Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

事前に準備しておきたい「遺影写真」

遺影写真の必要性

事前に準備しておきたい「遺影写真」
人間は誰でもいつかは死を迎えるものであり、その時は誰にも分からないものです。死ぬことは恐ろしいことですが、いずれは必ずやってくるものです。それゆえ可能なら死に備えておくのが、周囲に対して配慮ともなりますし、自分自身が抱える不安も軽くなることがあります。特に高齢者の場合は年齢によっては死と隣り合わせと考えても良く、いずれやってくるその時に備えておきましょう。
では何をすればいいのでしょうか?最近、注目されているエンディングノートに必要なことを書き記しておくことも重要になってきますが、それよりも簡単にできることとして、「遺影写真」を用意しておくことをおススメします。
自分の最期を飾る大切な写真となりますので、なるべく綺麗に撮影し自分らしい姿をのこしておくのがいいでしょう。縁起でもないと思われるかもしれませんが、準備ができるうちに用意しておけば心配事が減り、後悔しないで済むこととなります。

生前に気持ちよく行うために

「遺影写真」が必要だと分かっていても、生前に用意するのは縁起が悪いと思うものでしょう。死に関する事柄は、本人だけではなく家族にとっても、必要であっても口に出すことが憚られるものです。それゆえ自分から行動を開始することがよく、周囲に対して負担をかけない方法となります。
最近は死について考えることが多くなっていて、エンディングノートをはじめとして、自分の死後のことを考えて準備をしておくことが必要とされてきています。そのための企業主催のサービスもあるので積極的に利用するのがいいでしょう。
遺影写真だけではなく遺言書作成のサービスなどもあり、死後の憂いがなくなり、余計な後悔や未練を残すことなくあの世に旅立っていけるようになるはずです。できることは生きているうちにやっておくこと、死がいつやってくるか分からないからこそ、元気に動けるうちに準備することが求められるのです。

遺影撮影会を利用してみよう

しかし必要だと分かっていてもなかなか踏み切れないのが「遺影写真」の準備であり、信心深い人ほど縁起を気にしてしまうはずです。そんな時はいっそのこと家族全員でイベントにするのもよく、遺影撮影会がおすすめになっています。
遺影撮影会とは聞きなれない言葉に思えますが、その文字通り、「遺影」を撮影する会であり、家族がそろって写真館で行ったり、場合によっては自宅でカメラを使って撮ることもあるのです。推奨するのは写真館で、プロのヘアメークアーティストによって綺麗に整えてもらえるので、素敵な写真を撮影できます。
遺影写真は葬儀の時に使われるだけではなく、家族の思い出として自宅で飾ることもあり、可能なら自分自身が納得した一枚としたいものです。そのためにはプロの力を借りるのが良く、さらに皆が集まることによってイベントになって盛り上がりますので、こういったものも思い出のひとつになってくれるのです。

遺影撮影会に参加する前にチェックすべきこと

終活という言葉が一般化してから、数多くの企業が関連サービスの導入を行うようになりました。それを受けて遺影撮影会なども多くなり、選択肢が増えています。
そんな時にどういったポイントをチェックすればいいのでしょうか?遺影写真として使用することを考えれば、撮影データをデジタルデータとてももらえるのか、焼き増しは簡単にしてもらえるのかなどは確認しておきましょう。また、費用に関しては、撮影カット数や写真のサイズによって異なってきますので、詳しい内容を押さえたうえでどの遺影撮影会に参加するか検討しましょう。
葬儀の時にもっとも目を引くことになる遺影写真、そして、それ以上に家族にとっては形見となるべき大切なものとなるので、遺影に関してはある程度の費用をかけ、納得の1枚を準備しておきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【葬儀の棺の最新事情】入棺体験も人気!

【葬儀の棺の最新事情】入棺体験も人気!
高齢社会を迎えている日本、人生の最期をどのように締め括るのか、生きているうちから考えていこうと終活が盛んとなっています。
終活のひとつとして人気があるのが入…

思い立ったらできる「終活」は?

思い立ったらできる「終活」は?
終活は、自分の人生の終わりを迎えるにあたり、身辺整理や悔いのないようやっておきたいことの整理、また相続などが上手くいくようにあらかじめ詳細を取り決めておくなど…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.