Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

訃報を【葬儀の後に知った場合に】するべきことは

葬儀後に訃報を知ったらお悔みにいきましょう

訃報を【葬儀の後に知った場合に】するべきことは
何らかの事情で葬儀後に訃報を知った場合、一般的な対応としてはお悔みをしにご自宅へ弔問する方法があります。
まずは電話を差し上げて、葬儀に参列できなかったことをお詫びしつつ、弔問へお伺いしてもいいかを尋ねてください。

葬儀が終わってもご遺族は様々な対応に追われている上、また肉体的にも精神的にも疲れ切っている方も少なくありません。
もしも「お気持ちだけで十分ですよ」と断られるようであれば、無理に押しかけるようなことはしないでください。

弔問にお伺いすることになった場合は、少なくとも香典を持参しましょう。
なお、熨斗に書く言葉は、宗派や時期によって異なるので注意が必要です。
宗派が全く分からず、確認することも難しい場合は「御香典」としておくと良いでしょう。
お渡しする金額は葬儀に参列する際と同額で問題ないので、自分と故人の関係性から判断します。

更に丁寧にするのであれば供物を差し上げると良いでしょう。
仏式であればお線香やロウソク、お菓子となりますが、神式やキリスト教系の場合は果物や生花などをお渡しするケースもあります。

葬儀の後に知った訃報。遠方の場合は?

葬儀後の訃報について知ったけれど、遠方でお伺いすることが難しい場合、あるいは連絡をしたけれども弔問をご辞退された場合は、どうしたらいいのでしょうか。

そんな時は、お悔みの手紙を添えて香典をお送りすると良いでしょう。
気を付けたいのは香典を送る方法です。
現金を郵送する場合は普通郵便等で送ることはできず、必ず現金書留で郵送してください。

また、郵送だからといって香典袋を用意しなくていいということはありません。
郵便局に行けば熨斗も入る専用封筒がありますので、きちんと用意してください。
通常、手でお渡しするのと同じように、表書きと中書きをきちんと書いて、それをお送りしましょう。
また、中書きに自分の名前や金額を記載しない人もいるかと思いますが、受け取った側の立場からすると、どなたから幾ら頂いたかを管理する時に便利なので、書いてないのは大変に不便です。

お悔みの言葉は、故人を偲ぶ文章をしたためれば問題ありません。
訃報を後から知ったことについてと、遠方という理由で弔問できないのであれば、それに対してお詫びの言葉を添えるとスマートです。
なお、縁起が悪いとされる忌み言葉や「追伸」などを使わないように気を付けてください。

四十九日が過ぎてから訃報を知った場合は?

香典返しは、香典を頂いた喪主が、一般的には忌明けとされる四十九日の法要を終えた後、香典を頂いたお礼としてお送りするものです。
反対に、香典返しを送り終えたと想定される四十九日の法要すら済んで、故人の訃報を知った場合、どうすべきなのでしょうか?

訃報を伝えないというのは様々なケースがあります。
故人の意向によって家族葬で行った、何らかの手違いがあって伝えられなかった、自分自身が出張などで連絡がつかなかった、など多様です。
このため、具体的には相手の事情や自分との関係性によって対応を検討します。

もしもご遺族が、仰々しい香典などを不要と考えているようであれば、お悔みの言葉だけでも十分でしょう。
亡くなられたのが友人のご家族などであれば、そのような対応をすることも珍しくありません。
ただ、自分の都合で訃報のご連絡を受けられなかった場合は、何よりもまず、できる限り早く弔問のご連絡を差し上げた方が良いでしょう。
四十九日という区切りを迎えていた後に、後から駆け付けるということは全く珍しいことではありません。

喪中はがきで初めて訃報を知った場合は

年末も迫る頃、喪中はがきを頂いて初めて訃報を知るというケースも珍しくありません。
特に、たまに会う友人や同僚といった間柄の人であれば、わざわざ葬儀に来て貰うのも申し訳ないということで、あえて知らせないでおくという考え方をする人も多いです。

こういった場合、相手もあえて連絡をしなかったのに、今更どうしたらいいの?と迷う方は少なくありません。
結論から言えば、故人の方と自分のつながりがどの程度あったかで判断することが一般的です。
特に面識のない親族の方などであれば、香典などをお送りすると相手に気を使わせてしまう可能性が高いでしょう。
ただ、喪中はがきという形であるとは言え、連絡があったわけですので、電話やメール、あるいは寒中見舞いといった手段で相手に対してお悔みの一報入れておくと良いでしょう。

故人が友人のご両親だったなどであれば、電話などでお悔みの連絡を入れ、弔問や香典についてお伺いしていいか聞いてみましょう。
相手も弔問でなくてもいいから会いたいと言うこともありますので、何よりもまず連絡を取ることが一番です。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

知っていますか?焼香の意味と回数は?

知っていますか?焼香の意味と回数は?
焼香には線香だけを使って日常的に行なうものと、抹香を使って葬儀や法事のときに行なうものの2種類があります。しかし一般的には焼香と言えば抹香を使って行なう方を指し…

どうしても葬儀に参列できない!【弔問、参列できない場合に行うべき行動は?】

どうしても葬儀に参列できない!【弔問、参列できない場合に行うべき行動は?】
突然の葬儀にどうしても参列できないと分かった場合にはまず、葬儀に参列できない旨を知らせることが先決となります。 しかし先方も葬儀の準備などで慌ただしくしている…

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー
故人の親族として葬儀に参列するときは、正式な喪服を通夜・葬儀を通して身に付けることになります。早い話がブラックフォーマルです。 男性は、略礼装のブラックスーツ…

相手との関係性で異なる!?【お悔やみの言葉のマナー】

相手との関係性で異なる!?【お悔やみの言葉のマナー】
人は必ず亡くなるものですが、その時は急にやってきます。いざ訃報を受けたとき、どのような言葉をかけたら良いのか、迷ってしまうことが多いです。そのような時に失礼な…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.