Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

【葬儀のマナー】子どもの葬儀の服装はどうすれば?

わざわざ礼服を用意する必要があるか?

【葬儀のマナー】子どもの葬儀の服装はどうすれば?
乳幼児は可能なかぎり、葬儀などフォーマルな場には列席させないほうが無難です。しかし、特に亡くなった人がその子を可愛がっていたおじいちゃんやおばあちゃん、あるいはひいおじいちゃんやひいおばあちゃんの場合、最後のお別れの場に子どもを連れて列席した方が、故人も喜ぶだろう、という考えで、乳幼児もお葬式の場に参加させることになっても不思議なことではありません。
子どもを葬儀に参列させる場合、わざわざ礼服を用意する必要はありません。しかしもちろん完全な普段着でも問題ない、というわけにも行きません。喪の席にふさわしい地味な色合いの服装をさせる必要があります。
色は「何が何でも黒」というのは難しいでしょう。しかしそれに準じた色、たとえば黒、紺、グレーのスカートやズボンに白のブラウスやシャツ、季節によっては同じ地味な色合いの丸首やジャケットタイプの上着、というスタイルなら問題ありません。たとえ黒であっても、カジュアルな印象のデニム地は避けて下さい。綿のスカートやズボンが一番無難です。

高校生以下の学生はどうすれば?

高校生以下の子どもは、制服を着るのが、葬式などフォーマルな席での礼儀です。
毎日着続けてよれよれになった制服を来て、フォーマルな席に出席するのは可能な限り避けたいですから、事前に可能な限りきれいにしておくことをお勧めします。あるいは、着替えのためにもう一着の制服、あるいは学生服を用意しておくことは、このような事態にも対応できる、非常によい方法だと言えるでしょう。
男子でも、女子でも、制服の着こなし方には流行りのようなものがあって、スカートの丈を標準より変えてみる、とか派手目のベルトを身につける、とかいろいろあるようですが、お葬式のようなフォーマルな席では全て厳禁、校則に100%従った着こなし方を心がけるべきです。特に女の子の場合、明るい色のアクセサリーを身に付けることは避けなければなりません。靴下は白・紺・黒、靴も黒か白のスニーカー程度までが限度です。

学生服・制服がない場合は?

高校生以下なら制服着用、と書きましたが、制服が制定されていない学校に通っていて学生服を持っていない、という場合も起こり得ます。
制服が無い場合でも、身に付ける服装は、一般的な「制服」に準じるものであれば問題ないでしょう。例えば、黒や紺、あるいはグレーの無地のブレザー、白いシャツ、同じく黒・紺・グレーのズボンやスカート、靴下は白・紺・グレー、靴は可能な限り黒、というような服装です。アクセサリーを身に付けることは、もちろん禁止です。
特に中学生以上のヤング・アダルトと呼ばれる年代に差し掛かった子どもたちは、大人の場合と同じように、フォーマルな服装にも神経質になった方がよいかもしれません。
しかし、これらの年代の子どもたちのために、フォーマルなときに通用する服を特別に仕立てておく、という必要はないでしょう。成長が早いので、毎年高いお金をかけてフォーマルなスーツを準備するより、むしろお葬式などの事態に対応できる、適切な普段着を選びだした方が良い、と考えます。

赤ちゃんの葬儀の服装はどうすれば?

赤ちゃんを連れて葬儀に列席することはほとんどないと思われますが、それでもさまざまな都合などで、どうしても出席しなくてはならない、ということもあり得ます。
黒のベビー服を探し出すのは非常に難しいので、白やモノトーン、それも難しい場合はベージュや薄い水色のような控えめな色であれば、赤ちゃん本人の服に関しては、問題ありません。ただし柄物や、今流行のキャラクターが目立つようなベビー服は避けて下さい。特別に神経質になる必要はありませんが、やはり地味目な服を着せる方が無難です。
赤ちゃん連れの場合、親の服装や振る舞いの方にいろいろ問題が起こることがあります。赤ちゃんは、いつどんなときにむずかるかわからないので、必要があったらいつでも席をはずせるような、目立たない場所に席をとる必要があります。また赤ちゃんが葬式の最中に急にお乳を欲しがった、というような場合も考えなければなりません。喪服は後ろあきのものが多いですが、前あきの喪服を敢えて選んで、そのような場合に対応できれば安心です。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?

【葬儀のマナー】急な葬儀参列のためにも、普段からそろえておきたい小物や服装は?
一般的に結婚や出産といったお祝いの行事は事前に知らされていることが多いですが、葬儀などの不幸は突然やってきます。 日常で親交のある身内などのケースを除いて、ほ…

意外に知らない!?葬儀の「髪型」マナー

意外に知らない!?葬儀の「髪型」マナー
お葬式に参列する際は、急な場合もあり気が回らないこともありますが「髪型」についてもマナーがあります。葬儀や葬式で髪の毛を束ねる時などに使用するヘアピンやヘアゴ…

急な葬儀・お葬式のときに、気をつける【服装マナー】

急な葬儀・お葬式のときに、気をつける【服装マナー】
突然の訃報は、衝撃を受け、深い悲しみに暮れてしまうものですが、いざ葬儀に参列するとなれば、服装などのマナーにしっかりと気を配る必要があります。辛い時ではありま…

【葬儀の服装マナー】冬の葬儀に参列する際の、服装マナー

【葬儀の服装マナー】冬の葬儀に参列する際の、服装マナー
基本的な喪服は春夏秋の3シーズン着られるタイプですが、真冬の雪が降るような時期では生地が薄く困った経験ありませんか? 気温が10℃を下回る寒い時期は喪服の下に保温…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.