Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

【友人・知人の訃報を受けたとき】確認することや立ち居振る舞いマナーは?

突然の訃報を受け取ったとき

【友人・知人の訃報を受けたとき】確認することや立ち居振る舞いマナーは?
友人・知人の訃報を受けたときは、誰でもショックを受けます。
故人が親友と呼ぶべき親しい人だった場合はもちろん、そうでない場合でも、自分の良く知っていた人と突然会えなくなるのだから、その寂しさはひとしおです。

とはいえ、親しかった人の突然の訃報に対してどう振る舞うべきか、通夜や葬儀に出席するべきか、判断するべきことはいろいろあります。
故人の遺族は葬儀の準備などいろいろなことに忙殺されて、大変に忙しい状態でしょうから、できるだけ余計な詮索や質問攻めはやめて、ご遺族の悲しみをそっと見守るだけにすべきです。

このような事態に際して、地域や職場の中で暗黙のルールがあれば、それに従ってグループの一員として果たすべき役割をこなす必要があります。
近頃は葬儀社がセレモニーのすべてを取り仕切る場合が多く、普通は通夜や葬儀に参列すべきかどうか、参列するとしたらどうふるまったらよいか、を自分で自分に問いかけることからすべてが始まります。

故人との関係の深さを考えて、適切に振る舞う

最初に葬儀に参列するかしないか、あるいは参列したくてもできない事情があるかを、自分で自分に問いかけて下さい。

とにかく参列しようと決心したときには、通夜から葬儀まで参列するか、どちらかだけに参列するかを考える必要もあります。

また、葬儀に対する情報をできるだけ集めなければなりません。
たとえ葬儀に参列すると決心しても、遺族が身近な人だけで行う「家族葬」であったり、極端な場合、故人の遺志で葬儀は行わないといことが決まっていれば、残念ながらその願いはかないません。

しかしたとえ家族葬であっても、故人の大親友とでもいうべき深い関係であった場合、遺族の方から逆に葬儀への参列をお願いされる場合もあるでしょう。
逆にたとえ知人であっても関係が極めて薄い場合は、葬儀への出席を遠慮して、遺族への負担をできるだけ軽くするのもひとつの方法です。
故人との関係の深さを考えて、どのように振る舞うべきか、自分で結論を出しましょう。

葬儀への出席を決心したとき

葬儀への出席を決めた場合、故人と特に親しい仲であれば、(遺族が認めた場合に限りますが)通夜から葬式までを通して出席することになるでしょう。

しかし、故人が一般的な友人であったり、知人の親御さんなどのようにさらに薄い関係であったら、葬儀だけに参列するケースが普通です。

そんな時、葬儀はどんな形式(仏式かそれ以外の神式やキリスト教式など)で行われるのかを事前に調べて知っていると、とても助かります。仏式とそれ以外では式の進行の手順がかなり違うし、香典を贈る場合の上書きが異なるものになる、など微妙に違うところがあるので、式次第を知っていると、ずいぶん助かります。
細かいところまで完璧に知っている必要はありません。
今日では葬儀社のスタッフが各宗教の式次第を把握している場合が多いですし、最悪の場合でも、周囲の人の振る舞いを真似ながら式次第をこなして行けば、大きな失敗はありません。

葬儀に参列できなくても弔意だけは示したいとき

遠方に住んでいたり体調が極めて悪いなどの理由で、葬儀に参列したくてもできないとき、あるいは葬儀への参列はしないことに決めたけど、故人への弔意を示したい場合には、葬儀の前日にまでにお花や香典を届けるか、弔電を打っておく必要があります。
弔電は喪主宛に打ちましょう。この場合、後日改めて遺族を訪問するのがベターです。
香典を渡していない場合は、初七日までに遺族に郵送しても構いません。

訃報を知ったときに、葬儀は既に終わってしまっていた場合にはどうしたら良いでしょうか。
四十九日までの間なら香典などを持参の上、遺族を訪問して焼香させてもらえばよいでしょう。
仏式の葬儀の場合には、故人の遺骨は四十九日まで、自宅の祭壇に飾られるのが一般的だからです。
納骨式を過ぎてからの場合なら、弔問に訪れるよりも、花やお菓子にメッセージを添えて遺族に届けるほうが、相手の負担が少くスマートです。

しかし、故人との関係が特に深い場合は、全く別の話です。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「香典返し」を送る際は?【葬儀・葬式のマナー】

「香典返し」を送る際は?【葬儀・葬式のマナー】
通常ならば葬儀を行った際に、参列者から香典が渡されます。香典を受け取った遺族はマナーとして、香典返しというお返しを用意しなければいけません。 しかし葬儀に参列…

イスラム教のお葬式へ参列する際に知っておきたいポイント

イスラム教のお葬式へ参列する際に知っておきたいポイント
日本では仏教式の葬式が多いので、多くの場合、火葬で葬られます。しかし、イスラム教の場合は土葬を行なっています。これは、「死」というのは永久の別れではなく一時的…

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー
故人の親族として葬儀に参列するときは、正式な喪服を通夜・葬儀を通して身に付けることになります。早い話がブラックフォーマルです。 男性は、略礼装のブラックスーツ…

【身内や親族、近親者の訃報を受けた場合】確認することや立ち居振る舞いのマナーは?

【身内や親族、近親者の訃報を受けた場合】確認することや立ち居振る舞いのマナーは?
生きている限り、いつか人間には死が訪れます。身内や近親者の突然の訃報を受けたときには、最期のお別れを正しいマナーでお伝えしましょう。 遺族から訃報を受けた時に…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.