Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

【神道】での葬儀・葬式

神道での葬式の意味について

【神道】での葬儀・葬式
仏教では、葬式は故人を極楽浄土に送るための儀式とされ、故人は仏のもとで安らかに暮らすといった意味が込められています。それに対して神道式の葬式は神葬祭と呼ばれ、故人を家に留めて守護神にするための儀式とされています。
そのため一般的な仏式の葬式は寺などで行われますが、神葬祭りでは神社で行われる事はほとんどなく、故人の自宅か別の斎場で行われるようになっています。なぜなら神道では死は穢れであるとされているため、神の聖域である神社に穢れを持ち込む事はよくない事とされるためなのです。この場合の穢れは、不潔や不浄といった意味だけではなく、死による悲しみによって生命力が奪われていっている状態が気枯れであるといった意味もあるのです。
また仏式では葬儀の際に焼香や線香を用いますが、神道式ではこれらを用いないで榊の枝に神垂を付けた玉串奉奠(たまぐしほうでん)が用いられます。玉串を捧げたあとに、二拝二拍手一拝の作法でお参りをするのがマナーとなっています。

神葬祭の流れについて

神道式の場合家族が亡くなられたら、まず葬儀社と連絡をとって葬儀の日程を決めなければいけません。そして神棚や祖霊舎に故人の死を奉告します。その事を帰幽奉告と言います。その後に神棚や祖霊舎の扉を閉じて白紙を下げます。そして遺体に白の小袖を着せて、北枕で寝かせます。前面に祭壇を置き、お米や塩やお水やお酒などの故人が好きだった物を供えます。そして遺体を棺に納め、蓋をして白い布で覆いその後全員で拝礼をします。
仏教における通夜である通夜祭を行い、それに続いて遷霊祭が行われます。遷霊祭りでは、部屋を暗くして神主によって遺体から御霊を零璽に移します。
そして翌日には仏教における葬儀と葬式が行われます。その事を葬場祭と言います。葬場祭は神葬祭のメインとなる儀式であり、弔辞の奉呈や弔電の奉読や祭詞奉上や玉串奉奠などが行われます。そして火葬の前に火葬祭と呼ばれる儀式が行われます。最後に自宅へ戻り、塩や手水などで清めてから、神葬祭が終わった事を霊前に奉告します。

神葬祭で行われる独自の儀式とは!?

葬儀で行われる神道独自の儀式をご紹介します。
帰幽奉告の際に行う神棚封じとは、神棚や祖霊舎の扉を閉じて白い紙を貼ります。これは神道の形式では死は穢れであるとされるため、神棚封じをする事で神棚や祖霊舎が穢れないようにするためなのです。神棚封じをしている間は普段のお祀りを中断して、故人のお祀りを先にするようにします。五十日祭で忌明けとなりますので、その次の日からは普段通りお祀りをするようにします。
玉串奉奠(たまぐしほうでん)とは仏教で言う焼香や線香の事であり、故人への手向けとして行われます。玉串奉奠の独自の作法は、まず神職に一礼をして、玉串を受け取ります。この受け取り方は、右手は上から枝の根元をつまむようにして左手は下から葉を支えるようにして持ちます。この際には左手が高くなるようにします。そして玉串を捧げる机の前まで行き、軽くお辞儀をします。腕を胸あたりまで持って行き、葉の先が祭壇を向くように右手を手前に寄せます。次に右手と左手を持ち替えて、今度は根元が祭壇を向くようにします。そして玉串を両手でそっと机に置きます。その際に2回礼をして、音を立てないように2回拍手をして、もう一度礼をします。最後に軽くお辞儀をして席に戻ります。

神葬祭で注意する事!

神道と仏教では葬式の意味が全く異なるものとなるため、様式も違ってきます。そのため参列した際に、戸惑わないようにしなければいけません。ここでは、神葬祭で注意する事についてご紹介します。
仏教の葬式では数珠を使用するのが基本となっていますが、神葬祭では使用しません。もともと数珠というのは、僧侶がお経を唱える際に数を数えるため使うものであったため、神道には必要ないという事なのです。
服装は仏教の場合と同じで、葬儀や葬式に着る喪服を着用します。神道では不祝儀袋は、蓮の花の入ってないものを使用するようにしましょう。
そして最も気をつけなければいけない事が、挨拶です。仏教と神道では死に対する考え方が異なるため、冥福や成仏や供養などといった仏教用語を使用してはいけないのです。神道では「御霊のご平安をお祈りいたします」といった言葉をかけるのがマナーとなっています。
参考サイト: 神道の葬儀・葬式
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【葬儀に欠かせないお花】葬儀のフラワーアイテムは?

【葬儀に欠かせないお花】葬儀のフラワーアイテムは?
お葬式の祭壇には、大きく分けて「白木祭壇」と「花祭壇」の二種類があります。白木のあたたかみと荘厳が感じられる「白木祭壇」は仏教の教えに則ったもので、長く仏教葬…

葬儀について知っておきたい!宗教別の特徴について

葬儀について知っておきたい!宗教別の特徴について
日本人の約9割が、仏教式の葬儀で送られるといわれています。そういったことから、私たちにとって最も馴染みが深いのが仏式と言えるでしょう。特徴としては、僧侶が読経を…

おさえておきたい!【仏式の葬儀の流れ】

おさえておきたい!【仏式の葬儀の流れ】
通夜や告別式を行う前に、枕飾りを行います。 この枕飾りというのは、簡易的な祭壇のようなものです。病院やご自宅で亡くなった方の御遺体をこの枕飾りまで搬送します…

葬儀・葬式の後飾りとは?宗教別にも違いが!?

葬儀・葬式の後飾りとは?宗教別にも違いが!?
後飾りは人が亡くなって火葬を行った後に骨を安置する壇のことで、二段から三段ほどで成り立っています。壇は白木で造られており、上から白い布がかけられています。遺骨…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.