Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

相続でもめないための「家族会議」

相続トラブルの予防に役立つ家族会議

相続でもめないための「家族会議」
人が亡くなった後、トラブルが起きるケースがあります。その要因の一つであるのが、相続です。金銭に関わることとなると、何かと問題が起きやすいです。人が亡くなると、その所有財産は関係者に分けられます。しかしそこで、関係者同士のいざこざが起きがちです。
そこでこのようなトラブルを避けるため、相続の家族会議を開催するのが有効です。事前にきちんとした話し合いを行っておけば、後で意見の食い違いが起きる可能性が減らせます。
相続の家族会議を成功させるための秘訣として、関係者の全員参加を心がけるのが大切です。家族会議に参加する人やしない人がいると、そこで問題が起きる素となりやすいです。関係者が平等に意見を発言できる場を設けることで、死後に起きがちな相続の問題は解消できます。相続の権限を持っている関係者の存在をまずは整理したうえで、家族会議の開催計画を立てる必要があります。

遺産の整理や遺言の内容の確認が家族会議では大切

相続のいざこざを解消するための家族会議を開くには、会議の議題をきちんと意識するのが大事です。会議で話し合うテーマがはっきりしていなければ、たとえ会議を開催したとしてもトラブルの種は解消できません。
まずは、遺産や遺品にどのようなものがあるのか、全てをピックアップするのが重要です。所有者の財産が相続関係者に分配されるため、全ての遺産や遺品の存在を理解しておかなければなりません。動産や不動産がその対象となります。
また、相続の取り決めは、遺言の内容により影響を受けます。相続は所有者本人の意思により行われるのが基本であり、遺言の効力は非常に大きいです。このことから、家族会議で話し合い決定した事項が、きちんと遺言の形で残されるかが重要です。遺言の対象に当てはまらない遺産については、法定相続分の対象にあたります。また、遺言書をどこに保管しておくのか、その存在を明らかにするべきです。

相続の家族会議で頼りになる弁護士の存在

相続に関して揉め事がある場合、その状況を整理し適切な法手続きを踏むため、弁護士によるサポートを利用する場合がよくあります。このことから、相続について話し合う家族会議についても、弁護士への相談や立会いを行ってもらうと、より確実です。相続は法と深い関係があり、無視することができません。
そこで、法の専門家である弁護士からアドバイスを受けられると安心です。財産を受けることができる権限や分配の方法について、法律家としての観点から助言が得られます。また遺産の所有者がなくなった後のサポートが弁護士から受けられ、家族会議の段階から弁護士にも参加してもらうと確実です。
加えて、遺言書の書き方についても、弁護士が持つ専門知識が役立ちます。遺言書がその効力を発揮するには、必要な条件を満たしていなければなりません。弁護士がいれば、家族会議での決定事項を確実に遺言書に反映できます。

家族会議や相続に先駆けて身につけたい相続の情報知識

世の中で、相続でトラブルが起きるという話がよく聞かれます。そのような問題を避けるためには、財産の所有者や分配を受けられる権利者たちも、確かな知識を持たなければなりません。正しい理解があれば、権利者同士が揉める問題はできるだけ解消できます。
そこで家族会議の開催に合わせて、相続に関する情報収集を行っておくと安心です。過去の事例を調査したり、相続の家族会議に関するセミナーに参加するのも方法です。適切な知識を持ってこそ、正しい判断や行動ができます。
これらの準備には、多少の手間や労力はかかります。しかし、後で相続が原因となってトラブルが発生し、家族間での険悪な人間関係に陥るリスクを考えるなら、このような事前の対策は価値があります。お金に関することは何かと問題が多いだけに、正確な知識を持って家族会議や将来の相続に挑むのが大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

他人事ではない!?【相続トラブル実例】

他人事ではない!?【相続トラブル実例】
裕福な家庭に限らず、一般家庭でもよくあるのが相続トラブルです。それまでは疎遠だった親戚が訪ねて来たり、兄弟が挙動不審になったりと、様々なトラブルが相次いでいま…

知っていますか?「相続問題」の相談先はどこ?

知っていますか?「相続問題」の相談先はどこ?
相続に関する悩み事は、突然起こる場合が多々あります。普段から相続について意識していないと、対処の準備が十分にできていません。そこで、いざという時に役に立つよう…

知っておきたい!「相続トラブル」回避法

知っておきたい!「相続トラブル」回避法
ある程度の年齢に達した時又は定年を迎えたり、孫が生まれたりなど人生の分岐点に差し掛かった時に子供に遺す財産について考え始めます。しかし死後子供達がせっかく遺し…

【配偶者が亡くなった場合に】配偶者の親族のつきあいをなくしたいときはどうすれば?

【配偶者が亡くなった場合に】配偶者の親族のつきあいをなくしたいときはどうすれば?
配偶者が亡くなった時、その親をはじめとした親族の扶養義務は発生するのでしょうか。そもそも、生活のために経済的な援助を必要としている人を扶養する義務を負うのは、…
pagetop
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.