Menu

ライフサポートプラス

シニアの生活を応援する
日比谷花壇の終活・葬儀・お墓に関する情報サイト

日比谷花壇のお葬式

知っていますか?葬儀・お葬式の「靴のマナー」

故人に失礼のないように!葬儀では足元まで気を配ろう。

知っていますか?葬儀・お葬式の「靴のマナー」
葬儀・葬式では男性は黒色のスーツ、女性は黒色のワンピースやアンサンブルなどの喪服を着ていきます。
しかし、足元まできちんと気を配っていますか?
いくら服装がきちんとしていても、場にそぐわない靴を履いていては常識のない人だと思われてしまうかもしれません。
それでは、葬儀・葬式にはどのような靴を履いていくのがふさわしいのでしょうか。

葬儀・葬式にふさわしい靴はその服装と同様に、フォーマルなものがよいとされています。
しかし、黒ければいいという問題ではなくデザインやアクセサリーなどによっては、一見フォーマルに見えていても、ふさわしくないものも実は存在するのです。
特に女性においては、さまざまなデザインやヒールの靴があるので、慎重な気配りが必要です。

では、男性・女性・こどもでそれぞれどのような靴を履くべきなのでしょうか。
具体的なデザインを提示して、詳しくご紹介していきましょう。

葬儀・葬式にふさわしい「男性の靴」とは

男性が葬儀・葬式で履くべきふさわしい靴とは、ツヤのないシンプルなデザインの黒色の革靴です。
最もふさわしいデザインのものはつま先に、横一文字のラインが入っている内羽ストレートチップのもので、素材は合成皮革もしくは本革を選ぶと間違いないでしょう。
また、つま先にラインのないストレートなタイプのプレーントゥでもよいでしょう。

では、男性におけるふさわしくない靴とはどのようなものがあるのでしょうか。
次にご紹介する種類のものは、常識のない人だと思われてしまうかもしれないので、履かないようにしましょう。

まず、先ほど紹介した黒色の革靴ですが、パイソンやクロコダイルなどのアニマル柄のものは、たとえ本物の皮を使用していなくても殺生をイメージするので避けましょう。
また、ショートブーツなどのハイカットの靴やスニーカーなどのカジュアルな靴も避けましょう。

また、足元に関しては靴下にも気を配り、くるぶしまでしかない短い靴下は避け、黒色の靴下を履くのがよいでしょう。

葬儀・葬式にふさわしい「女性の靴」とは

女性が葬儀・葬式で履くべきふさわしい靴は、飾りのないシンプルなデザインのパンプスです。
その中でも、ヒールは細すぎないもので、素材はツヤのない布製もしくはポリエステル、合成皮革、本革を選ぶと間違いないでしょう。
また、ストラップの付いたデザインを履くときには、金具が大きすぎず目立たないものにしましょう。

では、女性におけるふさわしくない靴とはどのようなものがあるのでしょうか。
次にご紹介する種類のものは、常識のない人だと思われてしまうかもしれないので、履かないようにしましょう。

まずは、露出が多いサンダルやミュールは避けましょう。
また、ピンヒールのパンプスやスリングバック・オープントゥのもの、フラットシューズや厚底、ウェッジソールなどカジュアルになってしまう靴は避けましょう。

また、足元に関しては靴下にも気を配り、ラメの入っているもの、網タイツ、カラータイツは避け、肌色もしくは黒色のストッキングを履くのがよいでしょう。

葬儀・葬式にふさわしい「こどもの靴」とは

"こどもが葬儀・葬式で履くべきふさわしい靴は、黒色の革靴です。
しかし、大人ほど厳密ではないので、幼児や小学生などでもし黒色の革靴がないようであれば、黒色もしくはグレーなどの目立たない色のシンプルなデザインのスニーカーなどでもよいでしょう。
また、学校指定のローファーなどがあるならば、それを履くようにしましょう。

では、こどもにおけるふさわしくない靴とはどのようなものがあるのでしょうか。
こどもの場合は、履いている本人ではなく、履かせている親が常識のない人だと思われてしまうかもしれないので、気を付けましょう。

まずは、派手な色やデザインのスニーカーやキャラクターがデザインされている靴は避けましょう。
また、ヒールのあるブーツやサンダルなども避けたほうが良いでしょう。

また、足元に関しては靴下にも気を配り、ワンポイントやフリルなどのデザインや、カラフルで派手な靴下は避け、白色もしくは黒色、紺色の靴下、または黒色のタイツを履くのがよいでしょう。
日比谷花壇のお葬式公式サイトには
・具体的なプラン内容と費用
・お客様の実例
・簡単見積りサービス【無料】
・資料請求【無料】
など、お葬式に関する有益な情報がたくさんあります。
詳しくは「日比谷花壇のお葬式」公式サイトをご覧ください。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー
金澤 和央(かなざわ かずお)
早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。
http://www.hibiya.co.jp/professionals/pro11/
http://www.hibiya-lsp.com/feature/casestudy/case02/
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【葬儀の服装マナー】お通夜やお葬式でのネクタイの色はどうすれば?

【葬儀の服装マナー】お通夜やお葬式でのネクタイの色はどうすれば?
お通夜や葬儀は突然やってくるもの。そのようなときに大切なのが、お通夜や葬儀の場に合った服装で参列するということです。 しかし、いざお通夜・葬儀となったとき、…

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー

【葬儀のマナー】親族として参列するときの基本マナー
故人の親族として葬儀に参列するときは、正式な喪服を通夜・葬儀を通して身に付けることになります。早い話がブラックフォーマルです。 男性は、略礼装のブラックスーツ…

急な葬儀・お葬式のときに、気をつける【服装マナー】

急な葬儀・お葬式のときに、気をつける【服装マナー】
突然の訃報は、衝撃を受け、深い悲しみに暮れてしまうものですが、いざ葬儀に参列するとなれば、服装などのマナーにしっかりと気を配る必要があります。辛い時ではありま…

夏場の葬儀の服装マナー

夏場の葬儀の服装マナー
葬儀といえば、男性も女性も黒い上着がつきものです。暑さのあまり、上着を脱いでしまうのは、お勧めできません。もちろん会場までの往復の際に、上着を脱ぐ、あるいはど…
運営会社
日比谷花壇

株式会社日比谷花壇は、店舗・オンラインのお花の販売だけでなく、お葬式全体のお手伝いを行っています。

企業の紹介を見る
お葬式の事前相談・ご依頼

日比谷花壇のお葬式は、ご葬儀全体をトータルプロデュースするサービスです。お客様の望むご葬儀の実現をサポートしています。

公式サイトへ

24時間365日。専門のスタッフがご対応いたします。

0120-06-3987

資料請求
お葬式の事前相談・ご依頼 お葬式の事前相談・ご依頼 お花いっぱいの
お葬式サービス
日比谷花壇のお葬式
終活サポートの会員組織 入会費・年会費無料の情報サービス オハナクラブ 日比谷花壇のペット葬 日比谷花壇のペット葬 お花溢れるペットのお葬式・自宅葬 ペット供養サービス「petbook」 ペット供養サービス「petbook」 ネットでお参り
寺院で毎年合同供養
公式FACEBOOk
メルマガアイコン

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、日比谷花壇ならではの情報をお届けします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
pagetop

メルマガ登録

今後開催予定のイベントや、お役立ち情報など、
日比谷花壇ならではの情報をお届けします。
なお、メールアドレス入力前に「プライバシーポリシー」をご覧ください。
ここでご入力いただきましたeメールアドレスは、
メールマガジン配信のためだけに使用いたします。

このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。
プライバシーポリシー利用規約が適用されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2015 Life Support Plus All Rights Reserved.