Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

訃報を【葬儀の後に知った場合に】するべきことは

葬儀後に訃報を知ったらお悔みにいきましょう

訃報を【葬儀の後に知った場合に】するべきことは
何らかの事情で葬儀後に訃報を知った場合、一般的な対応としてはお悔みをしにご自宅へ弔問する方法があります。
まずは電話を差し上げて、葬儀に参列できなかったことをお詫びしつつ、弔問へお伺いしてもいいかを尋ねてください。

葬儀が終わってもご遺族は様々な対応に追われている上、また肉体的にも精神的にも疲れ切っている方も少なくありません。
もしも「お気持ちだけで十分ですよ」と断られるようであれば、無理に押しかけるようなことはしないでください。

弔問にお伺いすることになった場合は、少なくとも香典を持参しましょう。
なお、熨斗に書く言葉は、宗派や時期によって異なるので注意が必要です。
宗派が全く分からず、確認することも難しい場合は「御香典」としておくと良いでしょう。
お渡しする金額は葬儀に参列する際と同額で問題ないので、自分と故人の関係性から判断します。

更に丁寧にするのであれば供物を差し上げると良いでしょう。
仏式であればお線香やロウソク、お菓子となりますが、神式やキリスト教系の場合は果物や生花などをお渡しするケースもあります。

葬儀の後に知った訃報。遠方の場合は?

葬儀後の訃報について知ったけれど、遠方でお伺いすることが難しい場合、あるいは連絡をしたけれども弔問をご辞退された場合は、どうしたらいいのでしょうか。

そんな時は、お悔みの手紙を添えて香典をお送りすると良いでしょう。
気を付けたいのは香典を送る方法です。
現金を郵送する場合は普通郵便等で送ることはできず、必ず現金書留で郵送してください。

また、郵送だからといって香典袋を用意しなくていいということはありません。
郵便局に行けば熨斗も入る専用封筒がありますので、きちんと用意してください。
通常、手でお渡しするのと同じように、表書きと中書きをきちんと書いて、それをお送りしましょう。
また、中書きに自分の名前や金額を記載しない人もいるかと思いますが、受け取った側の立場からすると、どなたから幾ら頂いたかを管理する時に便利なので、書いてないのは大変に不便です。

お悔みの言葉は、故人を偲ぶ文章をしたためれば問題ありません。
訃報を後から知ったことについてと、遠方という理由で弔問できないのであれば、それに対してお詫びの言葉を添えるとスマートです。
なお、縁起が悪いとされる忌み言葉や「追伸」などを使わないように気を付けてください。

四十九日が過ぎてから訃報を知った場合は?

香典返しは、香典を頂いた喪主が、一般的には忌明けとされる四十九日の法要を終えた後、香典を頂いたお礼としてお送りするものです。
反対に、香典返しを送り終えたと想定される四十九日の法要すら済んで、故人の訃報を知った場合、どうすべきなのでしょうか?

訃報を伝えないというのは様々なケースがあります。
故人の意向によって家族葬で行った、何らかの手違いがあって伝えられなかった、自分自身が出張などで連絡がつかなかった、など多様です。
このため、具体的には相手の事情や自分との関係性によって対応を検討します。

もしもご遺族が、仰々しい香典などを不要と考えているようであれば、お悔みの言葉だけでも十分でしょう。
亡くなられたのが友人のご家族などであれば、そのような対応をすることも珍しくありません。
ただ、自分の都合で訃報のご連絡を受けられなかった場合は、何よりもまず、できる限り早く弔問のご連絡を差し上げた方が良いでしょう。
四十九日という区切りを迎えていた後に、後から駆け付けるということは全く珍しいことではありません。

喪中はがきで初めて訃報を知った場合は

年末も迫る頃、喪中はがきを頂いて初めて訃報を知るというケースも珍しくありません。
特に、たまに会う友人や同僚といった間柄の人であれば、わざわざ葬儀に来て貰うのも申し訳ないということで、あえて知らせないでおくという考え方をする人も多いです。

こういった場合、相手もあえて連絡をしなかったのに、今更どうしたらいいの?と迷う方は少なくありません。
結論から言えば、故人の方と自分のつながりがどの程度あったかで判断することが一般的です。
特に面識のない親族の方などであれば、香典などをお送りすると相手に気を使わせてしまう可能性が高いでしょう。
ただ、喪中はがきという形であるとは言え、連絡があったわけですので、電話やメール、あるいは寒中見舞いといった手段で相手に対してお悔みの一報入れておくと良いでしょう。

故人が友人のご両親だったなどであれば、電話などでお悔みの連絡を入れ、弔問や香典についてお伺いしていいか聞いてみましょう。
相手も弔問でなくてもいいから会いたいと言うこともありますので、何よりもまず連絡を取ることが一番です。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【身内や親族、近親者の訃報を受けた場合】確認することや立ち居振る舞いのマナーは?

【身内や親族、近親者の訃報を受けた場合】確認することや立ち居振る舞いのマナーは?
生きている限り、いつか人間には死が訪れます。
身内や近親者の突然の訃報を受けたときには、最期のお別れを正しいマナーでお伝えしましょう。

遺族から訃報…

「キリスト教」の葬儀に参列するときのマナー

「キリスト教」の葬儀に参列するときのマナー
キリスト教系の葬儀に参列することになった時、多くの人は戸惑いを隠せないことでしょう。仏教形式のものとどこが違い、どんなマナーに気を付ければいいのか分からないか…

「妊娠中に葬儀には参加すべき?」妊婦が葬儀に参列する際の注意点は?

「妊娠中に葬儀には参加すべき?」妊婦が葬儀に参列する際の注意点は?
妊娠中でも、親しい人や親族が亡くなってしまい、葬儀に参列する機会がくる事はあります。

故人を偲ぶ気持ちがあっても、体調の問題は大きく周囲に心配をかけて…

急なお通夜に参加する場合に知っておきたいマナー

急なお通夜に参加する場合に知っておきたいマナー
元々通夜とは、亡くなった方との別れを惜しむ儀式です。告別式や葬儀が執り行われると、故人と過ごす時間を多く取ることは出来ません。
また、葬儀は地域住民全員が…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.