Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

知っていますか?!「分骨」のメリットは?

分骨は現代のライフスタイルに相応しい供養方法

知っていますか?!「分骨」のメリットは?
亡き人の新しい供養方法として「分骨」という方法が注目されています。本来、日本国内では、先祖代々のお墓など、一カ所のお墓や土地に納骨するスタイルが主流でした。しかし、この分骨は、その遺骨の一部を別の場所に納骨する方法です。現代人は地元を離れ、お墓に頻繁に行く事ができない機会も多くあります。家族形態も核家族化し、祖父母と離れて暮らすことが多くなった現代人のライフスタイルには合致しやすい供養方法です。
分骨した遺骨は、海にまくなどの散骨も含め、手元供養というカタチで、自分の身近に置くことができます。自分の近くに納骨することで、わざわざお墓まで行かなくても、慰霊をすることができるので、とても便利で移動の負担がなくなります。
分骨をする際の注意点や手続きの方法は、いろいろと決まりがあるので、正しい知識を身につけて、分骨を考えてみてはいかがでしょうか。

分骨をする際の手続き

分骨する際の手続きとして、2種類のパターンがあります。
1つ目は、既に遺骨を埋葬し終わっている際に、遺骨を分骨する手続き方法です。この場合、既に埋葬されているお墓の管理者に分骨するために必要になる証明書を発行してもらう必要があります。古いお墓だと管理者がわかりづらくなっている場合があるので注意が必要です。
2つ目は、亡くなったばかりで、まだ火葬し埋葬していない場合に分骨する手続き方法です。この場合も同じく分骨するための証明書が必要になります。ただ、発行元が変わり、こちらの場合は、火葬する際に火葬場の管理者に発行依頼をしなければなりません。
予め、葬儀の段階で、分骨する事がわかっている場合は、葬儀会社にその旨を伝えておくと、発行の手配が楽になる場合もあるので、伝えておきましょう。分骨手続き後の分骨方法は、お墓の移設や、手元供養など様々な方法があるのでそれぞれの方法を選んで下さい。

分骨のメリット

分骨には、現代人のライフスタイルに合っているメリットが多く存在します。
一番の魅力は、やはり土地の距離間の問題です。かつてのように生まれ育った土地で、就職し、そのまま家庭を築く場合もありますが、一方で地元を離れ、都会へ上京し就職、そのままそこで家庭を築き、住居を購入する人がかなり多くいます。その場合、生活している街と故郷の街が遠いと、お盆休みなどの長期休暇を利用しなければ、なかなか地元へ帰り、お墓参りする機会はつくれません。それはお墓との距離が離れれば離れる程、疎遠になりがちで、どんなに移動が便利になったといえども、物理的な距離の移動時間短縮には限界があります。
しかし、分骨する方法を選べば、距離の問題も簡単に解決することができます。わざわざ、遠くのお墓へ行かなくても、いつも身近で慰霊することができるようになり、移動の時間や負担が解消されます。忙しい現代人にはとても賢い方法です。

分骨の手元供養

分骨の手元供養には、様々な方法があり、自分に合った納骨方法を選択できることが魅力的です。
まずは、遺骨をミニ骨壺やオブジェなどに納骨して、置物として供養する方法です。マンションなどに住んでいる方は、和室がある物件ばかりではなく、なかなか仏壇を設置するのも難しいですよね。しかしこの方法なら、納骨に必要になるスペースも少なくて済みますし、洋室に合うモダンなデザインの置物もあるので、安心できます。
続いての方法は、遺骨の一部を使ってペンダントやリングなどのアクセサリーに加工する方法です。アクセサリーにすれば、外出する際にも肌身離さず身につける事ができるようになります。故人の形見を身につける効果と同じで、常に遺骨を身に付けておきたい方にピッタリの方法です。
以上のような置物やアクセサリーを制作してくれる会社は多数あり、それぞれに扱う商品やデザインも違うので、あなたの好みの分骨方法と依頼する業者をしっかり調べて選んで下さい。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

多くの有名人が眠る霊園・墓地

多くの有名人が眠る霊園・墓地
多磨霊園とは北多摩郡多磨村にある日本初の公園墓地です。 有名人も詩人から政治家、官僚などさまざまな方のお墓があり、その理由としては関東大震災の直前に開園され、…

意外に知らない!?【墓地・お墓の種類】簡単まとめ

意外に知らない!?【墓地・お墓の種類】簡単まとめ
故人を弔うための場所として、お墓があります。これらが集められて墓地が形成されているため、どのような場所のものを利用するかは大切です。 普段あまりこのようなもの…

徐々に増えてきている両家墓とは?両家墓にする場合の注意点は?

徐々に増えてきている両家墓とは?両家墓にする場合の注意点は?
両家墓とは2つの家を1つの墓に合祀したもので、最近になってからできたタイプの墓ではなく昔からある墓の形式です。 墓を受け継ぐ子供がいない・1人娘が嫁いでしまったな…

現在のお墓・墓石のデザインは?

現在のお墓・墓石のデザインは?
墓石は大きく分けて、和型と洋型のデザインがありますが、そもそも墓石とは、「ここが誰それのお墓ですよ」という印となる石のことを指します。日本では、耐久性がありか…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.