Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

HIBIYA KADAN

家族葬に参列するとき、香典はどうすれば?【家族葬の香典の相場は?】

家族葬とは?

家族葬に参列するとき、香典はどうすれば?【家族葬の香典の相場は?】
家族葬とは、近年需要が高まりつつある新しい考え方の葬儀の形態で家族中心に施行される葬儀です。

費用の節約、家族だけの小さいお葬式というイメージを持たれがちですが、このスタイルは、今までのお葬式では満足できない人や静かに故人との別れをしたいという人のためのものです。
家族葬にすることで、家族やごく親しい人だけでリラックスしてお別れを告げることができますし、多くの参列者を気にすることなくゆっくりと時間を過ごせるというメリットがあります。

儀式としてお葬式をする必要がなく、自分たちのやりたいお葬式を執り行えます。
費用に関しては安いと思われがちですが、通常の儀式とは異なる内容を依頼する場合などは、逆に追加料金がかかる場合もあります。
通常のお葬式と同様に執り行う場合でも、親族のみなので香典が入らないということもあり、参列する人数や祭壇等のランクなどによっては持ち出す銀額は一般的なお葬式よりも高くなる可能性もあります。

家族葬にかかる費用

家族葬の場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

全国的な葬儀費用の平均値は、大体200万円といわれています。
これは、お通夜の時の飲食代や寺院に収めるお布施や戒名などの全てを含んでおり、葬儀社に支払う費用は全国平均で127万円程度です。
一方、家族葬の場合には、平均的な祭壇を用い、家族や親族、ごく親しい友人などの少人数で行う場合には30~50万円程度が基本となると考えておくとよいでしょう。
もっとも、料理や返礼品、お布施などにかかる費用が別途になりますので、人数が増えたり、地域や宗教上高額なお布施になる場合などはさらに費用負担が出ます。

あくまでも一般的な相場としては、目安は全国平均の半分から4分の3くらいとなると考えておきましょう。
これだけで見ると家族葬は安く思えますが、香典による収入がないかもしれないことを考慮すると、一般的なお葬式に比べて手出しが増える可能性があるというわけです。

家族葬の香典

家族葬の場合、家族や親族はお香典をどうするか、事前に話し合うことができます。
ですが、知人で特別に招かれた場合にはどうすればよいのでしょうか。

先方から、家族葬にする旨とお香典を断る旨の連絡があった時には、もちろん持参しないのがマナーです。
しかし、家族葬にするとは言われたもののお香典に関しては何も言われていない場合にはどうすればよいのでしょうか。

一般的には、家族葬にすると告げられている場合には、香典が必要ないケースがあります。
そもそも、お香典は頂いたときに誰から受け取ったかをすべて記録して、参列者に不幸があった時にはきちんとお香典を持参するという暗黙のルールがあります。
そのわずらわしさをなくすために家族葬にしている人もいますので、受け取らない人の方が多数です。
とはいえ、よくわからない場合には念のためお香典を包んで持参し、先方が断ったら持ち帰るとよいでしょう。

家族葬の香典の相場

家族葬であっても、香典の金額が大幅に変わるというわけではありません。

一般的な葬儀の香典の額は、故人が自分の親ならば5~10万円、配偶者の両親は3~5万円であり、兄弟姉妹やその配偶者であれば3~5万円、祖父母であれば1~3万円程度となっています。おじおばやいとこ、おい、めい、子供の嫁ぎ先には1~3万円、職場関係は5000~1万円、友人の家族が5000円、近所の方が3000~1万円程度を考えておきましょう。

これはあくまでも一般的なお葬式の相場であり、最初から香典不要となっている場合には持参する必要はありません。
どうすればよいかがわからないときには、この程度の金額を包んで持っていくという事です。
家族葬自体が規模の小さいお葬式であると勘違いして、平均相場よりも少ない香典を持参する人もいますが、これは考え方が違います。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「家族葬」と「密葬」の違いとは?

「家族葬」と「密葬」の違いとは?
家族や親しい知人の死は大変悲しいことですが、故人への愛情と感謝を表して彼岸へ送り出すのは残された者の義務だと言えます。 お葬式とはそのためのセレモニーだと位置…

【自宅での葬儀】自宅葬のメリット・デメリット

【自宅での葬儀】自宅葬のメリット・デメリット
自宅葬とは、斎場や葬儀ホールではなく、故人のご自宅など一般の住宅で施行する葬儀をいいます。故人とのお別れを最も重視した葬儀で、家族や近親者中心で行う葬儀スタイ…

家族葬の参列はどこまでが範囲?家族葬に参列するかどうかの判断は?

家族葬の参列はどこまでが範囲?家族葬に参列するかどうかの判断は?
家族葬とは、家族や近親者でとり行われる葬儀とされていますが、その「家族や近親者」がどこまでを指すのか、故人の家族ですら迷うところです。家族葬には明確な定義はあ…

花祭壇用意せずとも、お花や緑いっぱいのお葬式ができる!?

花祭壇用意せずとも、お花や緑いっぱいのお葬式ができる!?
近年は家族葬や直葬という形式のお別れが一般化し、人数も10名以下のお葬式も珍しくありません。 こうした小さなお葬式のが増えていく中で「費用をかけた立派な花祭壇…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.