ARTICLE記事

ARTICLE

知っていますか?「仏壇の処分」ってどうすればいいの?

投稿日 2016.01.30

仏壇を処分する時に知っておきたいこと

知っていますか?「仏壇の処分」ってどうすればいいの? class=
仏壇の処分を考える理由は様々です。少子高齢化が進み、自分の後を継いでくれる子供がいない。引っ越しや老人ホームに入居するため、持っていくことが出来ない。新しいものに買い替えるため、古いものを処分したいなど、人それぞれの事情があります。

では、仏壇を処分するには、どうすれば良いのでしょうか。仏壇は普通の家具とは訳が違います。ちゃんと納得できる手続きを踏まないと、後悔することにもなりかねません。

まず、最初に行っておきたいのは、処分する仏壇が開眼法要されているか確認することです。浄土真宗の場合を除いて、基本的に仏壇には魂を入れる開眼法要が行われています。閉眼法要を行うことで魂が抜かれ、仏壇はただのものに戻るとされます。処分することに不安や後悔を抱かないようにするためにも、閉眼法要を行うことをお勧めします。閉眼法要はお世話になっている菩提寺にお願いするか、近所のお寺にお願いすれば行ってもらえます。

仏壇を処分するために必要な費用

仏壇を処分する前に魂を抜く閉眼法要にも費用はかかります。お布施として支払う金額はお寺によって異なりますが、おおよそ1万円から10万円までが一般的となっています。

閉眼法要が済んだ仏壇は、基本的に”もの”なるので、粗大ごみとして処分することも可能です。地域によって費用は異なりますが、500円から2000円ぐらいが相場となっています。仏壇の大きさによっても費用が変わるので、確認が必要です。少しでも費用をかけたくない、無料で済ませたいという場合は、仏壇を自分で解体して燃えるゴミとして出す方法もあります。

新しい仏壇の購入によって、古い仏壇を処分したい場合には、仏壇を購入する仏具店に相談することをお勧めします。引き取りサービスをしている店や、閉眼法要から処分まで一括で行ってくれる店もあります。新しい仏壇の購入をせずに、仏壇の引き取りだけをお願いできる仏壇店も多くあります。店や仏壇の大きさにもよりますが、おおよそ2万円から8万円ほどかかります。

お寺に処分をお願いする場合

仏壇の処分する方法として、間違いのない方法の一つとしては菩提寺にお願いする方法です。昔から檀家としてお世話になっている菩提寺ならば安心して大事な仏壇を任せることが出来るでしょう。閉眼法要や、お焚き上げなどの供養も行ってもらえる場合もあり、相談にのってもらいやすいのもお勧めする理由です。費用はお布施となり、寺によって異なるため確認が必要です。

お寺での処分を希望するものの菩提寺で仏壇の引き取りをしていない場合は、引き取ってもらえる所を探す必要があります。仏壇の引き取りを行っている所は多くあるので、比較的簡単に探すことができます。その場合でも費用はお布施となるため、お願いする時に事前に相談する必要があります。

あくまでもお布施と言う形のためハッキリとした費用は分かりませんが、だいたい数万円から数十万円と言われています。お布施の費用を確認するのは悪いことではないので、事前に相談するようにしましょう。

仏壇を処分するときの注意点

仏壇を処分する時は、閉眼法要や処分方法など、考えることがたくさんあります。何が自分や個人にとってベストなのか、しっかり検討して決める必要があります。

仏壇処分には、意外と費用もかかります。出来ればあまりお金をかけたくないと粗大ごみに出す場合も、後から後悔しないように必ず閉眼法要だけは検討するようにしましょう。これは、故人のためだけでなく、この先を生きてゆく自分たちにとっても必要なことだからです。

仏壇の中には芸術品とも呼べる装飾の凝らされた価値のある仏壇もあります。そのような仏壇は、閉眼法要をした後でリサイクルショップに売れる場合もあります。

仏壇を処分する時に忘れがちなのが、仏壇の引き出しの中を確認することです。仏壇の引き出しには大切な印鑑や通帳などの貴重品を仕舞っている場合があります。また、位牌や遺影なども仕舞ったまま忘れて処分することも。処分する前に、感謝とねぎらいを込めて丁寧に掃除をすれば引き出しの中をチェックすることもできるのでお勧めです。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー

金澤 和央 (カナザワ カズオ)

早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。

[関連リンク]

ARTICLE一覧

入会費・年会費無料

終活に役立つ情報やお得な割引など
様々な特典をご利用いただけます

オハナクラブとは

TOP