Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

葬式や法事などで使う袱紗(ふくさ)の色や使い方は?

袱紗(ふくさ)ってどんなもの?

葬式や法事などで使う袱紗(ふくさ)の色や使い方は?
袱紗とは、贈り物やのし袋を包む袋で、絹製のものです。袱紗は「ふくさ」と読みます。
本来は風呂敷のような形状で贈り物に埃がかかったり陽が当たらないようにという意味合いで使われていたものですが、それがいつしか今のような形状になったと言われています。
袋状になっているものや一枚の布に金封を止める場所が糸で作ってあるものなどがあります。

葬式や法事などで不祝儀袋を出す時には裸のままで出すのではなく袱紗に包んで出すのが日本古来のマナーです。
そこには日本人ならではの「金品をむき出しで渡さない」「相手への言葉では言い表せない気持ち」を含んでいるため、金封を裸のままで渡したり金封の購入時についていたナイロンの袋に入れたまま渡すというのはマナー違反であるとみられます。

袱紗には様々な色があり、赤や桃色、オレンジなどの明るめの色や紫、紺、深緑、灰色などの暗めの色がありますがその色にもきちんと意味があります。

袱紗の色の意味とは?

日本では祝儀と不祝儀で金封が違ってきます。
水引の色も違えば金封の封の仕方もそれぞれ意味があり、それと同じように袱紗にもその場にあった色というものがあります。

葬式や法事などの不祝儀の場で使える袱紗の色は紫、紺、深緑、灰緑、うぐいす、グレーなどの緑や青系の暗めの色になっていますので、その場に合わせた色のものを使うようにします。
2つも持つのは管理や使い分けが大変だという場合には、男性は藍色、女性はえんじ色を持つと祝儀も不祝儀も対応することができます。
男女で分けるのも面倒だから、家族に一つあればいいという場合には、紫色のものを一つ持っておくと男女の区別なく祝儀と不祝儀どちらでも使うことができるので便利です。

急な不幸などが起こって袱紗が準備できなかったという場合にはハンカチを使っても良いとされていますが、その場合には祝儀不祝儀関係なく、デザインが派手だったりフリルが使ってあるものは避けるようにします。

袱紗の使い方とは?

袱紗は袋状のものならばそのまま金封を入れれば良いのですが、1枚の布状になっているものは包み方も重要です。
葬式や法事の場合には袱紗のやや右寄りに封筒を置き、右端、下、上という順に布を折りたたんでいき、左側を折った後に裏へ折り返すようにします。
右側の上下に小さな三角形ができていれば大丈夫です。
祝儀の場合にはすべてがこの逆になるので、マナー違反にならないように包まなければいけません。

袱紗の渡し方は、葬式など自宅以外の会場で行う場合には受付に出します。
受付前に袱紗から出した金封を、受付の人から見て名前が読めるようにして両手で出します。

法事など相手の自宅で行われるもので直接手渡すものの場合には袱紗を相手の目の前で開いてお盆や台の上に置き、直接金封を手渡すことがないようにします。
この時にも相手から名前が読めるようにして渡すのがマナーです。
お盆や台がない場合には、袱紗の上に金封を乗せ、台の代わりにして渡すようにします。

社会人として1つは持っておきたい袱紗

袱紗は祝儀、不祝儀どちらでも金封を手渡すことが当たり前になっている日本の文化では必要なもののため、社会人になって結婚式や葬式などに出席する機会が増えてくる前には一つは準備しておきたいものです。
ネット通販などでも揃えられ、そう高額なものでもありませんので急に必要になって慌てる前に揃えておくようにすると安心です。

特に年配の方の参列が多い傾向にある葬式や法事の場では、細かいことかもしれませんが袱紗の使い方ひとつで相手へ与える印象を大きく変えてしまうことにもなりかねません。
日本に住んでいる限りは一生何らかの席で袱紗を使い、そのマナーが必要になってくるものです。
時代によって多少の変化は生じてきますが、基本的なマナーは変わることはありません。

袱紗のマナーや使い方をきちんと覚えておくことで年齢を重ねてから恥をかくこともなくなります。
思い立ったタイミングで覚えておくようにしましょう。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【葬儀の供花のマナー】供花の札名の書き方

【葬儀の供花のマナー】供花の札名の書き方
供花に添える札名は、参列者などに見られます。その際にマナー違反なものになっていた場合、自分や会社の恥になってしまいます。そうならないためにもしっかりとマナーを…

火葬場での火葬の流れ/火葬場でのマナー

火葬場での火葬の流れ/火葬場でのマナー
お通夜や告別式の流れは何となく知っていても、火葬場での流れをご存知の方はあまり多くありません。近年では火葬式と呼ばれる、炉前室や告別室のでお別れや花入れを執り…

意外に多い!?葬儀の喪主の挨拶が必要な場面。それぞれの場面での喪主の挨拶例文

意外に多い!?葬儀の喪主の挨拶が必要な場面。それぞれの場面での喪主の挨拶例文
一般的に葬儀というと、お通夜、葬式、告別式を連想するのではないでしょうか。しかし、喪主として行う場合には、大切な人が亡くなった時から段取りが始まります。そこで…

マナーとして知っておくべき「弔電」の送り方

マナーとして知っておくべき「弔電」の送り方
弔電とは、お葬式に参列できないとき、お悔やみの気持ちを電報によって伝えることです。どのようなときに送るべきかというと、突然の訃報で葬儀に参列することができなか…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.