ARTICLE記事

ARTICLE

もしものとき!葬儀までの安置場所はどうすればいいの?

投稿日 2016.02.25

病院には安置できない

もしものとき!葬儀までの安置場所はどうすればいいの? class=
現代では、病院で亡くなる人は8割にも上ると言われています。しかし、葬儀まで遺体をそのまま病院で安置する事はできません。病院で亡くなった後は、病室から霊安室へと移動しますが、病院もスペースに余裕がないため、場合によっては数時間しか置いてもらえないこともあります。そのため、いったん自宅か斎場の安置場所へと搬送する必要があります。

搬送の手順は、まず葬儀社に連絡をします。事前に葬儀社を決めておくとスムーズです。事前に検討することにためらいがありますが、遺体の搬送は急がされることも多いので、もしものときに、パニックになることを避けられます。

遺体は、葬儀社に手配してもらった遺体搬送車に乗せて安置場所へと運びます。その際には、医師に死亡事由などを書いてもらった「死亡診断書」が必要となります。

葬儀社を急に決められない場合は、病院と提携している葬儀社に搬送を頼む事もできます。遺体の搬送だけを頼むのか、葬儀もそこの葬儀社に依頼するのかはハッキリさせておいた方が良い事柄です。また、安置場所を自宅にするのか斎場にするのかも、あらかじめ決めてから搬送したほうが良いでしょう。

安置場所の種類

遺体を安置する場所は、自宅や民営の斎場・安置所があります。

自宅で遺体を安置する場所は、仏壇がある部屋が一般的です。仏壇がない場合は、遺体が傷まないように冷房設備のある部屋か、畳部屋が適しています。

一昔前は広い一軒家が多く、自宅へ安置する人がほとんどでした。しかし、近年はマンション住まいの人が多くなり、遺体を安置するスペースがなかったり、高層階で運び入れるのが困難であったりするケースも多く、安置場所に自宅を選ばないケースも増えてきています。

自宅以外の安置場所としては、斎場・葬儀場・火葬場の遺体安置室や保冷庫があります。葬儀社に安置を依頼すると、これらの提携場所へと安置してもらえます。

それぞれの安置場所のメリットとデメリット

安置場所に自宅に選ぶメリットは、何といっても故人とゆっくり最後のお別れをできる点にあります。長い入院生活を送った末に亡くなられた方もいるでしょうし、自宅へ帰りたいと思いながらも帰れずに亡くなってしまった方もいるかもしれません。故人にとっても自宅に戻ることができて、家族と最後のひとときを過ごせるのは喜ばしいことです。

しかし、自宅安置では遺体の搬入などでご近所にも知られてしまいますから、ひっそりと家族葬をしたい人にはデメリットがあるといえます。また、尋問客・弔問客が自宅に訪れるため、家の中を整えておく事も必要ですね。

一方、斎場などの施設を安置場所に選ぶメリットは、遺体をプロに管理してもらえるので、衛生保全に安心感があるところです。また、多数の尋問客が訪れた場合にも困りません。

デメリットとしては、面会時間に制限があって故人とゆっくり過ごすことができない点や、安置料金が高めになってしまう点です。

安置料金の目安

遺体安置料金は、預ける日数や施設、保管方法によって変わってきます。

料金の目安は、冷蔵保管の場合で一日8000円、常温保管で一日4000円といったところが相場となっています。しかし、施設によっては、2万円ぐらいかかる所もあります。

例えば3日間預けた場合、遺体安置料は1万5000円ぐらいです。その他に、遺体の保存に必要となるドライアイスが1万6000円、面会室利用料として2万5千円ほどかかります。

葬儀一式のパック料金を利用する事もできますが、一日分の料金であるケースも多いため、二日、三日と安置する日数が増えるごとに追加料金が発生します。追加されるのは、遺体安置料と面会室利用料だけでなく、ドライアイスの料金も発生しますから注意しましょう。

また、年末年始であったり、故人の家族が海外に住んでいるなどの理由で、長期間遺体を安置するケースもあります。長期間、遺体を安置すると、料金も高額となる場合があるので、事前に葬儀社の方などにしっかりと確認しておくことが重要です。

金澤 和央

株式会社日比谷花壇 フューネラルプロデューサー

金澤 和央 (カナザワ カズオ)

早稲田大学卒業後、2004 年日比谷花壇に入社。入社時よりライフサポート事業部にて葬儀のプロデューサーとして家族葬からお別れの会、社葬まで幅広く手懸けている。現在は首都圏エリアの葬儀施行部門の統括をしている。

[関連リンク]

ARTICLE一覧

入会費・年会費無料

終活に役立つ情報やお得な割引など
様々な特典をご利用いただけます

オハナクラブとは

TOP