように知っておきたいいくつかのポイントをご紹介します。

お祝いの席で行われる乾杯は、杯を高く持ち上げ大きな声で「乾杯」と言いお酒を飲み干し拍手をします。
献杯はこの逆の所作と考えて良いでしょう。
杯は持ち上げず静かに唱和し拍手も行いません。
また献杯の際のあいさつは、故人を偲んだりお悔やみの言葉を入れるようにしましょう。

献杯は全員が席に着いてから開始します。
なぜなら献杯が済むまで食事に手をつけないというルールがあるからです。
お酒が入った杯を故人の位牌の前に置き、施主のあいさつ・代表者の献杯のあいさつ・お斎の流れになります。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

葬儀と花、香の人類史

葬儀と花、香の人類史
葬儀と花の関係性は古く、約5万年前のネアンデルタール人のシャニダール遺跡から埋葬された骨とヤグルマギクとノコギリソウの花粉が発見されたことから始まっています。 …

葬儀の日程はどのように決めればよい?なぜ友引は避けるのか?

葬儀の日程はどのように決めればよい?なぜ友引は避けるのか?
友引という言葉を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。そもそも友引は古代中国の戦の占いに使用された考え方です。時刻の吉凶を定めたものが、日の吉兆…

【有名人の葬儀の場所】どこで葬儀をあげたか?

【有名人の葬儀の場所】どこで葬儀をあげたか?
有名人の葬儀告別式を挙げる場所といえば、港区南青山にある青山葬儀所が有名です。蜷川幸雄さんの葬儀もこちらで施行されました。これまで数多くの有名人が同所で通夜を…

【葬儀の棺の最新事情】入棺体験も人気!

【葬儀の棺の最新事情】入棺体験も人気!
高齢社会を迎えている日本、人生の最期をどのように締め括るのか、生きているうちから考えていこうと終活が盛んとなっています。終活のひとつとして人気があるのが入棺体…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.