Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

平成27年「相続税」改正の簡単ポイント

基礎控除に関する改正

平成27年「相続税」改正の簡単ポイント
平成27年1月1日より相続税の税制が改正されましたが、そのポイントの一つ目が、基礎控除の改正です。
これまで、相続税は5000万円+(1000万円×法定相続人の人数)を超えなければ申告をする必要がありませんでした。
しかし、平成27年1月1日からは、3000万円+(600万円×法定相続人の人数)を超えた場合には、相続税の申告が必要となります。
たとえば、1億円の財産を、奥さんと子供2人で分けることになった、という場合を考えてみましょう。
これまでは、5000万円+(1000万円×3人)という計算になるので相続税の申告をするのは1億から8000万円引いて、残りの2000万円の部分についてでした。
しかし27年1月1日以降は3000万円+(600万円×3人)という計算になりますので、1億から4800万円引いて、残りの5200万円について、相続税の申告をすることになります。

改正があったのは相続税だけじゃない

相続税が事実上増税になったのなら、贈与することによって税金負担を少しでも軽くしよう、という考えになる方も多いでしょう。
しかし、ちょっと待ってください。実は、贈与税も改正が行われており、それをよく確認してから贈与を行ないましょう。
まず、贈与をする人、される人の適用範囲が広がりました。これは、贈与を考えている人にはとても有利になるポイントです。
贈与をする人は65歳以上から60歳以上に変わり、贈与をされる人は、これまで推定相続人だけだったのが、贈与をする人の孫も含んで良いこととなりました。
また、税率も変更されました。300万円以下の贈与をする場合はこれまでと変わりませんが、300万円から3000万円までの財産を親や祖父母から贈られた場合の税率はこれまでと比べて最大10パーセント下がります。
親や祖父母以外から財産を贈られた場合以外の贈与も、1000万円から1500万円の間であれば5パーセント軽減されます。

相続税の税率構造の改正

贈与税の税率だけではなく、相続税の税率も改正されています。
贈与税の方は、軽減される割合の方が大きかったのですが、相続税の方は、大きな金額を相続させようとすればするほど増税される、という形になりました。
2億円から3億円の相続の場合、平成26年までの税率は40パーセントでしたが、平成27年1月1日からは45パーセントに税率が引き上げられています。 また、6億円を超える資産を相続する場合の税率は50パーセントから55パーセントに引き上げられました。
ただし、これは各法定相続人の相続額が、という内容ですので、財産を法定相続人の人数で割り算した時の金額が2億から3億、あるいは6億円以上にならなければこれまでと同じ税率となります。
贈与税の改正が軽減の方に動いたことと合わせると、大きな資産を形成している方は、早いうちに少しずつ相続人に贈与して財産の総額を減らしていった方が得になるということでしょう。

控除が拡大するケースについて

最初に、基礎控除が減らされることについて記しましたが、今度は相続税の控除が拡大するケースについてです。
平成26年まで、相続人が未成年者だった場合、相続した時の年齢から20歳までの年に応じて、6万円が控除されていたのです。つまり、15歳の相続人の場合、20歳まで5年ですから、5年×6万円で30万円の控除です。
これが、平成27年1月1日から、10万円の控除に拡大されました。5年×10万円で50万円ですから、20万円分控除額が増えます。
また、障碍者の方の控除も相続した年から85歳までの1年に付き6万円、特別障碍者の場合は12万円だったのが、85歳までの1年に付き10万円、特別障碍者の方は20万円に控除が拡大しています。
そして、小規模宅地の控除面積も拡大されています。
居住用の宅地の控除面積は240平方メートルから330平方メートルに、居住用と事業用の宅地面積の控除が最大400平方メートルまでだったのが、730平方メートルの宅地に対して控除がされるようになりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

知っておきたい!「相続財産」になるものとならないもの

知っておきたい!「相続財産」になるものとならないもの
相続財産に当てはまる財産は非常に多いでです。 祖父母や親が亡くなった時に、どんな財産が相続財産になるのか、そしてその金銭的価値はいくらなのか、ということを理解…

相続税が現金一括納付できないときはどうすれば?

相続税が現金一括納付できないときはどうすれば?
庶民には縁の薄いものだった相続税ですが、税制の改正のおかげでぐっと身近な存在になってしまった、という人も多いでしょう。しかし相続したものが現金以外のもので、し…

相続税対策としての「アパート経営」のメリット・デメリット

相続税対策としての「アパート経営」のメリット・デメリット
相続を考える場合、税の存在を忘れてはいけません。財産を亡くなった人から受け継ぐ場合、その価値などに応じて税金を支払う必要があります。その額は非常に大きいため、…

平成27年「贈与税」改正の簡単ポイント

平成27年「贈与税」改正の簡単ポイント
平成27年1月1日から今迄50%だった贈与税が55%に改正されます。但し、全てが一律55%になるわけではありません。基礎控除後の3,000万円を超えの贈与の場合には、贈与税が上…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.