Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

喪服の色は黒?白?

古代喪服は白かった

喪服の色は黒?白?
ご葬儀や法要などに参列するときに着る服装は、今日黒色洋装が主流といわれます。普段でも黒い洋服を着ていると「喪服を着ているみたい」といわれるくらい、喪服=黒というのが定着していますが、喪の色=黒というのは歴史上浅いことをご存知でしょうか?

日本における喪服の歴史は、実は白色が主流でした。「随書和国伝」や「日本書紀」などに記録が残されています。もともとは中国から文化的影響をうけ、定着していったようですが、「素服」といって白い喪服を着用していました。

平安時代の色彩の認識として白色は聖なる色、最高の色、中心の色として人々に思われていたのです。当時の人々はお葬式を神聖なものと考えて、最高の色をまとって亡き人への最高の敬意を表していたのではないでしょうか。

その後も喪服といえば「白小袖」というふうに武家社会になっても白装束が喪服とし定着していました。切腹のシーンや残された奥方の白装束の姿はよく時代劇などの一場面として目にすることも多いのではないでしょうか?

喪服が黒くなったのは明治から

喪服の色が黒になったのは、以外と最近で明治になってからです。明治5年、官人の洋装が義務付けられたことに始まります。

国葬などの際に官報で「喪服の心得」が通達され、それらによると貴族など上流階級の者の黒ネクタイと手袋の着用、女性の洋装喪服が黒と定められています。文明開化とともに西洋流のブラックフォーマルが日本に入ってきたのです。

その後大正~戦前までは日本伝統の着物に喪服の色の黒を取り入れ、紋付羽織袴、黒紋付に黒帯を喪服として着用していました。
黒紋付は日本伝統の喪服のように思っていたのに、案外明治以降に出来上がった新しいものだったのですね。

戦後は物資のない時代で、汚れの目立たない黒い洋服が黒い喪服として庶民の暮らしに定着してきました。

お通夜でも喪服?

お葬式といえば誰でも黒い喪服を着ていくものと最近ではお通夜であっても喪服を着用されている方が多いですが、以前はお通夜は親族のみが着用し、一般会葬者は通夜に喪服を着ることは失礼にあたるとされていました。

死亡の知らせを聞いてとるものもとりあえず駆け付けたという意味で平服に黒ネクタイ程度で許されていたのです。

しかし現在では葬儀も法要もすべて黒い喪服ですませてしまうことが多くなってきております。フォーマル=高貴な色=黒というイメージが定着しているのですね。

葬儀でも平服?

最近のお葬式では宗教色をなくして明るく故人様を送りたいと考える方も多くなってきています。中には「喪服でなく明るい服装で」というドレスコードを用いてご葬儀を行う方もでてきております。

大切なご家族を弔う気持ちはだれでも同じですが、「故人様だったら、こんなお葬式をやっていただろう」とか「故人様の喜ぶような式を行いたい」などと思いをこめて、今までの風習にとらわれない新しい葬送を考える方が増えてきています。

喪服=黒という時代も少しずつ変化してきているのでしょうか、葬儀に対する考えが変化してきている昨今、喪服に対する感覚も変化をしてきている時期なのかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

意外に知らない!?葬儀の「髪型」マナー

意外に知らない!?葬儀の「髪型」マナー
お葬式に参列する際は、急な場合もあり気が回らないこともありますが「髪型」についてもマナーがあります。
葬儀や葬式で髪の毛を束ねる時などに使用するヘアピンやヘ…

【葬儀のマナー】子どもの葬儀の服装はどうすれば?

【葬儀のマナー】子どもの葬儀の服装はどうすれば?
乳幼児は可能なかぎり、葬儀などフォーマルな場には列席させないほうが無難です。しかし、特に亡くなった人がその子を可愛がっていたおじいちゃんやおばあちゃん、あるい…

無宗教の葬儀に参列する際のマナー

無宗教の葬儀に参列する際のマナー
一般的に、人が亡くなると故人を悼んで葬儀が営まれます。葬儀には家族や親戚・知人・友人など、生前故人と関わりのあった人が参列し通夜や葬儀・告別式を大きな規模で行…

知っていますか?葬儀・お葬式の「靴のマナー」

知っていますか?葬儀・お葬式の「靴のマナー」
葬儀・葬式では男性は黒色のスーツ、女性は黒色のワンピースやアンサンブルなどの喪服を着ていきます。
しかし、足元まできちんと気を配っていますか?
いくら服装…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.