Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

葬儀に乳児は連れていくべき?連れていかないべき?

赤ちゃんを連れていくかは、葬儀の種類と立場による

葬儀に乳児は連れていくべき?連れていかないべき?
お葬式に赤ちゃんは連れていかない方が良いのでしょうか。
連れていけば泣いて迷惑をかけてしまう、かといって欠席するのは失礼ではないかと迷ってしまいます。

お葬式に赤ちゃんを連れて行かないか否かは、その式の種類と立場によります。仕事関係など、公的なつきあいの関係で出席しなければならない葬式には、やはり乳児は連れてゆくべきではないでしょう。
しかし親戚、とくに身近な親戚のお葬式の場合には、乳児連れで出席しても差し支えありません。特に故人がその赤ちゃんを可愛がっていた、あるいはその赤ちゃんに会うのを待望していた場合には、手間がかかって周囲に迷惑がかかる可能性があっても、むしろ連れていくべきです。

身内中心の葬儀の場合、礼儀さえ逸しないようにすれば、親戚の方々の反応も、決して悪くない場合が多いです。
ただしその赤ちゃんがまだ外出に耐えられないほど小さいときには、決して無理することはありません。赤ちゃんを他人に預けて出席するか、やむを得なければ出席を遠慮することも、正しい選択のひとつであるといえます。

連れて行くときは迷惑にならないように

とはいえ、赤ちゃん連れで葬儀に出席することは思いのほか大変です。
当然のことながら葬儀の間中、常に赤ちゃんがおとなしくしてくれるとは限りません。厳粛な葬儀の最中でも、赤ちゃんはお乳が欲しいときやオムツを変えて欲しいときには、そのメッセージを遠慮なく伝えてきます。またふだんと違う周囲の雰囲気にびっくりして、泣き出したりむずがったりしないとも限りません。

喪主や親戚の主だった人達にあいさつをした後は、お葬式の本番では、たとえ故人との縁が近い場合であっても、何かあったら赤ちゃん連れで席を外すことができるように、出入り口の近くに目立たないように控えているのが礼儀です。

あるいは、故人や喪主とのご挨拶は式の前に済ませておいて、お葬式の本番では別室に赤ちゃんとともに控えるようにして、焼香の時だけ世話を誰かに代わってもらうのも、やむを得ないことです。
しかし、誰も赤ちゃんが泣かずにずっといてくれるとは思っていませんから、そこまで不安に思う必要はありません。

乳児を連れていくときは、出席の準備が大事

赤ちゃん連れでお葬式に出席するときは、しっかりした準備を忘れないで下さい。特に赤ちゃんの服装には気をつけます。

赤ちゃんに喪服を着せるのは難しく、一般的にも喪服でなくても良いとされていますが、できるだけシンプルな服装をさせることを心がける必要があります。
お葬式に参列する場合、上は白っぽい色のシャツ、下は黒やグレーなどの色味の服がベストです。柄物の服装は避けるようにしてください。
いくら赤ちゃんの好みの服装だからといって、可愛らしいキャラクターが目立つようにデカデカと描かれている服装は好ましくありません。すべてを完璧にすることは無理ですが、可能な限り、無地で黒っぽい色合いの服装をさせるようにします。

つい忘れがちなのが、お葬式仕様のマザーズバッグです。
可愛らしいデザインのバックを愛用している方も多いでしょうが、できるだけシンプルで目立たないものにかえる必要があります。
もちろんマザーズバッグの代用になる、黒いかばんか大きな黒い袋が準備できれば、それがベストです。

礼儀は逸しないようにしましょう

以上、乳児連れで葬儀に出ることを前提に話を進めてきました。
しかし、実際に赤ちゃんを連れて行くか否かは、すべて故人の遺族の意向次第です。

葬儀の際には、赤ちゃん連れで出かけて行ってもよいか、あるいは逆に葬儀出席を辞退した方が良いかは、事前に遺族と相談して確認をとってから態度を決める必要があります。
遺族と直接面識がない場合、ご両親にどうしたらよいか確認してみるのもよいかもしれません。ご両親なら親戚一族の雰囲気や事情を知っている可能性があり、よいアドバイスをしてもらえるかもしれないからです。

赤ちゃん連れでも葬儀に出席した方が良いかどうかは、あくまでもケース・バイ・ケースです。
仮に赤ちゃんがいることを理由に欠席する場合も、香典は夫婦連名にすることや、出席するご主人に事情を説明してもらうなど、遺族に対して礼を逸しないように心がけることが大切です。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【葬儀のマナー】妊婦の葬儀参列は?

【葬儀のマナー】妊婦の葬儀参列は?
妊婦は葬儀に参列しない方が良いといわれることがありますが、マナーの観点から見ると、このような決まりはありません。ただし、妊娠中はつわりで体調を崩したり、出産間…

マナーとして知っておくべき「弔電」の送り方

マナーとして知っておくべき「弔電」の送り方
弔電とは、お葬式に参列できないとき、お悔やみの気持ちを電報によって伝えることです。どのようなときに送るべきかというと、突然の訃報で葬儀に参列することができなか…

宗教別に違いがある!?お葬式の焼香・献花の方法

宗教別に違いがある!?お葬式の焼香・献花の方法
仏教(仏式)の葬儀に参加する時には、数珠を持って行きましょう。仮になかったとしても失礼にはあたりませんが、準備しておくのが一般的です。 焼香の作法は、順番が…

無宗教の葬儀に参列する際のマナー

無宗教の葬儀に参列する際のマナー
一般的に、人が亡くなると故人を悼んで葬儀が営まれます。葬儀には家族や親戚・知人・友人など、生前故人と関わりのあった人が参列し通夜や葬儀・告別式を大きな規模で行…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.