Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

知っておきたい!「火葬場」でのマナー

火葬場でのしきたりは?

知っておきたい!「火葬場」でのマナー
日本の埋葬は火葬が中心なので、葬儀が終わったら火葬場に行くことになります。火葬場に同行できるのは、遺族と近親者、そして故人と特に縁の深かった人です。近親者ではなくとも特に縁の深かった人に遺族の方から同行を誘うこともありますが、火葬場まで同行したい人は自分から遺族に同行を願い出て交渉しておきましょう。逆に誘われたけれど都合が悪ければ、丁重にお断りするのは失礼ではありません。
霊柩車がまず先頭に、その後を遺族や近親者達が乗るお供車が続きます。霊柩車は運転手と葬儀会社の人が乗りますが、喪主も同乗する場合もあります。僧侶が同行する場合は、喪主と同じ車に乗ります。車に乗り込む順番は、故人と関係が深い順です。
火葬場に行くとき、忘れてはならないのが火葬許可証です。これがないと火葬を受け入れてもらえません。あらかじめ葬儀会社の人に預けておいて火葬の前に渡してもらうのも一つの手段です。また、その際には心付が必要な場合もあるので葬儀会社の人などに相談して必要ならば用意しておきましょう。
火葬は1時間程度かかりますので、通常火葬場に控室が用意されてあります。同行者はここで待つことになりますが、1時間も無沙汰に過ごさせることがないよう、お茶や軽食があるか確認し、なければ手配します。

火葬場に行かない人がすべきこと

葬儀が終わり、遺族や近親者は火葬場に行くことになりますが、そのうちの何人かは出棺を見送ったら葬儀会場に残ることになります。遺骨を迎える準備、精進落としの準備と、火葬場から戻ってきた人のために清めの塩と水の準備をしなければならないからです。
精進落としは、本来は四十九日の法要後、忌中が明けて肉や魚を口にすることを許されるようになったことを祝って食事を出すものでした。しかし、現代では四十九日の法要をするまで肉も魚も口にしないというのは非常に難しいため、葬儀後に僧侶や遺族、近親者などの関係者を持て成す宴席を指すようになっています。
火葬が終わり、遺骨を抱えた喪主を先頭に関係者が戻ってきたら、留守番役は、玄関に入る前に関係者の手に柄杓で水をかけ、塩をまいてあげます。ただし、この水と塩で清める行為は宗派によって行うかどうかも違いますので、故人や関係者の宗派を確認して、必要ないと言われたら無理に行なうのは止めましょう。

近年広まっている直葬とは?

近年では、葬儀をせずに身内だけで火葬をする直葬が増えています。核家族が増えて親戚づきあいがほぼない、特定の宗教との付き合いが希薄、そして葬式を出すのに比べて経済的負担が小さいといった理由から都市部を中心に広まり始め、今では地方でも直葬を選ぶケースが見られるようになりつつあります。
しかし、直葬を選択したからと言って、葬送のマナーを全て無視して構わないかと言うと、そうではありません。たとえば、葬式には喪服を着て参列しますが、直葬であっても喪服や黒いスーツなど服装で故人に対する弔いの気持ちを表現するのは大切なことです。
また、故人に関係の深い人に全く連絡をしなかったことで後でトラブルになったり、通夜や葬式をしないことで弔問客がバラバラに来て却って遺族の心が落ち着かないケースもあります。そして、もしも寺に墓地を持っているのであれば、あらかじめ寺院に直葬をしたい旨を交渉する必要があります。宗教的儀式を経ずに敷地に遺骨を入れることを嫌がる寺院もあるからです。

マナーは誰のためにある?

火葬場や葬儀のマナー、葬式を出さない直葬でさえマナーがあり、全て覚えようとしてもとても覚えきれるようなものではないと感じる人は多いでしょう。更に宗派のことを考えたら、無限大にさえ思えるかもしれません。
しかし、葬儀に出なければならないから最低限覚えたというマナーでも、実は構わないのです。最も大切なのは、故人に哀悼の気持ちを表し、遺族と分かち合うことです。
家族が亡くなって悲しんでいる人の前で、派手な服装をしたり、騒いだりする人はそうそういないでしょう。遺族と一緒に悲しみ、故人の冥福を祈るのが第一歩です。葬儀の中で、多少マナーに則っていない点があったとしても、よほど失礼なことでなければ大抵の人は突然のことに動揺しているのであろうと気にせずにいてくれます。それよりも、すぐに駆け付けてくれた、心あるお悔やみの言葉を遺族にかけてくれた、などの方がとても大切です。完璧に覚えているに越したことはありませんが、多少マナーでミスをしても、心の籠った振る舞いを心がけましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

急なお通夜に参加する場合に知っておきたいマナー

急なお通夜に参加する場合に知っておきたいマナー
元々通夜とは、亡くなった方との別れを惜しむ儀式です。告別式や葬儀が執り行われると、故人と過ごす時間を多く取ることは出来ません。
また、葬儀は地域住民全員が…

葬儀の受付係になったらおさえておきたい基本マナー

葬儀の受付係になったらおさえておきたい基本マナー
突然の葬儀の手伝いに駆り出され、受付を任されるといったケースがあります。しかし突然任されるものですから、きちんとした受付のマナーを知っている人は意外と少ないも…

【葬儀・葬式の挨拶】喪主・遺族編

【葬儀・葬式の挨拶】喪主・遺族編
故人が亡くなった後は、悲しみに暮れる暇もなく葬儀の準備に取り掛からねばなりません。特に喪主になられる方は、故人の配偶者や長男長女であることが多く、人生のうちに…

【葬儀のマナー】妊婦の葬儀参列は?

【葬儀のマナー】妊婦の葬儀参列は?
妊婦は葬儀に参列しない方が良いといわれることがありますが、マナーの観点から見ると、このような決まりはありません。
ただし、妊娠中はつわりで体調を崩したり、出…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.