Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

実施する前に考えておきたい!【家族葬の注意点・ポイント】

2016.12.2

カテゴリ: 葬儀・葬式葬儀の種類 家族葬

家族葬とは?

実施する前に考えておきたい!【家族葬の注意点・ポイント】
家族葬とは、直系の親族である配偶者、子供、孫、ごく親しい近親者など、5名から10名程度でとり行われる葬儀の形です。
少人数で行う葬儀なので予算や手間などが省ける印象がある上に、故人の希望していた葬儀の形をとりやすいことが人気の理由です。

しかしこのような手軽な印象と違い、家族葬の注意点を踏まえなかったばかりに、葬儀後に戸惑うことも少なくありません。

注意点の大きなものとしてまず挙げられることに予算の点があります。

家族葬は基本的に香典などをお断りすることが多いのですが、この香典がないということは葬儀費用との兼ね合いによってはかなり大きい出費となってしまいます。

家族葬は低予算でできるという印象がありますが、予算的な点で家族葬を考えるのであれば、香典がない状態での葬儀費用を考慮してから家族葬にするかを決めることが大切です。
また、葬儀では追加料金がほとんどの場合発生するので、予算にゆとりを持たせて考えておくと良いでしょう。

参列できなかった方への配慮

また、トラブルになりがちなのが参列者を選ばなくてはならないことです。
家族葬においては近しい親族を中心に参列するのですが、この参列者については喪主が電話や口頭でお願いすることになります。

しかし、参列できなかった親族や近親者に対して故人が亡くなったことを知らせ、参列を辞退してもらうことをどのように伝えるかが一番大切です。
それにはかなり後日になってから亡くなったことを知らせるようではトラブルのもとになってしまうので、できるだけ早めにお知らせすることが良いでしょう。

また、家族葬は簡潔にできると予想してとり行ったところ、葬儀後自宅へ参列できなかった方々が弔問に来られることがかなり多くて驚いた、という方は非常に多いものです。
突然御焼香に来られるお客様の対応など、葬儀後しばらくは忙しくなることが多いようですが、家族葬ではこのようなことは十分あり得ることと考えて家族葬を行いましょう。

葬儀社との話し合いも重要

家族葬をするにあたってもう1つ大切なことは、葬儀社との話し合いです。

家族葬を考える理由としてよく挙げられるのが、予算的なことや故人の希望していた形で行いたいなどがありますが、どのような理由で家族葬を選ぶのかで内容が全く変わってきます。

予算の面で安価にあげたいのであれば、それに応じたプランはあるのか。
そして、そのプランのものであまりにも質素になりすぎていないか。
家族はどうなのかなど、金銭面とのバランスを確認してみることが大切です。

また、故人の希望していた形で行いたい場合であれば、そのような形ができるのかを予算や設備との兼ね合いなど、葬儀社のスタッフとよく話し合う必要があるでしょう。

このように、同じ家族葬と言っても形や目的はそれぞれ。どのような葬儀を行いたいかという大きな目的ははっきりさせて、スタッフに伝えて話し合っておくことが後々のトラブルを防ぐ鍵ともなります。

規模が小さくても家族葬も注意すべき点が多い

家族葬は小規模に行う葬儀という点で、とかく簡単にできると思いがちな形です。
しかし、規模は小さくても流れは一般の葬儀と変わることはなく、むしろ注意するべき点も多々あります。

特に参列者が必然的に少なくなる点においては一番トラブルの多くなることでもあり、故人と生前からの話し合いや故人が親しくしていた人達をしっかり把握しておくことが必要です。
そして参列できない親族においては、家族葬でとり行うことについて理解を得られるように話をしましょう。

また、葬儀社においては家族葬プランというような一式の料金のほかに諸費用などの項目などがあれば、どのような場合にかかってくる金額なのかなど、質問して把握しておくことが大切です。

葬儀の費用は一般の葬儀も家族葬も変わらず、何かと追加料金が上乗せになることが多いもの。
見積りなどの時点で分からない項目があれば、しっかり質問しておきましょう。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

家族葬の参列はどこまでが範囲?家族葬に参列するかどうかの判断は?

家族葬の参列はどこまでが範囲?家族葬に参列するかどうかの判断は?
家族葬とは、家族や近親者でとり行われる葬儀とされていますが、その「家族や近親者」がどこまでを指すのか、故人の家族ですら迷うところです。家族葬には明確な定義はあ…

【葬儀・葬式の新しいかたち】「家族葬」とは?

【葬儀・葬式の新しいかたち】「家族葬」とは?
家族葬とは、小規模かつシンプルな葬儀の形式をさします。 一般的(伝統的)な葬儀と異なる点はいくつかありますが、最も大きな違いは葬儀に参加する関係者の人数です。…

【自宅での葬儀】マンションでも帰れる?送り出すことはできる?

【自宅での葬儀】マンションでも帰れる?送り出すことはできる?
大切な家族が亡くなってしまった場合、その遺体を適切な場所に運び、葬儀を行うことになります。霊園などの専用の葬儀会場を利用するのが最も一般的なケースですので、葬…

「家族葬」と「密葬」の違いとは?

「家族葬」と「密葬」の違いとは?
家族や親しい知人の死は大変悲しいことですが、故人への愛情と感謝を表して彼岸へ送り出すのは残された者の義務だと言えます。 お葬式とはそのためのセレモニーだと位置…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.