ARTICLE記事

ARTICLE

介護の強い味方!宅配食事サービスの上手な利用法

投稿日 2016.10.02

在宅介護の負担を減らそう。その一つは「毎日の食事」にあり!

介護の強い味方!宅配食事サービスの上手な利用法 class=
高齢化社会となった現在、在宅介護に取り組んでいる家族の姿は、あちこちで見かけられるようになりました。
しかし仕事などをしつつ行う介護は、決して簡単なことではありません。
長く介護を続けるためには、負担を少しずつ減らしていくという選択も重要です。

その負担を減らすための一つとして、食事を「宅配食事サービス」に頼るという方法があります。
家事を担当してきた女性の中には、「食事くらい自分で作らなくちゃ」と思い込んでしまう人もいるかもしれません。
しかし、個人の好みのみならず、塩分濃度や食べやすさ、栄養価などに気をつけなければならない介護食を、食材から用意して時間通りにきちんと用意するというのは、かなりの負担になってしまいます。
そう言った部分を専門家である「宅配食事サービス」に外注することで、介護者に寄り添う時間などを取れるようになります。

また、「うちの親は足は不自由だけど、そこまで食事の内容には気を使わないから」と言う場合でも、「いざと言う時に便利」なサービスを提供している業者もありますので、ぜひ一度、近隣にあるサービスについて確認してみることをおすすめします。


お住まいの地域で配達可能なサービスを調べる場合はこちら


宅配食事比較サービス

食事に制限がある人などにおすすめの宅配サービスは?

宅配食事サービスで最も手厚いものとして、「5~7食」を継続して提供してくれるというタイプがあります。
週替わりのメニューを提供して貰えるため、飽きることなく食べられる上、中には「減塩タイプ」や「低カロリータイプ」など、食事制限がかかっている人でも安心して利用可能なものがあります。

多くの場合は「御膳」あるいは「お弁当」のような形状で提供されるため、そのまま食事に出すことが可能です。
いちいちお皿に取り出して並べるといった手間がないという点も、時間に追われる介護の際には大変嬉しいポイントなのです。

なお、「日中は仕事などで不在にしがち。親は寝たきりで動けない」という場合、こういった品物は受け取りづらいと感じがちです。
サービスによっては一般の宅配便配達業者を使うもの、専用の配達スタッフが来訪するもの、更に希望に応じて専用の宅配ボックスの利用が可能なところなどがあります。
ライフスタイルに合わせ、より最適なものを選択することができるのです。


お住まいの地域で配達可能なサービスを調べる場合はこちら


宅配食事比較サービス

介護者が自分で調理をしたいと言う場合におすすめのサービスは?

「うちの親は、遠出はできないけれど家の中で動くことはできる」といったケースで介護をしている方も大変多く見られます。
このような高齢者の場合、「自分でできることは、自分で行うこと」が大切であるといわれます。
そうやって自分の意志で行動することが、筋力の衰えなどを防止できると考えられるからです。

そして、その作業の中に「食事を作ること」が含まれていることも珍しくありません。
特に女性の方などは、「ご飯を作らなくちゃ」という使命感が原動力になっているケースも見られます。
そうすると、「お弁当」タイプの宅配食事サービスは、楽しみや生きがいを奪ってしまう形になるので、あまり適切であるとは言えません。

そんな時は、「メインの食事のみ」や「材料のみ」を宅配してくれるサービスの利用がおすすめです。
例えば手間のかかる魚料理や、お店で味わうような洋食などがあることで、食卓が華やかになります。湯せんや盛り付けなどのひと手間がかかりますが、そう言った軽作業が発生することで、調理の一部を担っているような気持ちになることでしょう。
また、食事の量を自分で調整したい高齢者の場合、保存もしやすいので便利です。


お住まいの地域で配達可能なサービスを調べる場合はこちら


宅配食事比較サービス

「どうしよう、間に合わない!」という時におすすめの宅配サービスは?

仕事や育児の傍ら介護に取り組んでいる人にとって、時間は大変貴重なものです。
ところが、予期せぬアクシデントなどによって、物事がスケジュール通りに進まず、「ご飯を作る時間がない!」という困った事態に直面することがあります。

そんな時に大変役立つのが、「一回限りの宅配食事サービス」です。
まず、連続して契約する必要がないので、気軽に注文することができます。
「一般のお弁当や店屋物の宅配と同じでは?」と疑問に思うかもしれませんが、特に高齢者向けサービスの場合は、「食べやすいように、事前に小さく切っておく」や「栄養価などに考慮している」といったオプションサービスを受けられるものがあるのです。

惣菜などを店で購入するというのも手間がかかりますし、脂質や塩分などへの配慮は、宅配サービスならではです。
また、自分自身が体調不良などに陥ってしまった場合なども含めて、時には無理をせず、こういったサービスを受けることがおすすめです。


お住まいの地域で配達可能なサービスを調べる場合はこちら


宅配食事比較サービス

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー

金澤 和央 (カナザワ カズオ)

早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。

[関連リンク]

ARTICLE一覧

入会費・年会費無料

終活に役立つ情報やお得な割引など
様々な特典をご利用いただけます

オハナクラブとは

TOP